映像編集者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映像編集者の仕事の年収・やりがい・本音

映像編集者の仕事の年収・やりがい・本音

映像編集者 仕事の年収・月収

所属している会社にもよりますが、現在ですと平均年収では300万円から600万円と言われています。今の時代ですとそこまで低くはないと思われがちですが、仕事は基本的に24時間常に行う状況ですので、時給換算ではアルバイトよりも安い…という事態に陥ることが多いようです。
初任給は月17万円ほどが多いようです。また、給与の固定額をわざと低くし、その分こなした仕事の分だけ給与に上乗せしていくシステムの会社も多く存在します。基本的に所属する会社によって、もらえる手取りも大きく変化する業界のようです。

スポンサードリンク

映像編集者 消える職業?消えない職業?

現在、パソコンを利用した映像編集『ノンリニア編集』という手法がとられることが多いですが、これにより、無料や安価な映像編集ソフトを利用することで一般人による映像編集の敷居がグッと下がりました。
これに伴い、現在では映像編集を外注化する流れが起きています。また、プロの映像編集者とアマチュアの人との技術的な差も年々縮まってきているとも言われています。
一方で映像編集者という職業はクリエイター的な側面もあるので、今後も職業事態は存在しつづけるといえます。与えられた映像素材を、自身の完成とクライアントの要望を盛り込んだ一つの映像作品として仕上げることは、今後どれだけコンピュータや機械が発展しても、人間の域にたどり着くことは難しいでしょう。
よって、職業としての映像編集者は恐らく今後も消えることはないでしょう。ただし、確かな技術と明確な強み、それに裏打ちされた実績が無い限り、映像編集者として生きていくことは難しいと思われます。

映像編集者 将来性・安定性

映像編集者は、非常に多忙な職業です。仕事内容は常に24時間体勢で、徹夜が何日も続くこともザラではありません。そんな過酷な状況で体力が続かず、辞めていく映像編集者が多いのも実情です。
収入も決して多くはなく、『これならアルバイトをしている方がよほど稼げる』と話す映像編集者も多くいます。そういう意味では、将来性や安定性という意味ではお世辞にもいいとはいえません。
ただし、映像編集者はクリエイターであると同時に技術職でもあります。他の業界では潰しが中々効かないという難点はありますが、逆に言えば、一度映像編集者としての技術を身につけてしまえば、その後は映像編集者としては職に困る…という事態にはあまり陥らないようです。

映像編集者 仕事のやりがい・本音

多くの映像編集者の方が、『自身が手がけたものが映像として残る』という点をやりがいに感じているようです。映像編集者は映像作品を製作する上での最後の砦で、作品が面白いものになるかどうかが決まる部分でもあります。そのため、自身が編集したものが結果的に面白いものなり、そこに自分の完成やセンスを込めることが出来ていたなら、それは大きなやりがいとなります。
また別の視点では『業界特有のノリ』という点を挙げる人もいます。映像編集者は職業柄芸能人やテレビ局の人たちと会うことが多いのですが、そういった映像業界の人たちはいくつになっても若々しい人が多く、会って話をしているだけでも楽しいと感じる人が多いようです。
『学生気分でものづくりが出来るのが楽しい』という人もいます。誰しもが、学生時代に友達と一緒に一つの作品を苦心して仕上げた経験はあると思いますが、その時の楽しさ、感動を今も味わえることに楽しさを感じている人が多いのも特徴です。

映像編集者 仕事の良い点

まず何よりも、『自身の仕事の成果が映像として残る』という点に魅力を感じている方が多いようです。ディレクターや監督の元で、自身の持ち味を活かす編集が出来た場合、その嬉しさはたまらないといいます。
芸能人や業界の人と話をする機会が多いのも良い点として挙げる人が多いです。総じて想像力があり、話をしていて刺激を得られることが多いようです。
また、英塑像編集の技術は日進月歩です。そのため、便利なソフトやプラグインがどんどん発表されています。そのため、やろうと思えばそれこそずっと勉強し、技術を磨いていくことが出来るという、ある種職人的な側面に魅力を感じる人もいます。

映像編集者 仕事の悪い点

昨今ですと、パソコンの普及によりそれまで映像編集の経験がなかった人でも、プロ顔負けの映像編集を行える環境が整いつつあります。そのため、お客さんの中の予算観と使用する技術の対価にズレが生じることが増えているようです。『簡単にできるでしょ? だからもっと安く…』と言われる機会が増えたと嘆く映像編集者が少なからずいます。
またクリエイター色の強い映像編集者という職業特有の悩みとして、『ディレクターや監督の意見が絶対で、受け入れられない編集を強いられることが苦痛』と答える人も多いです。いい意味でも悪い意味でも、自身の仕事ぶりが形に残ることが影響しているようです。
また、仕事の拘束時間は基本的に24時間。残業代も出ず、心身ともに疲れ果てる業界でもあるようです。その割に、苦労が収入に反映されないという点に不満を覚える人が多いのも事実です。

スポンサードリンク

映像編集者 仕事の内容

基本的には、作品のディレクターや監督の指示の元、カメラマンやロケ隊が撮影してきた映像素材をつなぎ合わせ、一本の映像作品として仕上げることが映像編集者の仕事です。例えば映画やドラマの場合、手元に届けられる映像素材は物語の時系列がバラバラの状態です。それらを台本の時系列通りにつなぎ合わせ、一本の映像作品として仕上げていきます。
かつては映画の場合はフィルム編集、ドラマやテレビ番組の場合はビデオ編集が多かったそうですが、近年ではパソコンを利用した『ノンリニア編集』が主流になりつつあるようです。
また近年では『視覚効果(VFX)』を多用する作品も多くあります。概ねCGで作成する場合が多いのですが、そういったものを作成し映像と組み合わせていくのも、映像編集者の仕事です。

映像編集者 仕事に必要な資格

映像編集者になるために必要な資格というのは特にありませんが、映像編集者として知っておくべき技術と知識を正しく理解するための認定試験として、『映像音響処理技術者資格認定試験』というものがあります。将来、映像編集者になりたい方は勉強し、試験を受けてみるのも手です。
また、視覚効果を司るCGに関する検定で、『CGクリエイター試験』というものもあります。こちらはCG理論や映像に関する知識、CGのソフトウェアを効果的に使うことが出来るかを証明するための検定です。
映像編集者は特殊な技術を必要とする業界です。そのため、就職する前に専門学校などで映像制作のおおまかな流れや機器の使い方を身につけておくことが推奨されています。

映像編集者 仕事に必要なスキル

好きなことに夢中になれる集中力と、細かい仕事を的確にこなし続ける忍耐力、加えて仕事が集中する時期を乗り越えられる体力が必要と言われています。
映像に関するセンスももちろん重要になります。映像のテンポや間のとり方、緩急のつけ方などの映像センスが、映像編集において問われてきます。ただし、これらは実際にたくさんの番組や映画を見ることで、次第に養われていく部分でもあるようです。
仲間やお客さんとのコミュニケーションもとても多くなるので、最低限のコミュニケーション・スキルも必要になってくることでしょう。

映像編集者の仕事のまとめ

昨今、映像編集者という職業は苦境に立たされています。パソコンと高機能な映像編集ソフトの普及により、アマチュアの人でもプロの作品のようなクオリティの高い映像を製作出来るようになりました。それを世間に発表出来る環境も整っている昨今において、映像編集者の技術は現在、時に安く見られる場合があります。
仕事をする環境も決して楽ではありません。徹夜続きで作業を行わなければならず、体力と忍耐力がなければ続けられない仕事です。
ですが、それを補って余りある魅力があります。自身が編集した映像が名作として後世に語り継がれるような作品となったときの喜びは、何物にも代え難い映像編集者だけが持ちえるやりがいとなります。これほど『冥利に尽きる』という言葉が似合う仕事も珍しいでしょう。
『初めて自分の映像がテレビで流れた時の感動が忘れられないから続けている』と言う映像編集者の方がいます。その言葉が、映像編集者という職業の楽しさ、素晴らしさを物語っているといえるでしょう。

スポンサードリンク

映像編集者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング