消える職業?消えない職業?染色工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?染色工の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?染色工の仕事の年収・やりがい・本音

sensilyoku

消える職業?消えない職業?染色工 仕事の年収・月収

その雇用形態や会社の規模によりある程度変化はしますが、全体で見た場合、月収では約24万円、年収でいえば320万円前後が平均と言われています。一見して平均的な数値のようにも見えますが、平均年齢が43歳であることを考えると、平均をやや下回った数値といえるかもしれません。
ただし、月の所定労働時間が170時間、残業が発生しても月9時間程度という辺り、プライベートの時間がしっかりと持てる職種でもあるようです。公私を明確に分けたい方にとっては魅力的な職業といえます。

スポンサードリンク

染色工の仕事は、消える職業?消えない職業?

染色工の仕事は機械により糸や織物などを染色し、表面加工をするのが仕事です。近年ではコンピューター制御が発達したこともあり、仕事をコンピュータで賄える部分も増えてきましたが、素材や色、最終的な仕上がりなどを左右する部分は感性の領域にもなっている為、経験に裏打ちされた確かな技術を持つ人間が必要と言われています。
ただし近年では、海外製の繊維製品の輸入の割合が高まっており、国内産の繊維製品の需要が下がりつつあります。必然的に国内の生産量も下がり、染色工の仕事も以前に比べて少なくなってきているという現状があります。
そのため、消える職業とは言えないものの、コンピューター制御技術などの新しい技術を習得する必要は出てくることでしょう。まだまだ消えない職業として残り続けるでしょうが、その仕事内容は昔に比べて変化してくるのかもしれません。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事の将来性・安定性

染色工の特徴として、仕事に就いている人の大半が正社員で、非正規の従業員が少ないという点があります。その点から考えると、安定性に関してはまずまずといったところでしょうか。一般的な正社員と同様の安定性はあるといえます。
将来性に関してはあまり明るいとはいえません。国内産の繊維製品の需要の低下や染色工程の機械化などにより、以前に比べて染色工に求められるスキルが様変わりしつつあるのが事実です。今後、繊維や化学薬品の知識だけでなく機械操作やコンピューターの制御方法といった技術も併せて身につけていかない限り、染色工として生き残るのは難しいようです。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事のやりがい・本音

染色の作業は非常に繊細な作業です。同じ繊維を同じ染料を同じ分量で使用して染色しても、繊維の編み方や状態によってはまったく違った結果になる場合があります。わずかに色が異なっただけで製品の印象が変わってくるため、非常に神経を使う仕事です。
だからこそ、製品として仕上がった時に、狙い通りの発色を得られると、非常にやりがいを感じるといいます。繊細で難しい作業だからこそ、達成したときのやりがいも大きいのです。ほとんどの染色工の人がやりがいとして挙げる辺り、染色工の人が持つ本音のようです。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事の良い点

基本的に染色工の仕事は工場で行います。そのため、先程も述べましたが、他の職種に比べて勤務時間がハッキリとしており、基本的には一日8時間、残業があっても月平均で9時間と、プライベートの時間を確保しやすい傾向があるようです。公私の区別をハッキリつけたい人にとっては良い点と言えます。
また、染色工の技術は日進月歩で、以前では考えられなかったような染色技術を利用した繊維やプリント技術が生み出されています。そういった最新技術によって染色されたアパレル製品が生まれる瞬間を診ることが出来るというのは、ファッションに興味のある人にとっては良い点といえそうです。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事の悪い点

近年では染色工の現場でも高齢化が進みつつ有り、割と年配の染色工が増えてきています。若い人にとっては、職場に自身と同年代の人間がいないというのはコミュニケーションを取る上ではけっこうな悪い点といえるかもしれません。
また、染色工の人たちが扱っているのは繊維や生地であり、実際の服や製品ではないことが多くあります。そのため、自分が染色した生地や繊維を利用した商品が並んでいても、今一『自分が携わった』という意識が持てない…と答える方がいらっしゃいます。成果物を見てもやりがいをいまいち感じることが出来ない……というのは、悪い点といえるのかも知れません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?染色工 仕事の内容

繊維や生地に対して、化学薬品や染料を駆使して色をつけたり、表面加工を施したりするのが染色工の仕事の内容です。表面加工は手触りを良くする、撥水加工、防炎加工、吸汗加工などがあります。
特に発色に関しては、繊維素材や染料、仕上がりの編み方等によってまったく仕上がりが異なってしまう場合が多く、長い経験が必要になる繊細な作業となっています。
伝統的な手工業による染色とは異なり、化学や素材に関する深い知識が必要になります。近年ではそれにくわえて、コンピューターによってプログラム化された染色作業を制御するための技術も求められています。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事に必要な資格

染色工になるために必要な資格は特にありません。『染色技能士』という技能検定制度がありますが、この検定に合格していなくても、染色工となることは可能です。
なり方ですが、基本的には高校や大学、高専などで学んだ後、染色工場に入社する…というのが一般的なようです。職業柄、化学に関する知識を持っていると、優遇される傾向があるようです。

消える職業?消えない職業?染色工 仕事に必要なスキル

化学に関する知識が必要なスキルといえます。染色工が扱う染料は化学薬品であり、染料の調合を行う場合には化学知識が必須となってきます。
また、あると便利と言われているのがファッションセンスや美的感覚です。染色工として経験を積んだ後に独立し、染色工の時に培った経験と自身のセンスを頼りにアパレルブランドを立ち上げる方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?染色工の仕事のまとめ

近年、染色工の仕事が様変わりしてきているようです。コンピューターの発達に伴い、以前は染色工の経験や知識頼りだった部分が、コンピューターの台頭により、ある程度自動で行うことが出来るようになったことが大きいと言えます。
そのため、染色工には、化学や染色の技術と知識だけでなく、近年では染色を制御するコンピューターの知識も必要になってきています。
ですが最終的な調整部分では、まだまだコンピューターは染色工たちの足元にも及びません。最後は人間の美的感覚がモノを言う職業なあたり、染色工も立派な職人といえます。
地味な職業ではありますが、アパレル・ファッションの根幹を成す重要な職業です。今まさに進化しつつある仕事とまとめられるでしょう。。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?染色工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング