ディスパッチャーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ディスパッチャーの年収・やりがい・本音

ディスパッチャーの年収・やりがい・本音

ディスパッチャー 仕事の年収・月収

ディスパッチャーの仕事の月収は、およそ20万円から35万円、年収はおよそ300万円から500万円ほどとなります。契約社員の場合は時給1000円程度からのスタートです。また、JALの2016年度初任給は22万円と高い給料が得られるわけではありません。
ディスパッチャーは経験や勤続年数によって年収も増加し、夜勤手当や資格手当も会社によって支給されます。

スポンサードリンク

ディスパッチャーは、消える職業?消えない職業?

ディスパッチャーは今後も消えない職業です。航空業界では様々な人が活躍していますが、安全な飛行機の運行にはディスパッチャーの存在が欠かせません、
ディスパッチャーは航空法や航空機、気象に関する知識が必要で、これら様々なデータを集めて安全なフライト計画を作ります。LCCの参入や国内線の増加に伴い需要が増えてきているため今後も消えない職業です。

ディスパッチャー 仕事の将来性・安定性

ディスパッチャーの仕事の将来性は高く、航空業界ではLCCの国内線参入により需要が高まってきており、全体的にディスパッチャーの活躍できる場所が多くなってきています。また、日系の大手航空会社以外にも外資系航空会社やローカルの航空会社まで、航空機の発着が行われる場所には必ず必要です。
収入も安定性があり、経験と知識があればさらに年収を増やすことも可能です。

ディスパッチャー 仕事のやりがい・本音

ディスパッチャーの仕事のやりがいは、気象データを読み取ってフライト計画を作り、事故なく安全な運行が出来た時にやりがいを感じます。
ディスパッチャーは「地上のキャプテン」とも呼ばれており、フライト中にパイロットへ飛行方針を伝えたり、着陸する空港の目的地変更など重要な役割を担っています。
しかし、わずかな判断ミスが重大な事故につながる可能性も高く、責任が重くなりやすいのが本音です。

ディスパッチャー 仕事の良い点

ディスパッチャーの仕事の良い点は、自分がフライト計画を作り的確な指示を行って安全な運行に関われる点と、経験を積むことでキャリアアップできる点です。
ディスパッチャーは国家資格が必要な仕事ですが、経験を積み的確な指示ができるようになると周りからも信頼され、仕事をこなすほど信頼度も増していくことも仕事の良い点です。

ディスパッチャー 仕事の悪い点

ディスパッチャーの仕事の悪い点は、航空機のフライト計画を作り運行を支えているため、判断ミスが大きな事故につながる可能性がある点です。ディスパッチャーの指示によりトラブルを回避したり、安全に運行できるよう気象データを読み取って判断をしなければなりません。
また、シフト制で働くことにより生活のリズムが不規則になりやすいのも悪い点です。

スポンサードリンク

ディスパッチャー 仕事の内容

ディスパッチャーの仕事は、目的地の空港の状況や積荷の内容、気候の状態など様々なデータをもとにフライト計画を作成します。また、トラブル時のサポートを行うことも仕事であり、航空機が離陸したあとも気象データを確認して目的地までの運行をサポートします。
ディスパッチャーはパイロットとミーティングを行い、毎日のフライトを監視、サポートをして安全を守る仕事です。

ディスパッチャー 仕事に必要な資格

ディスパッチャーの仕事に必要な資格は国家資格の「航空無線通信士」「運行管理者技能検定」です。また、会社によっては大卒であることが就職の条件担っている場合もあります。
また、ディスパッチャーになるためには2年の実務経験が必要で、まずは航空会社に就職して実務を行う必要があります。さらに、資格取得後の社内審査に合格する必要もあり、ディスパッチャーの仕事を行うまでには長い道のりがあります。

ディスパッチャー 仕事に必要なスキル

ディスパッチャーの仕事に必要なスキルは、細かい情報をも見逃さない注意深さと、物事の計画を立てるための観察力や洞察力です。
ディスパッチャーは多くのデータを元に最適なフライト計画を作る必要があり、一つのデータだけを見て判断することはできません。また、地上での勤務となり、表舞台にはほとんど出ることは無いためコツコツと正確に仕事をこなしていく忍耐力も必要なスキルです。

ディスパッチャー 仕事のまとめ

ディスパッチャーの仕事は、気象データや航空機の積荷、目的地などから最適なフライト計画を作成し、それをパイロットと共有して航空機の運行をサポートする仕事です。
ディスパッチャーになるためには国家資格が必要で、さらに実務経験が2年必要になります。ディスパッチャーの仕事をするまでには長い時間がかかりますが、判断ミスが大きな事故につながる危険性もあるため強い責任感が求められる仕事です。

スポンサードリンク

ディスパッチャーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング