編集者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>編集者の仕事の年収・やりがい・本音

編集者の仕事の年収・やりがい・本音

編集者 仕事の年収・月収

一口に編集者といっても、その収入は勤めている会社や本人の実力により、大きく左右されるようです。
例えば大手出版社に勤めた場合、平均年収は800万~1,000万円、逆に中小企業のプロダクションですと250万~350万円、とかなりの開きがあります。かといって大手出版社の方が忙しいというわけでもなく、同様の仕事量でこの差があるようです。
また、編集者は実力がモノを言う世界です。力のある編集者はそれだけ出世も早く、重要な仕事を任され、収入アップにも繋がりますが、逆に本人に能力がない場合、その編集者はいつまでも地位も上がらず、収入も上がらず、いずれ退職していくというケースが多いようです。

スポンサードリンク

編集者 消える職業?消えない職業?

現在、出版業界の売上は下がる一方です。若者の活字離れが叫ばれている昨今、書籍、週刊誌、月刊誌…ありとあらゆる紙媒体の売上が減少傾向にあります。
そのためか、編集者が活躍する場は広がっています。インターネットが普及したことにより、webサイトの記事の編集やSEO対策、場合によってはwebサイト制作のディレクション等も編集者の仕事となりつつあります。
また、紙媒体の出版物が年々売れなくなっているのとは反対に、電子書籍の売上が伸びていることも事実です。そして、その電子書籍を制作することもまた、編集者の重要な仕事となります。
よって、今後も編集者としての職業はなくなることはないでしょう。ただし、その仕事の範囲はかなり広いことになることが予想されます。今後、紙媒体のみに特化した編集者では生きて行けず、ITにも融通の効く、フットワークの軽い編集者が望まれ、生き残っていくと思われます。

編集者 将来性・安定性

編集者の仕事は実力主義の側面が非常に強く、本人に実力がなければ、収入アップや重要な役職につくことは出来ません。そうした風潮についていくことが出来ず、辞めてしまう編集者も多いと聞きます。
また、先ほども申し上げましたが、近年では編集者の仕事の範囲がIT分野にも広がっています。紙媒体だけでなくwebサイトなどのデジタルメディアも手がけることが出来なければ、やはり編集者として生きていくことは今後難しいでしょう。そういう意味では、将来性や安定性は、あまり高いとは言えないのが現実なのではないでしょうか。

編集者 仕事のやりがい・本音

やはり、出版物が店頭に並んだ光景にやりがいを感じる編集者が多いようです。自身が携わった出版物が日の目をみて、時にはそれが世の中を席巻していく…そのときの喜びは編集者ならではといえます。
また、取材を通して普段お近づきになれない異業種の人たちとのコネクションが出来る点、馴染みのない業界などに触れる機会が多い点も、やりがいとして挙げる編集者が多いです。そうやって得たコネクションが、自身の仕事にさらなるステップアップとやりがいをもたらしてくれることでしょう。
一方で、編集者という仕事が多忙を極めるのもまた実情です。たとえ勤めている企業が残業非推奨の仕事であったとしても、毎日朝早くから夜遅くまで会社で働き、繁忙期は徹夜続き…場合によっては休日すら家に原稿を持ち帰ってチェックといった日々が続きます。その点を不満に挙げる編集者は非常に多いです。
その後の私生活との両立をする自信がなく、妊娠、出産を期に退職する女性編集者が少なからずいるのも実情です。

スポンサードリンク

編集者 仕事の良い点

先程も申し上げましたが、編集者という仕事は取材を通して、様々な業種の人たちとのコネクションを作ることが出来ます。そのコネクションを使って、編集者の仕事の枠を飛び越えた仕事を行い、さらなるステップアップを図ることも出来ます。
加えて、編集者にはフレックス勤務が採用されている出版社も多く、編集者にはかなり自由な働き方が認められている場合が多いようです。特に仕事がなければ、朝10時に出勤し、お昼すぎには帰宅出来る…という場合もあります。
またちょっと別の側面では、『取材』という名目で、会社の経費で美味しい食事をレストランで食べたり、コンサートの一般席を容易に特等席に変更したり…といった、編集者ならではの特権もあったりします。

編集者 仕事の悪い点

多くの編集者から聞かれるのは、『収入の割に多忙』という点でしょうか。先ほどお伝えした通りとおり、編集者という仕事は多忙を極めます。容量がいい人などは、一人でいくつもの出版物を手がけることも有りますが、逆に一つの出版物を仕上げることも難しく、結果的に続けていく自身がなくなり、退職するといったケースも少なくないようです。
また、編集者はたくさんのクリエイターの人たちとともに出版物を作り上げます。その中に、非常にルーズなクリエイターが一人でも混ざっていたりすると、スケジュール調整が大変な事になる場合も多いようです。
業務にフレックス制が採用されているケースが多いのは先ほどご説明いたしましたが、裏を返せば、そうしなければ編集者の働き方に対応出来ない…という現実もあるようです。

編集者 仕事の内容

一言で言えば、出版物の制作です。
『どのような本を作るか』という企画会議から始まり、その企画にあった作家の選定と交渉、スケジュールの調整、出来上がった文章や写真、イラストのチェック、制作に必要な資料や取材の手配、場合によっては原稿の執筆…これらすべてが編集者の仕事となります。
特にマンガ書籍などでは有名ですが、文芸作品などの著作物の場合は、著者にアドバイスをし、著者とともに作品の内容を練り上げ、著者が制作したものに読みやすさや面白さを加味するために修正したりすることも、編集者の大切な仕事になります。よく著名な漫画家さんが『編集さんと二人三脚で…』という話をされてますが、それにはこういう裏があるのです。
また最近では、インターネット上のwebサイトの制作を行う場合もあります。その場合、webサイトの企画を行い、スタッフを選定し、デザインを決定し、SEO対策まで行うことが、編集者の仕事となります。
書籍の売上が年々下がっている昨今、webサイトの制作もまた、編集者の大切な仕事となりつつあります。

編集者 仕事に必要な資格

編集者をするのに必要な資格というのは特にありません。なり方としてポピュラーなのは出版社やプロダクションに入社することですが、大手の場合だと、大学卒を必須としているところが多いようです。
逆に中小企業の場合は、やる気さえあればアルバイトとして入社し、経験を積んだ後に正式に編集者として雇われる場合もあるようです。

編集者 仕事に必要なスキル

たくさんの人達と共に一冊の本を作り上げる関係上、対人関係のスキルが必要であると言われています。取材の際に気難しい人から話を聞かなければならない場合もあります。時には、著者に対して苦言を呈する必要がある場合もあります。そんな時に相手と信頼関係を結べていなければ、その後の仕事を進めるのが難しくなってしまうことは、想像に難しくありません。
また、多くの編集者が言うには、『本が好き』という気持ちだけでなく『この本の、ここをもっとこうすればもっと面白くなるのに…』という視点が必要だという話です。読むだけでなく、客観的に本を捉え、『自分ならこうする』という視点を持っている人だけが、編集者の素質を持っているといえます。

編集者の仕事のまとめ

出版物の売上が下がり続けている今、編集者の仕事の範囲は広がり続けています。出版物だけ作ることが出来ればいい時代は終りを迎え、デジタル業界に強く、webサイトの企画を立ち上げ、制作する能力も必要になってきています。どんどん進化しつつある職業、それが編集者であるといえます。
出版物の制作を通して様々な業界に触れ、たくさんのクリエイターたちとコネクションを作り、そしてその経験とコネクションを活かして、時には編集者の枠を超えた新たなものを作り上げる…これが、今の編集者に求められているといっても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

編集者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング