映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

eigakantoku

映画監督の仕事の年収・月収

ひと言で「映画監督」と言っても、短編映画の監督から、ハリウッド映画の監督まで、その立場もそして収入もピンからキリまで、多岐に渡ります。いわゆる大ヒット作品を出した場合の映画監督の年収は、数千万円から1億円に及ぶこともありますが、一般的には映画1本作製すると300~400万円の年収になります。年間に何本映画を作成するか、ヒット作品を生み出せるかにかかってくるでしょう。

スポンサードリンク

映画監督は消える職業?消えない職業?

映画監督の仕事は、これからもますます需要が増える職業でしょう。実写版であろうと、CG版であろうと、いろいろな映像技術や今までに無いストーリーを生み出すことが、今後も求められてきます。そして、今までは映画は映画館や自宅でしかで観れなかったものが、今ではどこでも手軽に、スマホやタブレットででも観ることができます。幅広い視聴者を意識した、クオリティーの高い作品を生み出すことのできる映画監督が求められるでしょう。

映画監督の将来性・安定性

映画監督の仕事としての将来性は、大いにあると言えるでしょう。映像が、世間の至る所にあふれている現代、多くの人の感性に触れる映像作品は、必要不可欠のものです。故黒澤明監督やスピルバーグ監督のように、次々とヒット作品を生み出すことができると、その安定性は確固たるものとなりますが、そのような巨匠になれる映画監督は、ほんのわずか。この仕事の安定性は、その人の才能と運にも掛かってきます。

映画監督の仕事のやりがい・本音

「自分の伝えたい事を、映像で表現し、見る人に感動を与える」という観点からみると、映画監督の仕事は、とてもやりがいを持ってできる仕事です。多くの人に感動を与えた時は、監督冥利に尽きるでしょうが、いつもそのような作品を生み出せるとは限りません。自分の表現に対して、世間から不評を買う事もあるかもしれません。「売れる作品」を作るためには、自分の信念を曲げなくてはならない時もあるでしょう。「自分のしたいようにばかりは、できない」という本音が聞かれることもあります。

映画監督の仕事の良い点

映画監督の仕事の良い点は、やりがいにも通じてきますが、「自分の意見を映像で訴える事ができる」という点です。そして、その意見に共感した多くのスタッフや役者さんと一緒に、ひとつの作品を作り上げる醍醐味は、何事にも代えがたい事でしょう。それは、満足のいく作品を作り上げるほど、増していくものです。もしかすると映画監督は、この「作り上げる」快感の中毒になっているのかもしれません。

映画監督の仕事の悪い点

大ヒット作品を生んだ時には、あまり問題にならないのでしょうが、映画監督の仕事の悪い点には、映画作製にかかる経費の高さがあります。経費を削減しようと、映画監督が脚本、撮影、編集も一人でこなし、ロケ地で数人の役者を使って撮影した映画も作れますが、やはり、観客の心情に訴えるためには、ある程度のスタッフを揃えて、それなりのセットも必要となります。どれぐらい経費を減らして、いい作品を作り上げるか、という点に映画監督はいちばん頭を悩ませるのでしょう。

スポンサードリンク

映画監督の仕事の内容

映画を作成するためには、脚本、俳優、小道具、衣装、ロケ地の選定、映像編集など、多くの人手を必要とします。その全般に関与するのが、映画監督の仕事です。大手の映画会社では、その間にプロデューサーが入り、監督の意向を確かめながら段取りをしてくれることもありますが、どの場合においても、映画全般を細かく把握しておくことが必要となります。

映画監督の仕事に必要な資格

映画監督の仕事に必要な、公的な資格はありません。映像系の専門学校や大学の映像学科で学んでいると、映画作製のハウツーは理解できているので、多少プラスになる事はあるでしょうが、
そこを卒業したからと言って、必ずしも映画監督になれる訳ではありません。。資格は無くても、誰でもできる仕事であるからこそ、周りの人以上のセンスと努力が必要とされるでしょう。

映画監督の仕事に必要なスキル

映画監督の仕事に必要なスキルは、何と言っても「カリスマ性」です。大勢のスタッフを動かしていく映画監督ですから、それらの人たちを統率する力が無くてはなりません。それに裏打ちされるのは、豊富な知識と天才的なひらめきでしょう。そして、それらを体得するためには、多くの映像に触れたり、様々な経験を積むなどの、地道な努力も必要となるでしょう。いわゆる「映画ばか」と言われるような「真の映画好き」でないと、なかなかできない仕事でないでしょうか。

映画監督の仕事のまとめ

作り物の映像とわかっていながらも、恐怖やスリルに怯えたり、あるいは感動を覚えて涙し、引き込まれていく映画。そういう作品を生み出す映画監督の仕事には、たくさん夢が詰まっています。
内戦や戦乱の危機、雇用不安や自然災害への危惧など、現代社会に渦巻く不確定要素はたくさんありますが、そのような現実を一瞬でも忘れさせてくれ、時には勇気を与えてくれる映画。そんな映画をたくさん生み出してくれる映画監督が、今後輩出してくる事が望まれるでしょう。

スポンサードリンク

映画監督の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング