DTPシステムプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>DTPシステムプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

DTPシステムプランナーの仕事の年収・やりがい・本音

DTPシステムプランナー 仕事の年収・月収

会社規模や働き方によって収入額は多少前後する傾向はありますが、平均で言うと年収は350万円、月収では25万円というデータが出ています。
また、女性が比較的活躍しやすい職業で、結婚、出産後の仕事を続ける女性の方が多いのも特徴です。収入に差があまりなく、性別関係なく独立する方が多いのも特徴といえます。その場合は営業力も収入に直結します。

スポンサードリンク

DTPシステムプランナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

タブレットやスマートフォンの普及と電子書籍の台頭により、紙の書籍の需要が無くなっていくことが予想されていましたが、未だに書籍の需要も根強く残っています。DTPシステムプランナーは書籍を制作するシステムを構築するのが仕事ですので、今後もまだまだ活躍の場はあるようです。
そのため、すぐに消える職業というわけではないようです。かなりの長いスパンで見た場合は消える職業となるかもしれませんが、そう簡単には消えない職業といえるでしょう。

DTPシステムプランナー 仕事の将来性・安定性

将来性に関して言えば、長い目で見た時は不利といえるかもしれません。やはり電子書籍の台頭が関係しており、DTPに特化したシステム構築を専門とするDTPシステムオペレーターの仕事が今後どう転ぶか中々読みづらいためです。紙の書籍の発行も年々低下してはいますが、未だ根強い人気があり、かといって縮小傾向にあることは間違いないので、今後は電子書籍にも対応したり、他のジャンルにも精通した方がよいのかもしれません。
安定性に関して言えば、働き方によるでしょう。正社員として働くことが出来れば安定した収入が期待できます。

DTPシステムプランナー 仕事のやりがい・本音

DTPシステムプランナーはSEから派生してDTPに特化した職業です。そのため、依頼主にとって最適なDTPシステムを構築でき、依頼主から『ありがとう』と言われた時に大きなやりがいを感じるといいます。
また、DTPシステムプランナーは自分でプログラムを組むだけでなく、既存ソフトやシステムの組み合わせを依頼主に提案するケースもあります。その場合は数あるソフトの無限の組み合わせの中から依頼主に最適なシステムの組み合わせを探しださねばならず、それが難しい反面、とても面白いという本音を持っている方もいるようです。

DTPシステムプランナー 仕事の良い点

DTPシステムプランナーの仕事は女性から見た場合、結婚・出産後にも続けやすい職業である点が、女性にとっては良い点であるといえます。アルバイトなどの非正規でも続けやすい点は、良い点であるといえるでしょう。
併せて、DTPシステムプランナーは学歴よりも実績や経験が重視される傾向があります。そのため実力があれば、比較的仕事に就きやすいという点も良い点といえそうです。
また、元々システムエンジニアの仕事から派生した職業がDTPシステムプランナーと言われています。そのため、元々システムエンジニアとして働いていた方がその経験を活かしてDTPシステムプランナーとなるケースもあり、その点はシステムエンジニアの方にとっては良い点といえるでしょう。

DTPシステムプランナー 仕事の悪い点

DTPシステムプランナーの仕事には、非常に幅広い知識が求められます。元々システムエンジニアから派生した職業のため、ITに関する深い知識、出版や書籍に関する知識、DTPソフトの知識などが必要になってきます。また、依頼主に最適なシステムの構築には、ある程度の経験が必要になってくるため、DTPシステムプランナーとして活躍するためには、他の職業と比べると長い修行期間が必要になるでしょう。見ようによっては、それは悪い点といえます。
また、よくも悪くも実力主義の傾向が強い職業です。経験がモノを言う部分もあるため、中々『なりたい!』と思ってすぐになれる職業でもないようです。DTPシステムプランナーになりたい人にとってはそれも悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

DTPシステムプランナー 仕事の内容

DTPシステムプランナーの仕事はパソコンを利用した書籍データの制作を指し、それを行うためのシステムの構築と管理が仕事です。
数あるDTPソフトの中から、依頼主が制作する書籍の種類や依頼主の特性に合ったソフトを選び出し、場合によっては自らソフトを制作し、依頼主の仕事のどの部分をコンピューターに任せるか……という部分を考えなければなりません。それにはITに関する知識と経験だけでなく、出版業界に関する知識も必要になってきます。
また、会社によってはDTPオペレーターたちのリーダーのような立場を任される場合もあります。

DTPシステムプランナー 仕事に必要な資格

DTPシステムプランナーになるために必要な資格は特にありません。『DTPエキスパート認証試験』という検定試験がありますが、こちらは仕事を行う上では必須ではありません。
なり方ですが、大学や専門学校でDTPについて学んだ後に就職するのが一般的なようです。中にはIT企業でシステムエンジニアやコンサルタントとしての経験を積んだ後、DTPシステムプランナーの仕事に就く方もいらっしゃるようです。

DTPシステムプランナー 仕事に必要なスキル

DTPシステムプランナーには、まず何よりも、DTPとそのソフトに関する深い知識が必要です。DTPシステムプランナーは依頼主に最適なDTPシステムを構築するのが仕事ですから、これは必須のスキルといえるでしょう。
同様に、依頼主の要望や特徴を過不足なく掴むコミュニケーション能力も必須といえるでしょう。一種のコンサルティングのような仕事内容になりますので、相手との適切なコミュニケーションを行えるスキルも必須といえます。
また、経験を元にしたITに関する深い知識も必須といえるでしょう。ソフト、ハード両方の面でのシステム構築が仕事になりますので、ITに精通していることも必要なスキルです。

DTPシステムプランナーの仕事のまとめ

DTPシステムプランナーの仕事は昨今の出版業界から考えると、中々に先の読めない職業ではあります。ただ、電子書籍の台頭の割に、未だに紙の書籍に対する根強い人気があることから、そう簡単にニーズの無くなる職業とはいえない部分は否定できません。
DTPシステムプランナーの仕事は求められるスキルが非常に多岐にわたり、経験も必要となってくるため、なるにはハードルの高い仕事であることは確かですが、その分実績を積むことができれば、依頼主から厚い信頼を得られる仕事でもあります。将来を見越して、電子書籍への対応やwebへの対応をすすめるDTPシステムプランナーの方もいます。そういう意味では、今は変化を求められている仕事とまとめることが出来るかもしれません。

スポンサードリンク

DTPシステムプランナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング