消える職業?消えない職業?DJの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?DJの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?DJの仕事の年収・やりがい・本音

dj

消える職業?消えない職業?DJ 仕事の年収・月収

DJには店舗専属のDJと完全にフリーランスなDJの二種類があり、そのどちらも、本人の力量にもよりますが、年収は低いと言われています。
店舗専属のDJの場合、駆け出しの頃はタダ同然、少しずつ仕事が出来るようになってきて年収100万円、名前が売れ、音響や経営に関われるようになって最高でも400万円とのことです。年収から計算すると、多くとも30万前後、少ないと10万にも満たない月収となります。音源はすべて自腹になるので、トータルで見ると赤字ということもあります。
フリーランスの場合は、働けば働いた分だけ収入に直結します。ただし年収差は極端なピラミッド状となっており、大半のフリーランスDJが生活出来るレベルの年収をもらっていません。

スポンサードリンク

DJ 消える職業?消えない職業?

現在、IT機器の発達にともなって、曲と曲をつなげたり、音を加工したりといった音楽編集が、誰しもが簡単に行える時代になってきました。そのため、以前はDJにお願いしていた仕事を自分で行えるようになってきています。
そういったことから、今後DJは消える職業なのかもしれません。もしくは消えない職業ではあるけれど、今後その仕事の中身が大きく様変わりすることになるかもしれません。

消える職業?消えない職業?DJ 将来性・安定性

一見華やかなイメージで自身の音楽センスを発揮できるDJという仕事ですが、将来性や安定性では厳しい部分があります。
まず、IT機器の発達に伴い、誰しもが簡単に音楽の編集を行う事ができるようになり、DJの需要が年々減りつつあります。特に経費削減が叫ばれる昨今、DJにお金を支払う余裕がなくなり、店舗内の音楽を自前で準備する店舗が増えています。そしてその流れは、今後も加速していくと見られています。
さらに現在、DJの人口は飽和状態にあると言われており、ただでさえ少ない仕事をたくさんの商売敵と争わなければならない状況が続いています。自身の音楽センスだけでなく、奇抜なファッションやプレイ中に踊るなどといった特徴を持たない限り、将来性や安定性に関しては絶望的と言わざるを得ません。

消える職業?消えない職業?DJ 仕事のやりがい・本音

DJという仕事にやりがいを求める人は多くいます。大半のDJが、『自分の選曲でお客さんたちが楽しそうに踊り、会場に一体感が溢れた時』にやりがいを感じると答えます。
また、既存の楽曲を組み合わせたり音を作り替えたりすることで、新たなリミックスとして生まれ変わらせることもDJの仕事の一つです。自身が作り上げたリミックスがお客さんに受け入れられた時は、強いやりがいを感じることが出来るでしょう。
別の角度からいくと、世間一版にDJは『カッコイイ仕事』と思われており、そういった仕事についていることに誇りを感じている……という本音を持つDJの方もいます。

消える職業?消えない職業?DJ 仕事の良い点

音楽が好きな方なら、『この曲を誰かに聞いて欲しい』と一度は思ったことが有るはずです。DJはまさにそれを仕事にしています。自身が準備した曲を会場の雰囲気に合わせて選曲し、その曲をかけることでさらに会場のボルテージを高める。これがDJにとっての幸せな瞬間であり、良い点であるといえます。
また、DJは世間的に『カッコイイ』と思われている職業です。そういうイメージを持たれやすいということも、DJという仕事の良い点であるといえるでしょう。

消える職業?消えない職業?DJ 仕事の悪い点

会場の雰囲気やお客さんの好みによって様々な楽曲を流すDJですが、それらの音源はすべて自腹で揃えなければなりません。そのため、特に駆け出しの頃はどれだけ頑張り、イベントが成功しても、最終的な収入は赤字になるケースがほとんどです。それが、DJという仕事の悪い点であるといえます。
また、大音量で音楽が流れる環境で仕事を行うため、耳への負担が凄まじく、対策を取ってない場合、すぐに耳を悪くするといいます。そういった対策が必要なのも、DJの悪い点といえるのかもしれません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?DJ 仕事の内容

DJの仕事の内容を端的に表すと、『クラブやイベント会場で音楽を流すこと』です。レコードやCD、パソコンを駆使し、自身が持っている音源の中から会場の雰囲気とお客さんの好みにマッチした曲を、ノンストップで次々と流していきます。
時に、音質を調整したり、2つの音源をミックスして流したり…といった工夫も必要になります。
使用機材に関して、現在はその便利さからパソコンやCDの利用も増えてきていますが、やはり動きが派手なレコードのターンテーブルも根強い人気があるようです。

消える職業?消えない職業?DJ 仕事に必要な資格

DJになるために必要な資格は特にありません。学歴も特に必要ではなく、完全に実力と実績がモノを言う世界です。
DJになるためには、『お店に雇ってもらう』『フリーランスのDJになる』『他の分野で成功を収めた後、DJとして呼ばれる』の大きく3つの方法があります。
いずれにしても自身に実力が無い限りはDJとして生き残っていくことは難しいといえます。

消える職業?消えない職業?DJ 仕事に必要なスキル

まず何よりも、『音楽知識』が必要なスキルになります。会場の雰囲気に合わせて曲を選択する必要があるため、あらゆるジャンル、あらゆる楽曲に精通していなければなりません。有名なDJであるDJ IZOHさんは、元々ヒップホップ中心の選曲だったそうですが、近年ではそれに加えドラムンベースやダブステップも取り入れているようです。そういった幅広いジャンルを網羅出来るスキルは絶対に必要です。
また、『陽気さ』と『人懐っこさ』も必要なスキルであるといえます。場を盛り上げるのが仕事なわけですから、自身もノリノリで楽しめる方が良いパフォーマンスに繋がり、結果それが成功に繋がります。

消える職業?消えない職業?DJの仕事のまとめ

近年、日本人DJの海外での活躍が注目されています。かつて世界的なイベント『DMC World Final』でアジア人として初のワールドチャンピオンに輝いたDJ KENTAROさんをはじめ、女性DJとしては世界一の売上を誇ると言われるDJ KAORIさん等、現在日本人DJの高い技術は世界でも注目されています。
一方国内では、近年の経費削減の傾向やIT技術の発達により、DJは非常に苦しい立場といえます。仕事そのものも少なくなり、DJの人口も飽和状態にあることから、今後も益々苦しい立場となっていくことでしょう。
『高い技術と申し分ない実績、そして確固たる意思が必要な職業』それがDJという仕事のまとめといえます。実力と実績はもちろんのこと、『何が何でもDJとして生きていく』という覚悟がなければ、今後DJとして生き残ることは難しいと思われます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?DJの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング