ドアマンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ドアマンの仕事の年収・やりがい・本音

ドアマンの仕事の年収・やりがい・本音

ドアマンの仕事の年収・月収

ドアマンの仕事の年収や月収は、勤務するホテルの規模や自分が持っているキャリアなどによって違ってきます。帝国ホテルのような日本を代表するホテルに勤務し、外国語にも堪能な場合には、月収50万円程度、年収も700万円から800万円と高額になりますが、一般的なホテルだと、月収20万円程度で年収も300万円から400万円程度と、差が出てきます。

スポンサードリンク

ドアマンの仕事は、消える職業?消えない職業?

ホテル業界は厳しい競争にさらされていて、閉鎖してしまうホテルも少なくはありませんが、そんな時だからこそ、そのホテルの顔とも言え、ホテルの第一印象を決めるドアマンの存在には大きなものがあります。一流ホテルであればあるほど、一流のドアマンを必要とするので、ドアマンの仕事は、今後も消えない職業として存在し続けるでしょう。

ドアマンの仕事の将来性・安定性

これまでの感覚では「ホテルはただ泊まれれば良い」というものでしたが、最近では宿泊することだけが目的でなく、それぞれのホテル独自の個性を打ち出したホテルが多く出てきています。そのためにドアマンとしての仕事の重要性も増してきています。このような点からも、ドアマンの仕事の将来性や安定性は非常に高いと言えます。

ドアマンの仕事のやりがい・本音

ドアマンの仕事のやりがいは何といっても「お客様に満足してもらうこと」になります。ですから、お客様から「ありがとう」という言葉をもらえる時に、いちばんやりがいを感じることができるでしょう。また、あらゆるシチュエーションに対応できた時にも感じることができます。ただ、お客様にはいろいろな方がおられ、その対応に苦慮することも多いという本音もあります。

ドアマンの仕事の良い点

ドアマンの仕事の良い点は、毎日世界各国からのお客様に接することができ、たくさんの人と出会えることができるという点で、毎日がいろいろな刺激に満ちているという点です。さらに、その出会いが自分を高めていくための要因となることもあり、それがキャリアアップの意欲につながることもあり、これも良い点としてあげられます。

ドアマンの仕事の悪い点

ドアマンだけでなくホテル関係者全般に言えることですが、ホテルは24時間365日の営業になるので、ドアマンの仕事の悪い点は、深夜勤務等のシフトに従って勤務しなければならないという点です。また、ドアマンはお客様がホテルに出入りする時に接するので、自分自身のミスではなくてもクレームを受けることがある点も悪い点です。

スポンサードリンク

ドアマンの仕事の内容

ドアマンの仕事の内容は、ホテルの正面玄関に立ち、お客様の受け入れをしたり、逆にホテルから旅立ちする時に立ち会ったりします。また、車の誘導やお客様をホテル内の施設に誘導したり、お客様からの依頼によるタクシーやハイヤーの手配などもします。その「ホテルの顔」として、ホテルの第一印象を決める大事なポジションです。

ドアマンの仕事に必要な資格

ドアマンの仕事に必要な公的な資格はありませんが、ホテルでの接客態度を学ぶためには、ホテル科などがある専門学校などで、ホテルマンとして働くために基礎知識を体得しておくと良いでしょう。また「ホテルビジネス実務検定」や「ホテル実務技能認定検定試験」などの民間の検定試験を受検して合格しておくと、さらに就職に有利でしょう。

ドアマンの仕事に必要なスキル

ドアマンの仕事に必要なスキルは、何といっても「おもてなし」の気持ちをもって接客できることです。またお客様が話しかけやすい雰囲気を持った、人当たりの良さも必要なスキルと言えます。さらには、お客様からの要望にすぐに応えられるフットワークの良さも必要とされます。ホテルの業務はドアマン一人で行っているわけではないので、他のスタッフとの協調性も求められます。

ドアマンの仕事のまとめ

大きなホテルにあまり泊まり慣れていない人は、豪華な玄関先に立っただけで足がすくんでしまうような気になってしまいますが、そこでドアマンが優しく丁寧に接してくれると、安心感を持ってホテルに入ることができます。まさに、そのホテルの印象を決めてしまうポジションなのがドアマンなので、「おもてなし」の本領を発揮できる素晴らしい仕事と言えるでしょう。

スポンサードリンク

ドアマンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング