消える職業?消えない職業?映像プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?映像プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?映像プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事の年収・月収

映像プロデューサーの年収は、番組製作会社の場合は必ずしも高収入とは言えず、500万円程度のようです。要は、人気のある番組を手がけたかどうかで、月収も随分と異なってくると言われています。しかし、テレビ局に就職した場合、特にキー局の場合は30代でも1000万円以上の年収になることも珍しくなく、40代以上では年収1500万円を超え、プロデューサーの一番上のランクであるエグゼクティブ・プロデューサーともなると、年収2000万円以上になることもあるようです。

スポンサードリンク

映像プロデューサー 消える職業?消えない職業?

時代と共にメディアも多様化し、新しい流れをつくることができる映像プロデューサーが求められているため、消える職業か消えない職業かを考えた場合、映像プロデューサーは明らかに「消えない職業」と断言できます。映像プロデューサーは、決してテレビ画面には出ることのない縁の下の力持ち的な存在ですが、映像を通じて人々の記憶に残る仕事ができるのも「消えない職業」と言われる理由の一つです。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 将来性・安定性

デジタル放送やケーブルテレビなど、チャンネルや放送局の増加に合わせて、映像プロデューサーの需要も多くなるため、映像プロデューサーの将来性・安定性は今後も期待できるものと思われます。もともと人気がある職業なので、多くの志望者が映像プロデューサーを目指しますが、下積み期間は厳しいため、それに耐えられず、途中で挫折してしまう人も。覚悟を決めて下積みに励めば、ヒット番組をつくるプロデューサーとして活躍できるチャンスをつかむことも可能であり、自分次第で将来性を伸ばすこともできる仕事と言えます。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事のやりがい・本音

映像プロデューサーに仕事のやりがいや本音を聞いたところ、大勢のスタッフの才能をひとつの目標に向かって取りまとめていく使命感、さらに何ヶ月にも渡る長丁場の映像制作が完成したときの感動が、大きなやりがいになるとの本音が聞けました。また、予算管理からキャスティングまで番組全体を管理し、番組を自分が理想とするものに近づけていける面白さや、様々な才能のある人と組んで仕事をすることで刺激をもらえることも、この仕事の魅力と言えます。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事の良い点

この仕事の良い点とは、常にアンテナを張って、各業界に詳しい知識や最新のトレンドを身につけながらも、その中で自分のアイディアを形にして不特定多数の人に映像を通して提供することができる点です。常に時代の最先端の中で、切磋琢磨できる環境で刺激的な仕事ができるのも良い点と言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事の悪い点

映像プロデューサーの仕事の悪い点とは、撮影時は徹夜続きで、家に帰れないため、何より体力がなければできないということです。また撮影が休みでも、編集に付き合うので、ほとんど休みがないのも悪い点と言えるでしょう。多くの仕事を並行して進めるため、時間的にもかなり不規則で、家族を過ごす時間が少なくなりがちです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事の内容

映像プロデューサーの仕事内容を一言で表現すると、制作総指揮者のことで、別名「エグゼクティブ・プロデューサー」と呼ばれることもあります。具体的な仕事内容とは、映画やテレビ番組などを制作する際に、番組の企画をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理します。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事に必要な資格

映像プロデューサーになるためには、特別な資格や免許は必要なく、映像系の大学、短大、専門学校を学んだ後、映像関連制作プロダクションや、テレビ局に入社するのが一般的です。映像や番組制作のすべての過程を理解していなければ務まらない仕事のため、テレビ局や番組制作会社に入社したあと、アシスタント、ディレクターなどの下積みを経て、ようやくプロデューサーになることができますが、プロダクションのような小さな組織であれば、はじめから番組の制作に携わるこができます。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事に必要なスキル

映像プロデューサーの仕事に必要なスキルとは、多くのスタッフやキャストを動かし、広告代理店やスポンサーと交渉するため、自分がプロデュースしている制作物に対する情熱を周囲に伝えられるような説得力や経営感覚、さらにリーダーシップなどの3つのスキルが求められます。また、資金集めや宣伝活動のために積極的に動き回るので、各業界に詳しい知識を持つことが欠かせません。

消える職業?消えない職業?映像プロデューサー 仕事のまとめ

映像プロデューサーの年収は、番組製作会社の場合はせいぜい500万円程度ですが、東京のキー局の場合は、30代でも1000万円以上の年収になるなど、比較的年収は高いですが、仕事は不規則で拘束時間も長いため、体力がないと務まらない過酷な仕事と言えます。しかし、何ヶ月も大勢のスタッフと共に作りあげた映像が完成した時の感動や、予算からキャスティングまで、自分が理想とするものを形にしていく面白さは、たとえ休みがなくても他には代え難い魅力が詰まっているようです。映像プロデューサーの仕事内容は、番組の企画をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理することなので、番組に対する全責任を負うことになります。必要な資格はありませんが、大勢の人をまとめるリーダーシップ、番組の情熱を伝えられる説得力、予算に関してスポンサーと上手に交渉できる交渉力など3つのスキルが必要です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?映像プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング