潜水士の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>潜水士の年収・やりがい・本音

潜水士の年収・やりがい・本音

diver

潜水士 仕事の年収・月収

潜水士の仕事の月収は、およそ18万円から25万円、年収はおよそ250万円から350万円となります。民間の場合は仕事をする会社によって年収は異なります。
また、映画『海猿』で有名になった海上保安庁の潜水士は国家公務員であり、海上保安学校卒業の初任給はおよそ20万円、海上保安大学校卒の初任給はおよそ24万円となります。

スポンサードリンク

潜水士は、消える職業?消えない職業?

潜水士は今後も消えない職業です。
潜水士は水の中に長時間潜って作業を行う職業で、仕事内容も様々です。漁業では魚介類を採取し、建設現場では水中にある構造物に塗装をします。また、船舶の修理を行うこともあり、水中に関する作業を行う場所で活躍の場が広がっています。
水中作業は誰でもできる仕事ではなく、専門的な知識と資格が必要となるため需要があり今後も消えない職業となります、

潜水士 仕事の将来性・安定性

潜水士の仕事の将来性は高く、水中作業を行う場所では高い需要があります。さらに娯楽や研究の分野でも潜水士は必要とされてきており、ダイビングの指導や写真撮影、遺跡調査など需要は多岐に渡り将来性にも期待できます。
仕事としての潜水士は安定性のある収入を得ることができ、海上保安庁の潜水士であれば事務職の公務員よりも高い年収が得られます。

潜水士 仕事のやりがい・本音

潜水士の仕事のやりがいは、危険を伴う水中作業を的確にこなし、安全に作業を終えられたときにやりがいを感じます。特に建設現場の場合は長期間利用される施設の安全を守ることにもなります。
潜水士は水中の作業を長時間行う危険な仕事のため、潜水以外にも多岐にわたる知識が必要になるのが本音で、場合によっては命を落としてしまう可能性もあります。

潜水士 仕事の良い点

潜水士の仕事の良い点は、潜水作業の需要も高まってきており、レジャーや観光、スポーツダイビングの分野でも活躍できる点です。また、海洋土木工事や船舶の修理なども潜水士が活躍できる場になっています。
潜水士は水中作業を行うための国家資格を取得しているので、業種が変わっても資格を活かした仕事ができるのも良い点です。

潜水士 仕事の悪い点

潜水士の仕事の悪い点は、水中での活動を行うため危険を伴うことと、地上とは異なり自由に動くことが難しい水中作業を行う点です。
潜水士が行う作業は専門的な内容であることも多く、潜水士以外にも溶接などの技術を求められる場合もあります。さらに、潜水士の資格を取得するだけでは仕事ができず、現場で経験を積まなければ一人前になれないのも悪い点です。

スポンサードリンク

潜水士 仕事の内容

潜水士の仕事の内容は、水中で長時間作業を行うものが多くなっています。漁業では魚介類を採取し、建築関連では水中にある構造物を溶接したり塗装を行います。
潜水士はこうした仕事以外にも、写真撮影やビデオ撮影、水中遺跡の探査など水の中で行われる作業のほとんどに関わることができます。
潜水士としての力をつけるためには長い期間現場で仕事を行い、経験を積んでいく必要があります。

潜水士 仕事に必要な資格

潜水士の仕事に必要な資格は国家資格の「潜水士」です。試験は筆記のみ行われ実技試験はありません。合格率も比較的高く80%程度となっています。
潜水士の仕事を行うためには潜水士の資格が必要になりますが、レジャーダイビングとは異なる資格のため、仕事の幅を広げるためには民間企業が認定書を発行しているダイビングライセンス、通称Cカードを取得しておくと良いでしょう。

潜水士 仕事に必要なスキル

潜水士の仕事に必要なスキルは、長時間水中に潜るための知識と経験、さらにトラブルが起きた場合に冷静に対応するスキルも必要です。
潜水士は水中に潜るだけでなく会社によって異なる作業を行います。建築現場では溶接や構造物の検査などを行うための機器を扱い、漁業では魚介類を採取する道具を使います。
実際には潜水士以外のスキルも求められるため、就職した企業で必要なスキルを学び仕事を行います。

潜水士 仕事のまとめ

潜水士の仕事は、潜水用具を身につけて川や海の中に潜水し、様々な作業を行う仕事です。
潜水士が行う作業は就職する会社によって異なり、水中に構造物を建設する建設業、魚介類を採取する漁業、船舶の修理などがあります。
潜水士は国家資格の「潜水士」資格を取得し、さらに仕事に必要な資格や免許を取得して初めて作業が可能となります。水中では危険を伴うため、常に冷静な対応が求められます。

スポンサードリンク

潜水士の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング