栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

栄養士の仕事の年収・やりがい・本音

eiyousi

栄養士 仕事の年収・月収

栄養士の収入は、全国平均と比べてやや低い水準となっています。勤務する職場によっても違いますが、平均では年収が約330万円、月収が23万円というデータが出ています。
そこまでの高収入が望める職業ではないようですが、職場によっては資格手当が付く場合もあります。その場合は栄養士の場合は2000~5000円、管理栄養士の場合は5000~10000円が相場のようです。
栄養士が勤務する場所は様々ですが、専門性が高いという意味で病院に勤務する栄養士は比較的給与水準が高い傾向があります。また、食品メーカーでの開発や研究の仕事も待遇が良いため、栄養士の間では人気の就職先となっているようです。

スポンサードリンク

栄養士の仕事は、消える職業?消えない職業?

人工知能を開発するとある科学者が発表した論文によると、栄養士という職業は、『コンピューターに代替されにくい職業』とのことです。栄養士の仕事の一つは日々の献立を作成していくことですが、それには栄養の計算だけではなく、その日の体調、嗜好、材料の有無といった複雑な条件下で行われるもので、中々コンピューターではそこまでの複雑な作業は難しいと言われているためです。
そのため、栄養士の仕事は消えない職業ということが出来るでしょう。長い年月を経て今よりもコンピューターが発展しないかぎり、消える職業となることはないといえます。

栄養士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよるでしょう。ただし、近年では栄養士が活躍するフィールドも広がりを見せており、同時に栄養士に対するニーズも高まっています。そのため、他の職業に比べると比較的高いといえるかもしれません。
将来性に関しても同様で、栄養士が活躍するフィールドが増えている分、キャリアアップの道が増えていると捉えることが出来ます。特に栄養士の資格は多岐に渡っており、専門性の高い資格を複数取得することによって、活躍する場所を広げることも出来ます。昨今では、栄養士に求められる立場が増えているので、将来性も高いといえるでしょう。

栄養士 仕事のやりがい・本音

栄養士の大切な仕事の一つに、日々の献立の作成があります。栄養価や趣味嗜好などにより、苦心してその日のメニューを組み立てていきます。
そうして出来上がった食事を食べた人が、『美味しかった』と言ってくれるその一言が、栄養士にとってなによりも強いやりがいとなるそうです。その言葉を聞いただけで、日々の疲れも吹き飛ぶという人もいるほどです。
また、病院などでは食事療法を取り入れるケースがあります。骨折や糖尿病といった病で苦しんでいる人が、自身が作った献立によって病状が改善に向かった時も、栄養士としてやりがいを感じる……と本音を語ってくれる人もいます。

栄養士 仕事の良い点

栄養士の方で、『自身の料理のレパートリーが増えた』と答える方がいます。仕事の一環として日々の献立を考えているわけですから、必然的に料理に関する知識も深まり、自身のプライベートの場でも栄養価が高い食事を作ることが出来るようになることが多く、その点を良い点として挙げる人は多いようです。
また、栄養士は現在ニーズの高い仕事のため、仮に職を失っても次の職場に困らないという点も良い点といえます。
加えて、栄養士という職業は一般に『料理が出来る職業』と認知されているケースが多く、栄養士と名乗ると他の人からの印象がよいそうです。小さなことですが、これも良い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

栄養士 仕事の悪い点

多くの人が、『仕事が多すぎる』という点を悪い点として挙げています。大半の栄養士の方が事務仕事も行っていますが、日々の仕事が追いつかず、家に持ち帰って仕事をなんとかこなしているという現状があります。これは悪い点といえます。
また、苦労して資格を取得し、それだけたくさんの業務をこなしているにも関わらず、収入が低いという点も悪い点といえます。そのことに不満を感じ、栄養士の職を離れる人も決して少なくありません。

栄養士 仕事の内容

栄養士の仕事は、食事の管理と栄養指導になります。
食事の管理とは、学校や病院といった場所で、必要な栄養を充分に摂取出来る献立を日々考え、作ることです。単に栄養が取れるだけでなく、美味しい食事でなければならず、その苦労は並大抵ではないでしょう。場合によっては、調理師と共に自ら調理を行うこともあります。
栄養指導とは、その人にとってどのような食事が望ましいかをカウンセリングすることです。特に、肥満や糖尿病の人に栄養のバランスの取れた食生活を指導することが多いようです。

栄養士 仕事に必要な資格

栄養士として働くためには、栄養士の資格が必要になります。大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、その学校を卒業することで、都道府県知事から免許書を交付されます。試験はありません。
栄養士養成課程のある大学の場合、管理栄養士養成課程もある学校があります。その場合は卒業と同時に管理栄養士の受験資格を得ることも可能です。ただし管理栄養士は国家試験のため、試験に合格する必要があります。
また、栄養士養成課程は昼間の学校のみになり、夜間の学校はありません。

栄養士 仕事に必要なスキル

必要なスキル・知識に関しては、学校で学ぶものになりますので、とりたてて特別何が必要ということはないでしょう。
必要な素養としては、食への興味が挙げられます。やはり献立を作る職業なのですから、食べ物、料理、栄養価などに強い興味があることが望まれます。
また、雑載に調理を行ったり、たくさんの業務を抱えているということから、体力も必要な素養といえます。
意外なところでは、サービス業の側面もある栄養士らしく、サービス精神を必要な素養として挙げる人もいることです。人と接することが好きで、人を喜ばせることが好きな人は、栄養士に向いているのかもしれません。

栄養士の仕事のまとめ

日々の食事は、その人の生活にとってなくてはならない必要不可欠なものです。同時に生活に彩りと楽しみを与えてくれるものであり、その献立を作り上げる栄養士という存在は、非常に重要であるといえます。
栄養士の資格は取得しやすく、高校を卒業した人がそのまま養成所に入学するケースだけでなく、社会人の人が入学するケースも多いそうです。それだけ生活に密着した資格といえます。
確かに、資格職で専門性の高い職業でありながら、給与が低く待遇も良くないという問題点はありますが、現在、栄養士の活躍するフィールドはどんどん増えています。今後はさらに飛躍していく可能性のある職業とまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

栄養士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング