消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音

DPE

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の年収・月収

DPEショップの店員の仕事の年収や月収は、正社員かパートやアルバイト職員なのかによって違ってきます。あまり人数は多くは無いですが、DPEショップの正社員の場合は、平均で月収17万円程度、年収になると300万円台になります。パート職員やアルバイト職員になると、勤務する時間数にも関係してきますが、平均で月収10万円程度、年収は130万円程度になります。

スポンサードリンク

DPEショップ店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

従来のカメラで撮影したフィルムの現像には、専門的な技術と特別な装置や暗室などの場所が必要でしたが、デジタル撮影機の普及により、今では簡単にパソコンを使って現像できるようになりました。とは言え、手軽にスマホやデジタルカメラで撮影されることで、写真媒体の印刷は必要な仕事と言えます。そのためDPEショップの店員の仕事は消えない職業と言えます。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の将来性・安定性

以前はその瞬間にカメラを持っていなければ撮影できなかったものも、スマホやタブレットの普及で誰でも手軽にいつでも写真を撮ることが出来るようになりました。だからこそデータの量は増えてしまい、スマホの中はもちろん、パソコンの中でも保存は難しくなってきています。そのtめDPEショップは必要とされるので、DPEショップの店員の仕事の将来性と安定性は確かなものと言えます。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事のやりがい・本音

DPEショップの店員の仕事のやりがいは、顧客が現像は無理だと思っていたデータやフィルムからきちんと写真を現像でき、顧客から感謝された時に感じる事が出来るでしょう。 ただ、年配の方でも簡単に使えるデジタルカメラなどであるからこそ、その操作方法などをなかなか理解してもらえないのが大変だという本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の良い点

DPEショップの店員の仕事の良い点は、自分の興味がある「写真を現像する」という仕事で、給料をもらえるという点です。また、一日中室内での仕事であり、重い荷物を持ったりする肉体労働でもないので、勤めやすいという点も 良い点としてあげられます。 さらに、一般的にショップは朝9時ごろから夜7時ごろまでの営業時間ですから、生活設計が立てやすいという点もあげられます。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の悪い点

DPEショップの店員の仕事の悪い点は、取り扱いの方法を間違ってしまうと、顧客から預かったデータやフィルムの内容を破損してしまうので、気を使いながら丁寧に扱わなければならないという点です。さらに、基本的には夜遅くまでショップを開けている訳では無いので、収入的にはあまりたくさんはもらえないという点もあげられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の内容

DPEショップの店員の仕事の内容は、顧客から写真媒体のデータを預かって現像することです。データの受付と写真の手渡しの業務だけを行い、写真の現像は業者に委託している事業所もありますが、その場で現像する場合には、デジタルデータの場合はパソコン、フィルムの場合はフィルム現像のための特別な装置を使って現像します。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事に必要な資格

DPEショップの店員の仕事に必要な公的な資格はありません。ただし、写真現像やその機器についての基本的な知識を持っていた方が役に立つことが多くなるので、フィルム現像の場合や写真データの現像の場合のそれぞれについて、注意点や機械の操作方法をあらかじめ勉強しておくと、顧客からの質問などにも対応しやすくなるでしょう。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事に必要なスキル

DPEショップの店員の仕事は基本的に接客業ですので、必要なスキルは人当たりの良さなどの接客スキルです。さらには、顧客からの質問などにもスムーズに応えられるような応対力のスキルも必要とされます。もちろん現像をその場でしているショップの場合には、フィルムや写真データをきちんと現像できるスキルも必須となります。

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事のまとめ

現代では多くの人がスマホやタブレットを持ち歩いており、少しでも気に入った場面があると写真に撮っています。でもそのままスマホなどの中に入れていても、データは消えてしまう可能性があります。そのためには、定期的にDPEショップを訪れ、写真として現像する必要が出てくるでしょう。そういう人たちが来やすいお店として選んでくれるかどうかは、DPEショップの店員の腕に掛かっていることを肝に銘じ、頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?DPEショップ店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング