動物看護師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>動物看護師の仕事の年収・やりがい・本音

動物看護師の仕事の年収・やりがい・本音

doubutukangosi

動物看護師 仕事の年収・月収

専門性が高いと言われる動物看護師の仕事ですが、収入の水準は全体平均に比べて低い傾向があるようです。具体的には、年収では約300万円、月収では約20万円程度と言われています。アルバイトなどの非正規での雇用の場合は、時給800~1,000円程度が相場と言われており、他の職業とあまり変わらない水準となっています。
収入は勤務する動物病院の規模によっても大きく変動し、個人経営の小さな病院の場合は、かなり低い水準となる傾向があるようです。中には年収160万円となっている場合もあり、事前にしっかりとした確認を行う必要があります。

スポンサードリンク

動物看護師の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本では10年以上もの間、ペットブームが続いています。また近年では福祉施設や病院、学校などで動物を飼育するケースが増えています。動物と触れ合うことは人間の治療や教育によい傾向があり、それを狙ってのことです。
そういった事情から、人と動物との関わりが以前に比べて深まっており、動物看護師のニーズも近年高まっているのが現状です。
この傾向は今後も続くことでしょう。必然的に、動物の健康を司る動物看護師という職業も、消えない職業ということが出来ます。消える職業となることはないと思われます。

動物看護師 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、残念ながら低いと言わざるを得ません。正規雇用や非正規に関わらず、水準の低い収入が原因です。中には『生活が出来ない』と嘆く動物看護師の人もいるほどです。
将来性に関してですが、近年新たな統一資格が生まれました。そのため動物看護師になるためのハードルが設けられたことにより、待遇の改善が期待されています。近い将来に国家資格とすることも考慮されており、そうなればさらに待遇が改善される可能性が上がります。そのため、将来性は他の職業に比べて高いかもしれません。

動物看護師 仕事のやりがい・本音

動物看護師の仕事は、動物の健康を守ることです。患畜の大半は、ペットとして飼われている動物ですが、その動物は、どれだけ体調が悪くても、自分でそれを訴える事が出来ません。
そのため、体調不良の原因を見抜いてそれを治療し、その飼主さんから喜んでもらえると、動物看護師として強いやりがいを感じるといいます。
ですが、本音の部分ではやはりその低すぎる収入に不満を抱える人も少なくないようです。その割に仕事内容はキツいので、不満に拍車がかかるようです。

動物看護師 仕事の良い点

やはり多くの動物看護師の人が、動物と触れ合えることに喜びを見出しているようです。動物好きな人にとっては、これはこの上ない良い点といえるでしょう。
また、自身もペットを飼っている場合、自分のペットが体調不良になった場合は無料、もしくは格安で診察を受けられる場合が多いようです。これも、ペットを飼っている人にとっては良い点といえます。
加えて、以外なメリットとして人間の病気にも詳しくなるそうです。動物の病気に詳しくなるのはもちろんですが、人間の病気にも詳しくなるのは、意外でしょう。

スポンサードリンク

動物看護師 仕事の悪い点

やはり多くの動物看護師の人が、低い収入を悪い点として挙げます。それでいて労働内容は過酷で長時間労働が常ですから、余計に不満に拍車がかかるようです。これは悪い点といえます。
また、動物看護師の仕事には綺麗な仕事とはいえない部分があります。動物の排泄物の処理や手術時の出血など、汚いもの、見るのも辛いものなどを目の当たりにしなければならない場合もあります。動物が好きというだけではやっていけない厳しい部分もあり、それもまた悪い点といえそうです。

動物看護師 仕事の内容

動物の治療を行う獣医師のサポートを行うことが、動物看護師の主な仕事内容になります。なるのに特別な資格は今のところ必要ありませんが、動物の身体や病気、薬やケアに関する専門的な知識が求められます。
仕事内容は大きく分けで、診察に関わること、薬剤に関する事、病院事務、消毒や環境づくりといったものの4つに分けられます。
また、飼い主とのコミュニケーションも大切な仕事の一つといえます。動物病院にお度ズレる動物が不安を抱えているのと同様、飼い主もまた不安を抱えています。そのため、動物だけでなく飼い主の不安も払拭し、安心させてあげられる環境づくりやコミュニケーションも大切といえます。

動物看護師 仕事に必要な資格

動物看護師になるのに必要な資格というものは特にありませんが、現在、動物看護師に関する統一資格「認定動物看護師」が生まれ、それを取得してから動物看護師になるケースが一般的になりつつあります。
この認定動物看護師の資格を取得するには、動物看護関連の専門学校や大学、短大の卒業が受験資格となっています。
現在はまだ始まったばかりの統一認定資格なので、詳細な合格率は出ていません。ですが概ね70%前後の合格率となっており、しっかりと勉強を行っていればそれほど難しい試験でもないようです。

動物看護師 仕事に必要なスキル

まずは体力と言われています。動物看護師の仕事は非常にハードで、残業が当たり前の職業だと言われています。そのような環境で働けるような体力は、必要なスキルといえます。
また、観察力が必要な素養と言われる場合もあります。動物看護師は実は獣医師よりも長い時間、動物と接する機会が多く、獣医師ですら気づかなかった動物のわずかに異変に動物看護師が気づき、事なきを得るケースというものが意外に多いようです。そのような動物看護師になるためには、細かいことに気付く観察力が必要といえます。

動物看護師の仕事のまとめ

非常に専門性の高い職業ですが、現在ではその大変さ、スキルに見合った収入が得られてないというのが現実のようです。
ですが、統一資格が生まれたことや、その資格が現在国家資格になりつつある点から、これから待遇がよくなっていく可能性の高い職業ということも出来ます。現在はまだ移行期間の最中ですが、そう遠くない未来、待遇が改善されている可能性は高いといえます。
大変で苦労の多い職業ですが、『今が頑張りどころ』とまとめることができる職業といえます。動物との関わりがより強くなった現在、動物看護師の職業は必要不可欠で無くなることはありません。そのため、一日も早い環境改善が望まれています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

動物看護師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング