DIY店店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>DIY店店員の仕事の年収・やりがい・本音

DIY店店員の仕事の年収・やりがい・本音

DIY

DIY店店員の仕事の年収・月収

DIY店店員の仕事の月収や年収は、その店員がどのようなポジションにいるかによって変わってきます。一般的に接客に関わる販売員はパートやアルバイトの人が多いので、その場合の月収は10万円程度、年収も120万円程度になります。正社員として働いている場合は、平均的な月収は25万円程度、年収は400万円程度になります。

スポンサードリンク

DIY店店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

欧米では以前から、自宅を自分で改築するのが一般的ですが、最近では日本でも日曜大工の延長として、自宅にウッドデッキやログハウスを自分で作ることが流行ってきています。そのため、DIY店の出店が急速に広まってきています。このような点からも、DIY店店員の仕事はこれからも消えない職業として存在し続けていくでしょう。

DIY店店員の仕事の将来性・安定性

大型DIY店は、郊外や大型商業施設の中にどんどん進出しています。それだけ、自分で本棚やテーブル、あるいは小屋などを手作りする人が増えてきている証拠です。そのためDIY店員の仕事の需要は、今後もますます増えていくことが予想されます。この点からDIY店店員の仕事の将来性と安定性は、確固たるものがあるでしょう。

DIY店店員の仕事のやりがい・本音

DIY店店員の仕事のやりがいは、自分の持っている知識がお客様に役立った時や、お客様から感謝のことばをもらった時に感じることができるでしょう。また、自分の出したアイディアや企画が当たって、売り上げが伸びた時にも感じることができます。ただ、そのためには人一倍の努力をし続けないといけないという本音も聞かれます。

DIY店店員の仕事の良い点

DIY店店員の仕事の良い点は、自分の実力やアイディア次第で昇進できることもあるという点です。上の立場につけると、店内のレイアウトや仕入れの商品の選択などにもかかわることができ、売り上げにも貢献ができることもある、という点も良い点としてあげられます。他の店舗とは違った新しいことに挑戦できるのも良い点としてあげられるでしょう。

DIY店店員の仕事の悪い点

DIY店店員の仕事の悪い点は、接客対応のため、決められた時間に引き上げることができないことが多々あるという点です。また、パートやアルバイトの場合は、長年勤めていてもなかなか時給がアップされない事業所もあるという点も悪い点としてあげられます。さらには、お客様からのクレームが多いことも悪い点になるでしょう。

スポンサードリンク

DIY店店員の仕事の内容

DIY店店員の仕事の内容は、ホームセンターなどの住関連商品の販売に関わる一連の仕事のことを指します。まずは住関連の商品の仕入れや陳列などを行います。また販売の店員として、お客様のニーズに応じて適切な商品を紹介したり、あるいは設置などについて相談を受けたりすることもあり、商品の設置方法や安全性を説明したりすることもあります。

DIY店店員の仕事に必要な資格

DIY店店員の仕事に必要な公的な資格はありません。誰でもすぐに始められる仕事ですが、接客業務が仕事の大きな部分を占めますので、そのためにも『DIYアドバイザー』などの販売関係の資格を取得しておくと、接客態度にも自信がつき、お客様へのアドバイスにも説得力が増してきますので、きっと役に立つことでしょう。

DIY店店員の仕事に必要なスキル

DIY店店員の仕事に必要なスキルは、まず第一に人当たりの良さと言えます。お客様の方から質問したいことがあっても、DIY店員の方に質問しにくいような雰囲気があると、客商売としては成り立つことができません。また、お客様からの質問に対していつでも的確に応えられるほどの知識を持っていることも必要なスキルと言えるでしょう。

DIY店店員の仕事のまとめ

手作りの本棚を作りたいけど、たくさん板があり過ぎて、どの板を使っていいか見当もつかない。そういう時に手助けをしてくれるのが、DIY店の店員さんです。いろいろな板の種類や特性を説明してくれると、その店員さんの印象ばかりでなく、その店の印象もグッとあがり、またそこに訪れたくなります。そんなDIY店店員さんに出会いたいものです。

スポンサードリンク

DIY店店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング