消える職業?消えない職業?童話作家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?童話作家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?童話作家の仕事の年収・やりがい・本音

douwasaltyuka

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事の年収・月収

童話作家の月収や年収は決まったものはなく、主に原稿料と印税によって収入を得る事となります。原稿料はおよそ4千円から6万円ほどと幅が広く、一般に名前が知られている有名作家になれば原稿料が増えます。
童話作家は年間数冊を出したとしても、年収100万円から200万円ほどになります。しかし、ロングセラーになれば長い期間をかける事になりますが数千万円の収入を得る事も可能です。

スポンサードリンク

童話作家の仕事は、消える職業?消えない職業?

童話作家の仕事は消えない職業です。
専業作家として作品を作る人もいますが副業として兼業作家となる人もいます。また、イラストレーターを兼業している場合が多く、多くの作家が存在します。
童話作家の仕事は無くなることはありませんが、スマートフォンの普及により紙の本が売れない傾向があります。作品を発表する媒体を変えて対応していければ、今後も消えない職業となります。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事の将来性・安定性

童話作家の仕事の将来性は、自分の作品が売れるかどうかは分からないので非常に厳しい仕事となります。
作家の将来性が認められ、続編や新作が望まれれば収入も安定性が出てきます。しかし、童話作家としての作品が初めから売れる保証はなく、多くの作家は安定性を求めて他の仕事を兼業しているのが現状です。
新しく「大人向けの童話作品」というジャンルも生まれており、一部のジャンルでは将来性が見込める仕事です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事のやりがい・本音

童話作家の仕事のやりがいは、自分の作品を手にとって読んでもらい、面白いと言ってもらえた時です。
誰かを喜ばせる事が一番のモチベーションとなり、作品の創作意欲にもつながります。また、作品が外国語に翻訳されて世界中の人たちに読んでもらえると、さらにやりがいを感じることができます。
しかし、一部の作家を除けばほとんどの場合収入も低く、童話作家だけで生活をしていくのが難しいのが本音です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事の良い点

童話作家の仕事の良い点は、自分の作品を多くの人に読んでもらい喜んでもらえることです。兼業で働く場合は収入源が別にある事で、生活をしながら作品制作を続ける事もできます。
童話作家の場合、一つの作品がロングセラーとなる場合があり、印税収入が長い期間継続することもあります。
さらに名前が売れる事で仕事の依頼も増え、安定した収入を得られるようになる事が良い点です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事の悪い点

童話作家の仕事の悪い点は、作品が売れる保証がなく、ヒット作を生み出すことができない場合がある点です。
出版社が大きく支援してくれた作品でも売れない事があり、何冊も作品を作り売れるのを待つ事もあります。
童話作家としてのセンスや能力といった部分も影響し、童話作品を作る上での約束事や言葉の選びかたを学ぶ必要があり、技術を会得しなければならないことも悪い点に挙げられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事の内容

童話作家の仕事の内容は、ストーリーを考えて文章を作り、挿絵やイラストを入れて本の形にする事です。自分でイラストをかく場合もあり、作家によって作品のスタイルは様々です。
出版社と打ち合わせをして作品の骨組みを作り、それを元にして実際に文章を書いていく流れが一般的ですが、出版社を通さず自分だけで自由に作品制作をしている人もいます。
童話作家として作品を出版する場合は出版社を通しますが、現在はインターネット上に作品を掲載して読んでもらうことも可能です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事に必要な資格

童話作家の仕事に必要な資格はありません。作品を作るための題材探しや、読みやすい文章などを作成する技術が必要となります。
童話作家は自分が名乗った時点で作家として活動できます。しかし、根気強く作品制作を行っていく強い意志が必要で、さらに出版社とのやりとりも重要です。
童話作家として仕事をするためには、様々なものに興味を持って作品に活かすことが大切です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事に必要なスキル

童話作家の仕事に必要なスキルは、ストーリーを考えることと文章作成スキル、出版社とのコミュニケーションスキルです。
童話作家にとって作品の主軸となるストーリーは重要で、童話としての面白さや読みやすさが売れる要因となります。
また、作品を出版するためには出版社とのやりとりも必要で、どのように作品を売り込むか、どんな内容の作品を作るかを共に考えます。
童話作家は継続的に作品を生み出すためのスキルも必要です。

消える職業?消えない職業?童話作家 仕事のまとめ

童話作家の仕事は、作品を生み出すために魅力的なストーリーを考え、それを文章で表現します。
童話作家になるためには専業作家と兼業作家があり、作品が売れなければ原稿料も印税も入らないため兼業で行う場合が多くなります。
一つの作品がロングセラーになる場合もあり、長く愛される作品を生み出せる事が童話作家の魅力でもあります。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?童話作家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング