編集者の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>編集者の年収・やりがい・本音

編集者の年収・やりがい・本音

editor

編集者 仕事の年収・月収

編集者の仕事の月収は、およそ20万から35万円、年収は250万から450万円ほどとなります。腕の良い編集者であれば年収1000万円以上を得る事も可能です。少年ジャンプの編集長は年収2000万円以上とも言われています。
編集者は完全実力主義の世界のため、実力が伴わない場合は数年で業界を去る事も多く、一般的には年収300万円前後になり、あまり高い収入は得られない仕事です。

スポンサードリンク

編集者は、消える職業?消えない職業?

編集者は今後も消えない職業ですが、編集者としての実力が伴わない人はすぐに消えてしまう厳しい世界です。
編集者を目指す人は本が好きで自分で新しい本を生み出したい、と考えている人が多いかもしれませんが、続けていくには日々努力を重ねて根気強く仕事を続けていく必要があります。
今後も消えない職業でもありますが、長く続けるための努力が必要不可欠です。

編集者 仕事の将来性・安定性

編集者の仕事の将来性は、自分の担当する本が売れるかどうかで決まります。どれだけ努力をしても本が売れなければ認めてもらえず、売れる編集者と売れない編集者で大きく二極化しています。
編集者は安定性のある収入を得られますが、本が売れなければ高い収入を得る事はできません。与えられた仕事をこなすだけでなく、自らが考えて行動できる行動力があれば将来性にも期待できます。

編集者 仕事のやりがい・本音

編集者の仕事のやりがいは、自分の担当した本が出来上がりお店に並んだ時にやりがいを感じます。また、週刊誌や小説など、締め切りに間に合って無事に世に出た時にもやりがいを感じる仕事です。
編集者は、作家が執筆した原稿を集めて1冊の本にして完成させる事が仕事で、中には原稿が締め切りを過ぎてもできていない作家もいます。原稿を受け取りに行っても原稿が無い場合、印刷現場との調整を行わなくてはならず、夜遅くまで活動することも多くなるのが本音です。

編集者 仕事の良い点

編集者の仕事の良い点は、結果を出せば出すほど認められ、自分の仕事の結果次第で収入を高くする事ができる点です。編集者は完全な実力主義の仕事のため、仕事ができる人ほど高い目標を達成できます。
また、自分が関わった本が世に出てヒットすれば自分の名前が売れますし、雑誌などで記事を自分で書けば「これは自分が作った本です」という事もできるのが良い点です。

編集者 仕事の悪い点

編集者の仕事の悪い点は締め切りを守らなくてはならず、毎週発行される週刊誌では絶対に間に合わせなければならない点です。そのため締め切り間際になると会社に寝泊まりして夜遅くまで仕事をする事もあるのが悪い点です。
編集者は自分の担当する記事や作品を責任を持って作らなくてはならず、作家や外部のライター、カメラマンとの連携も必須です。

スポンサードリンク

編集者 仕事の内容

編集者の仕事の内容は、雑誌や書籍が完成するまでの様々な作業を行います。作家やライターに文章を書いてもらう場合は締め切りに間に合うよう原稿を集めます。雑誌に自分で原稿を書く場合は写真やイラスト、デザインなども行います。
編集者は夜遅くまで働く事も多いため、体力的にも厳しい仕事です。強い責任感を持って仕事を行う事で、自らが関わった本が世に出て、多くの人の目に止まる事となります。

編集者 仕事に必要な資格

編集者に必要な資格な資格はありません。編集者になるためには出版社に就職する事が一番の近道となります。
編集者は資格が必要無いので誰でもなる事ができます。しかし多くの場合は有名大学出身者を採用する傾向が高く、大学卒業以上の学歴が求められる場合があります。また、何か専門的な分野を得意としていると編集者として重宝されるようです。

編集者 仕事に必要なスキル

編集者の仕事に必要なスキルは、最後まで責任を持って仕事を行う責任感と、様々な人と関わるためコミュニケーションスキルが必要となります。
また、編集者の仕事は夜遅くまで働き、非常に体力が求められる仕事でもあります。締め切りを守らなくてはならず、時間管理スキルも求められます。
自分で紙面を作る場合は、デザインスキルやライターのスキルを持っているとスムーズに編集が進む仕事です。

編集者 仕事のまとめ

編集者の仕事は書籍ができるまでの一連の作業を行い、最終的に小説や雑誌を完成させて世に出します。出版社の正社員で働くほか、編集プロダクションやフリーランスとして仕事をする事も可能です。
編集者は自分で記事を作成する他、作家やライターに依頼して文章を作成してもらう事もあります。その場合、締め切りを絶対に守るようスケジュールを調整しながら仕事を行わなくてはなりません。締め切り間際になると夜遅くまで会社に残る事もあり、体力が必要な仕事でもあります。

スポンサードリンク

編集者の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング