消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の年収・月収

絵本坂の収入のもとになるのは原稿料と印税ですので、これがいくらもらえるかによって絵本作家の年収や月収は変わってきます。日本を代表する、詩人でもあり絵本作家でもある谷川俊太郎さんは、あるイベントでの子供からの質問に「年収は12億円」と答えていましたが、冗談では無く売れっ子の絵本作家ですと、それぐらいの収入は見込めるでしょう。ただ、年間に数冊しか発行されないような絵本作家ですと、その月収も微々たるもので、絵本作家専業としてやっていくのは難しいでしょう。

スポンサードリンク

絵本作家の仕事は、消える職業?消えない職業?

どんなに映像化が進んでも、大人の活字離れが進んでも、子どもたちの世界から絵本が消えて無くなる事はありません。絵本は子どもたちにとって欠かす事の出来ない存在だからです。逆に最近では、幼い頃の読み聞かせの重要性が声高に言われていますので、このような点でも絵本作家の仕事は、今後とも消えない職業として存在し続けるでしょう。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の将来性・安定性

絵本作家の仕事は、消えない職業として存在しますが、絵本作家の仕事の将来性には不安要素があります。その筆頭に挙げられるのが少子化です。子どもの人口が減ってしまえば、必然的に発行部数も少なくなってしまいます。また、なかなかコンスタントに収入を得るのが難しい職業ですので、絵本作家の仕事の安定性も高いとは言えないでしょう。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事のやりがい・本音

絵本作家の仕事のやりがいは、まだ、文字があまり読めない子供たちの脳裏に焼き付くような物語のストーリーと挿絵を描き、それによって子どもばかりでなく大人をも喜ばせる事が出来た時に感じる事が出来るでしょう。ですが、そのように心を込めて描いた作品であっても、必ず売れるとは限りませんし、そのようなストーリーを思いつくのも大変である、という本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の良い点

絵本作家の仕事の良い点は、子どもたち向けの物語を考え、それに絵を添えるという自分が大好きな仕事に携われるという点でしょう。いわば、いつも現実的な事は考えず、空想とファンタジーの世界に浸っていても良いという事です。さらには、絵本作家として読者の子どもたちと触れ合う事も出来る点も、絵本作家の仕事の良い点としてあげられるでしょう。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の悪い点

絵本作家の仕事の悪い点は、たとえ絵本が書き上がったとしても、それがいつでも収入に結び付くかどうかわからない、という点でしょう。絵本は、他の小説や雑誌、コミックなどの発行部数から比べても、発行部数が少ないからです。また、無から何かを生み出す芸術家なら誰しもがぶつかる壁ですが、ストーリーが思い浮かばない時があっても仕事をしなければならない点もあげられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の内容

絵本作家の仕事の内容は、絵本のストーリーを考え、それに絵を加えて、一冊の絵本に仕上げていく仕事です。そこには必ず出版社の担当者が介在し、まずはその担当者とストーリーの展開について話し合います。 それから、絵本作家と担当者が出来上がった作品の添削や推敲を重ねて、表紙や題字を決めて製本してもらい、一冊の絵本が誕生するのです。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事に必要な資格

絵本作家の仕事に必要な公的な資格はありません。絵も物語も、誰でも書いて良いものだからです。だからと言って、誰もかれもが絵本作家としてデビューできる訳では無いので、年間何度も開催されているような、新人絵本作家向けのコンクールなどに出品してみる事も必要になってきます。また、直接出版社に自分の作品を持ち込むことも必要になってきます。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事に必要なスキル

絵本作家の仕事に必要なスキルは、まずイラストのセンスでしょう。ただ絵が上手というだけでは、読者をひきつける事は出来ません。他の絵本と違った独特な魅力を発揮するイラストのセンススキルが必要となるでしょう。また、文章力のスキルも無くてはなりません。さらには、自分の絵本を出版社に売り込んでいけるような、交渉スキルも持っていると良いでしょう。

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事のまとめ

図書館や書店で絵本のコーナーに行くと、その種類の多さに目を見張ります。そして、手の平サイズの大きさから、開くと畳一枚分にまで広がるようなサイズの絵本までがあったり、人物が飛び出して来たり、お城が出来上がったりするような凝った仕掛けなど、とても楽しむ事が出来る絵本もたくさんあります。「絵本は子供だけが読むもの」と思っている大人たちにも、手に取ってもらえるような絵本作家がたくさん登場してくれるといいですね。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング