映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

映画監督の仕事の年収・やりがい・本音

eigakantoku

映画監督の仕事の年収・月収

映画監督と言っても、15分ぐらいの短編から3時間ぐらいの超巨編まで、その内容は多岐に渡りますので、その月収や年収も幅広いものとなっています。日本を代表する黒澤明監督の年収などは、今の貨幣価値で考えると数億円は下らないでしょう。タレント業をしながら監督業もこなしている北野武さんの年収は、すべて合わせて20億円以上と言いますので、すごいものです。ただ、このような方はほんの一部で、多くの映画監督は月収数十万円程度、下手をすればマイナスという映画監督もいます。

スポンサードリンク

映画監督の仕事は、消える職業?消えない職業?

最近、劇場で上映される映画の観客動員数は減りつつありますが、映画そのものが無くなる、という事は考えにくいので、映画監督の仕事が、消える職業か、消えない職業科と言えば、消えない職業とは言えます。ただし、映画界全体として、制作費の削減が止まらないので、そこをうまくクリアできる映画監督だけが生き残れる世界だと言えましょう。

映画監督 仕事の将来性・安定性

映画監督の仕事の将来性は、映画制作費の抑制などから、非常に厳しいものと言えるでしょう。ですから当然、映画監督の仕事の安定性も不確かなものとなります。ですから、いろいろな厳しい状況をクリアーして映画を制作し、高い興行収入を得る事が出来れば、その監督自身の映画監督の仕事の将来性と安定性は増してくるでしょう。

映画監督 仕事のやりがい・本音

映画監督の仕事のやりがいは、自分が世界に伝えたいと思っていることが、映像として出来上がり、クランクアップした時の達成感を感じられる事でしょう。まt、それを観た観客から「感動した」などの評価を得た時にも、映画監督としてのやりがいを感じられます。 でも、売れる映画を作るためには、自分の信念を曲げなくてはならない事もあり、その点がいやだという本音もあります。

映画監督 仕事の良い点

映画監督の仕事の良い点は、自分の想いを映像に託して、世界中の人に発信できるという点でしょう。それに対して良い反響がある時の気落ちは、何事にも替えられません。また、多くのスタッフと共に映画制作に当たりますから、チームワークの良さを感じる事ができ、そのおかげで良い作品ができたと感じる点も、映画監督の仕事の良い点でしょう。

映画監督 仕事の悪い点

映画監督の仕事の悪い点は、精魂込めて作った映画が、いつも良い評価をされる訳では無い、と言う点でしょう。監督自身は満足していても、それが興行収入につながるかどうかは、微妙なところだからです。また、長時間の撮影や多くのスタッフを指導しなければならなく、心身両面から大変な疲労を感じるという点も悪い点にあげられるでしょう。

スポンサードリンク

映画監督 仕事の内容

映画監督の仕事の内容は、映画制作に当たり、最高責任者として多岐に渡ります。どのような映画を制作していくかについて、準備の段階から、編集の最後までを全てを統括していきます。常にスタッフとのミーティングは欠かせません。監督自身が脚本を書いたり、自分で役者を演じたりして、自分の意図を映画に反映させようとする映画監督もいます。

映画監督 仕事に必要な資格

映画監督の仕事に飛鳥な資格は、公的にはありません。いわば、映画監督としての才能さえあれば、誰でも出来る仕事です。ただ、映画の制作をするには、多岐に渡る知識が必要となりますので、映像関係の専門学校や大学の映像学科などで、映画制作に関わる基本的な知識を体得しておくと良いでしょう。人生経験を豊かにするための読書なども欠かせないでしょう。

映画監督 仕事に必要なスキル

映画監督の仕事に必要なスキルは、まずはカリスマ性でしょう。多くのスタッフを魅了し、取りまとめる力が無いと、映画制作は出来ません。また、あらゆる事態に対応できる判断力もなければならないでしょう。もちろん、ハードな映画制作に耐えうる体力と精神力も必要でしょう。すべての面において、スタッフよりも優れていないとなかなか信頼を得られません。

映画監督 仕事のまとめ

たくさんのDVDの販売やレンタル、BS放送やWOWOWなどの映画配信番組などの出現などにより、以前より手軽に自宅で映画を観る事が出来るようになり、映画館へ出掛ける事は本当に少なくなりました。これが映画監督の収入減につながっているのなら、申し訳ないことですね。素晴らしい映画は、映画館に出掛けて観るようにしたいものです。

スポンサードリンク

映画監督の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング