絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音

ehon

絵本作家 仕事の年収・月収

絵本作家は、絵本が出版されなければ収入にはなりません。このお仕事だけで収入を得ている人は少ないです。そして絵本は子供向けなため、何十万部、何百万部と売れることも少ないので印税生活も難しいといえるでしょう。安定した収入が得られないため他の仕事との兼業が多いです。絵本がヒットすれば、長い年月がかかるかもしれませんが、全国の図書館、学校などに置いてもらえることになりベストセラーも夢じゃない職業です。

スポンサードリンク

絵本作家 消える職業?消えない職業?

少子化問題として日本では騒がれていますが、子供がいる限り絵本はあります。絵本が教育にとても重要なこともわかってきていて見直されてもいます。それにタブレットやPCなど、紙媒体ではなくなってもリリースすることもできるので需要はありますから消える職業とはいえないでしょう。イラストと文章が書けるのであれば、どちらかの仕事で依頼されることもあります。いろんな道で絵本と関わることがこれからもあるでしょう。

絵本作家 将来性・安定性

絵本作家における将来性は、少子化ですが、本を読み与えることの重要性が見直されている分どんどんいいものを描いていけばヒットする可能性もあります。それにタブレットや、PCの絵本の媒体事態も変わっていますし、手軽に読めるようにもなっています。安定性に関しては、ヒットしなければそれだけで食べていくのは難しいでしょう。そのほかのお仕事もしている人が現状です。

絵本作家 仕事のやりがい・本音

絵本作家のやりがいは、子供に喜んでもらうこと、そして何か子供の中に伝えられたときでしょう。絵本はそれに、文章もとても少なくわかりやすいものです。世界の子供にも目をむけることもできます。そしてロングセラーになれば、各学校や、幼稚園、図書館などに置かれ誰でも知っている絵本になりえることもできるのです。

絵本作家 仕事の良い点

絵本作家の仕事の良い点は、やりがいにもあるように子供を喜ばせることができるという点です。そして、絵や文章を書くのが好きなのであれば夢の叶う仕事です。
自分の個性や、アイデアを絵と文章によって伝えられるのが絵本作家です。
例えば、「ぐりとぐら」で有名ななかがわりえこさんはこの本のヒットにより、となりのトトロの「散歩」などの作詞に関わり、今でも耳に残る子供向けの歌に携われたりするのです。

絵本作家 仕事の悪い点

絵本作家の悪い点は、絵本作家だけでは食べていけないというのが現状です。ほかの本と違い、ヒットしてもたくさん売れて印税生活ができるとはいえません。なのでイラストレーターや、ライターなど他の仕事と兼業な場合がほとんどです。それに、絵と文章を一度に納めなければいけない仕事なので、どちらかが描けなかったりスランプに陥ると作品は完成しません。そうなると、どうしても絵本作家としてはやっていけなくなってしまいます。
絵本作家 仕事の内容
絵本作家のお仕事は、ストーリーを考え、絵を描き、絵本を作成する仕事です。絵本作家には、絵とストーリーを別々で担当し、製作する場合もあります。そして完成した絵本を出版社に持ち込み、採用されると出版されます。
今は、子供向けの本に対する出版社との兼ね合いも大変なものになっています。例えば、死に直面するようなこと、たばこを吸っているところなど、規制も厳しくなっていますのでそういった点を排除しながら書きあげる必要があります。

スポンサードリンク

絵本作家 仕事に必要な資格

絵本作家に資格はありませんが、ある程度の絵やイラストが描けなければならないので、絵の専門学校や、美術大学を卒業しているひとも多いです。しかし、そういった基本がなくても個性豊かな絵で絵本を描いている人もたくさんいます。子供の心理を知りたいなど違う観点から絵本を描くために幼児心理のマーケティングを勉強する人もいます。

絵本作家 仕事に必要なスキル

絵本作家に必要なスキルは、表現力です。子供は事細かなことを説明してわかるわけではなく、絵と、文章でわかりやすく伝えることが大事なのです。文章も難しい文法なども必要ではないので必要なスキルはわかりやすく物事を伝えられる表現力なのです。
絵本作家は、子供の心に訴えなければいけません。なので、子供の目線で考える感受性が求められます。日頃からいろんなものに興味をしめし、小さいことでも感動することができるタイプが向いています。子供にたいして深い愛情があり、伝えたいことがあるという気持ちが持っていることも大事なことです。

絵本作家 仕事のまとめ

絵本作家になることは、絵と文章がわかりやすく、子供に伝えられる表現能力があればなれる仕事です。しかし、絵本作家だけで生計を立てるのは難しいことと言えるでしょう。本業があり、いろんな絵や文章を書いていき、コンクールや、出版社にもっていって認められることが必要な職業でしょう。子供に夢を与えたり、何か将来のためになる一冊を作れる素敵な職業だと思います。

スポンサードリンク

絵本作家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング