栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

eiyousi

栄養士 仕事の年収・月収

栄養士という仕事はどのような仕事でしょうか。簡単に言えば、健康管理のため、また美味しく食べてもらうための料理の献立を考える仕事と言えるかもしれません。では、栄養士の年収や月収はどの程度でしょうか。勤める施設の種類によって違いがありますが、一般的に、正規の常勤で働けば月収18~25万円ほどの範囲でしょうか。つまり、ボーナスを3ヶ月分とした時の年収としては270~375万円程度となるでしょう。もちろん、初任者なのか、それとも経験者なのかによっても違いがあるでしょうし、福祉施設よりも病院の方が年収・月収が良いかもしれません。

スポンサードリンク

栄養士 消える職業?消えない職業?

今や多くの職業がうまれ、そして消えていく時代となりました。というのも、IT技術の発達により、人間が行わなくても良い職業つまり消える職業が増えたといえます。ただし、どうしても人間が行わなくてはならない、つまり消えない職業というのも確かに存在します。その中で、栄養士という仕事はどうでしょうか。コンピューターは、多少の融通は利くとしても人間の脳ほど柔軟に考えるにはプログラミングがかなり複雑でしょう。栄養士という職業は、単に栄養を計算しながら献立を作れば良いのではなく、その日のその人の体調、また嗜好、さらに材料などケース・バイ・ケースで考えなければならないことが多々あります。ですから、消える職業というよりは、消えない職業といった方が良いでしょう。

栄養士 将来性・安定性

栄養士の将来性や安定性というのはどうでしょうか。一例をあげましょう。
2000年に始まった介護保険制度では、3年と5年に一回、制度改正が行われます。直近の制度改正では、高齢者の栄養管理、並びに歯科衛生が非常に重視された内容となりました。
もちろん、栄養士ではなく管理栄養士の方が収入につながることは言うまでもありません。

しかしそれでも、栄養士や看護師、介護士、医師などが一体となって一人の高齢者を支えていく、そんな世の中をつくり出そうと国も一生懸命です。
ですから、栄養士の将来性はあるでしょうし、安定性もある程度確保されているといえるでしょう。

栄養士 仕事のやりがい・本音

栄養士の仕事のやりがいとは何でしょうか。栄養士を目指す人は、多くの場合人の役に立ちたいという思いを抱いている人かもしれません。
ですから、自分が一生懸命考えた献立でつくられた料理を「美味しい!」と言って残さず食べてくれること、これが何よりものやりがいだと言う栄養士は数多くいます。

また、他の職種と一緒に、患者さんや高齢者のために生活を支えていくことができることもやりがいだとも言っていますね。
もちろん、本音もあります。医療でも福祉でも、栄養士という立場はあまり目立ちません。

あくまでも、縁の下の力持ちのような存在かもしれません。
しかし、食事を口から食べ続けることは何よりもの健康法だということを、今は国でも推奨しています。
ですから、栄養士という立場がもっと重んじられ、本音とやりがいが一緒になる日も近いといえるかもしれませんね。

栄養士 仕事の良い点

栄養士の仕事をしていて「良かった~」と言える点はあるのでしょうか。
これは、その栄養士が何を重きにおいているかによって違うかもしれませんよね。

例えば、例えつくった食事が残されていたとしても、自分の満足できる食事がつくれた時の喜び…。
逆に、自分が満足できなくても残さず食べてくれたことに対する喜び…。

栄養士の仕事の良い点としては色々あるのでしょうが、一概にこうだというのではなく、
自分なりに仕事の良い点をみつけ、叶え、繰り返していくことが大切なのかもしれません。

スポンサードリンク

栄養士 仕事の悪い点

例えば、患者さんや福祉施設の高齢者が、食事をあまり食べずに残してしまったとしましょう。
この時、現場の看護師や介護士は、その人の体調に問題がなければ食事のせいにするかもしれません。

調理方法がよくないのであれば調理師に矛先が向くでしょうが、献立自体に問題を発見されてしまうと、栄養士の責任という面がクローズアップされるかもしれません。
調理師は、栄養士が立てた献立以上のものを自分の判断でつくることが出来ません。ですから、栄養士の仕事の悪い点として取り上げられることがあります。

他にも悪い点としては、福祉施設の場合あまり現場に出ていかないと「もっと自分の目で食べるところを見て、感想を聞いた方がいいんじゃない?」と言われてしまうことでしょうか。

栄養士 仕事の内容

栄養士の仕事内容とは、一体どのようなものでしょうか。栄養士は、その名のとおり栄養を管理することが出来ます。一日の必要カロリー数がどのくらいなのか、また何か病気などがあった場合にはどのような成分制限を行う必要があるのか、この料理を全部食べた時に摂取できるカロリーがどのくらいで、仮にどの程度残した時にはどんな栄養補助食品を食べてもらえば良いのか…などです。

また、見た目が美味しい食事づくりを行うにも、大きな役割を果たします。調理師の腕前によってもある程度は可能なのでしょうが、色合いなどは、もともとも献立がダメならどんなに腕が良くでも難しいからです。栄養管理や献立づくりだけではなく、栄養士の仕事内容は多岐に及んでいると言えます。

栄養士 仕事に必要な資格

栄養士の仕事に就くにはどのような資格が必要ですか。
もちろん「栄養士」資格、これは当たり前ですよね。栄養士の仕事は、栄養士の免許をもっている人でなければ行うことは出来ません。
いわゆる、名称独占というものです。

また、栄養士の資格をもっていて必要な要件を満たせば、管理栄養士になることも可能です。
中には、栄養士資格を持ちながらも調理師の資格を取得する人もいるようですが、「栄養士」という仕事に就くために必要な必須資格といえば、やはり「栄養士」資格でしょう。

栄養士 仕事に必要なスキル

栄養士が仕事を行っていくうえで必要なスキルというものがあるのでしょうか。
今は、多くの医療施設や福祉施設では、栄養を作成する献立ソフトというものが存在し、栄養士が一から栄養計算を行わなくても、食材や調味料、調理方法を指定すればある程度の計算をしてくれます。

ですから、献立を立てることにそんなに苦労はしないかもしれません。
それよりも、病気などで栄養制限を行わなければならない人、また病気ではないけれど現場の従業員から言われたことをすぐに献立に反映させることなどは、
経験を積んだ栄養士の方が上手にこなせるでしょう。

現場の従業員は、待ったなしの中で仕事をしている事も数多くあります。
ですから、栄養士の仕事に必要なスキルというものは、柔軟な対応が出来ること、なのかもしれません。

栄養士の仕事まとめ

栄養士という仕事は、地味で、感謝されにくい仕事といえるかもしれません。
しかしそれは、他の職種と比べた時です。実際に食事を食べる患者さんや高齢者の方は、美味しく食事を調理してくれたこと、またその献立をたててくれた人に対しかなりの感謝の想いを抱いています。

さらに、自分の要望や嗜好が取り入れられた食事が出てきたり、旬の食材を使った食事を食べることが出来れば、その感謝は尚更です。
収入・年収も、まだあまり多くはないかもしれません。しかし、これから超高齢化社会を迎える日本にとっては、なくてはならない仕事の一つといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

栄養士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング