エディトリアルデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>エディトリアルデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

エディトリアルデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

エディトリアルデザイナー 仕事の年収・月収

エディトリアルデザイナーという職業はクリエイターとしての側面を持っている為、収入は個人の能力や手腕に大きく関わってきますが、初任給で月15万円、平均で年収400~500万円が相場と言われています。
もちろん、エディトリアルデザイナーとしての腕が上がり名が知られるようになれば、800万円や1,000万円といった高収入も期待できる職業です。
しかし近年では、仕事の単価が安くなっている傾向があり、その分エディトリアルデザイナーの収入も減少傾向にあるようです。
経験を積み、スキルが身についたところで独立することで、収入のアップを図る人が多いのも、エディトリアルデザイナーの大きな特徴であるといえます。やはりクリエイターとしての側面が強いのでしょう。

スポンサードリンク

エディトリアルデザイナー 消える職業?消えない職業?

エディトリアルデザイナーとは、書籍のデザインに特化したデザイナーの事を言います。近年ではインターネットの普及により書籍の発行部数も減少傾向にあるという話を聞きますが、もう一つの側面として、今後電子書籍の分野が伸びてくることが予想されています。事実、スマートフォンとタブレット端末の普及のためか、ここ数年で電子書籍の発行タイトル数が30万、60万、80万と右肩上がりで増えています。
そして、そんな電子書籍のデザインを担当するのも、エディトリアルデザイナーの大切な仕事です。
確かに今後、紙の書籍の発行部数は下がってくるかもしれませんが、その分電子書籍のタイトル数が増えてくることを考えると、エディトリアルデザイナーが活躍する場が消える日は、まだまだ先のようです。

エディトリアルデザイナー 将来性・安定性

先ほども申し上げましたが、エディトリアルデザイナーはクリエイターとしての側面が非常に強い職業です。知識や経験、個人の能力が物を言い、有能なエディトリアルデザイナーほど収入も高く、仕事の確保がし易くなります。
逆に言えば、そうでない場合は収入面が非常に不安定といえます。中々能力が花開かず、いつまでも低い収入のまま働き続けるはめになる人も決して少なくないという話です。
また別の方面でいえば、エディトリアルデザイナーの職場は個人事業や中小企業の場合が非常に多いことも特徴です。場合によっては各種保険する加入出来ない状況にある企業のエディトリアルデザイナーも決して少なくないという話です。
以上のことから推察すると、エディトリアルデザイナーという職業は、決して安定した職業であるとは言えない部分が大きいでしょう。将来性に関しても、個人の能力に関わってくる部分が非常に大きいといえます。

エディトリアルデザイナー 仕事のやりがい・本音

なんといっても、自分が苦心してデザインした書籍が本屋の店頭に並ぶ瞬間のうれしさは、エディトリアルデザイナーならではの喜びといえます。さらに自分がデザインした書籍には、クレジットに自分の名前が載ります。素晴らしいデザインをすることが出来れば、今度はそのクレジットで名前が知られ、次の仕事に繋がり収入がアップするということもあります。
また服装が比較的自由で、働き方もまたある程度の自由が効くという点を利点として挙げるエディトリアルデザイナーが多いのも特徴です。極端にいえば、納期さえ守り、素晴らしいデザインさえ生み出せば、かなりの融通が効き、自分のペースで働ける職業であるともいえます。

エディトリアルデザイナー 仕事の良い点

先ほども申し上げましたが、エディトリアルデザイナーの働き方は、かなり融通が効きます。そのため、納期さえ守れば服装も自由で、自分のペースで仕事を進めることも可能です。
また、エディトリアルデザイナーは実力主義です。いいデザインを残せば、たとえ新人でもやりがいのある大きな仕事を任されることもザラです。実力主義ゆえに独立もしやすく、そうなれば縦社会のしがらみも無くなり、さらに自由に仕事を進めることが可能になります。
『結果さえ残せば、他の職業よりも自由度が高い』という点が、エディトリアルデザイナーの良い面であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

エディトリアルデザイナー 仕事の悪い点

先ほど『自由度が高い』と言いましたが、他のデザイナーやスタッフたちと仕事を進める関係上、拘束時間、特に待ち時間が非常に長い点を不満点に挙げるエディトリアルデザイナーが多いのが実情です。
また『実力主義』というところが、いい点であると同時に悪い点ともなります。実力があればすぐに収入に直結しますが、逆に言えば、実力がなければいつまでも大きい仕事を任されることもなく、収入も安定しません。
併せて近年問題になっているのが、新人の定着率の悪さです。やる気のないスタッフが近年では多く、仕事を教えてもすぐに退職してしまうため、現在エディトリアルデザイナーの職場では、ベテランと新人のみといういびつな体制の状況がつづいているところが多いようです。

エディトリアルデザイナー 仕事の内容

エディトリアルデザイナーの仕事は、書籍のデザインです。書籍として見やすく、読みやすいデザイン、可読性の高いフォントの選定、写真やイラストの詳細などを、打ち合わせを通して多数のスタッフと意見を交わしながら決定していきます。
また文章校正も大切な仕事です。時には数百ページ分にも及ぶ文章を、誤字脱字がないか、日本語として正しいか等の校正を行います。
そしてすべての素材が揃ったら、印刷会社に発注し、最終的に書籍の形に仕上げます。
よくエディトリアルデザイナーはグラフィックデザイナーと比較されることがありますが、グラフィックデザイナーは印刷物やwebサイトのビジュアル的なデザインを手がけるのに対し、エディトリアルデザイナーは構造や可読性等、書籍に特化したデザイナーであるといえます。その見やすさや可読性を意識したデザインセンスを、書籍以外の場で発揮するエディトリアルデザイナーの方もいらっしゃいます。

エディトリアルデザイナー 仕事に必要な資格

エディトリアルデザイナーに必要な資格は特にありません。美術系の大学や専門学校を卒業した後、デザイン会社に就職することが最もメジャーな方法だと言われています。
また、未経験でデザイン会社に就職し、実践で経験を積んでスキルを磨くエディトリアルデザイナーも多いという話です。
いずれにしても、必須の資格というのは特にありません。

エディトリアルデザイナー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、書籍のデザインに関するスキルと知識です。奇抜でセンスがいいだけではなく、見やすさや可読性までをも考慮してデザインを行えるスキルや知識は、エディトリアルデザイナーとして何より必要なスキルといえるでしょう。
また執筆者やカメラマン等、たくさんのスタッフと力を合わせて書籍を作り上げる関係上、コミニュケーション能力も必要になってきます。
近年では、書籍の減少とそれに伴う電子書籍の増加が目立っていますので、デジタルやITに関して強くなっておくことも重要です。今後紙媒体の書籍のみしかデザインが出来ないエディトリアルデザイナーが生き残っていくことは難しいといえます。

エディトリアルデザイナーの仕事のまとめ

実力主義にして、働き方は自由。まさにクリエイターのような仕事を行えるのがエディトリアルデザイナーです。
今後、書籍の発行部数はどんどん減少していくことが予想出来ますが、逆に電子書籍は今後さらに増え続け、結果としてエディトリアルデザイナーが活躍する場は決して狭まることはありません。
自身がデザインした書籍が店頭に並び、ベストセラーとなる…あるいは電子書籍のブックストアでダウンロード数が破竹の快進撃を続ける…そういったことももちろんうれしいのですが、読者からのレビュー『この本は字が見やすい』『この本はとても読みやすい』といった言葉が、書籍の造りや配色、フォント選びや可読性までをも考慮したデザインを行うエディトリアルデザイナーにとって、何よりも嬉しい褒め言葉となるでしょう。

スポンサードリンク

エディトリアルデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング