国会議員政策担当秘書の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>国会議員政策担当秘書の仕事の年収・やりがい・本音

国会議員政策担当秘書の仕事の年収・やりがい・本音

diet

国会議員政策担当秘書 仕事の年収・月収

公務員の中でも収入が高い傾向がある公設秘書ですが、その中でもとりわけ高い収入を得ているのが国会議員政策担当秘書です。具体的なデータですが、初任給でも月給42万円、最高ですと60万円、年収としては1000万円以上にもなると言われています。
収入面意外では、住居や通勤、期末、勤勉といった手当が支払われ、退職時には退職手当も受け取れます。他の公務員とくらべても、とりわけ高収入といえるでしょう。
ただしその分、国会議員が失職した場合は自身も失職する、しかも公務員なため、雇用保険はないという、非常にリスキーな側面もあります。

国会議員政策担当秘書の仕事は、消える職業?消えない職業?

公設秘書という職業そのものが、国の政治に関わる国会議員のサポートを行う仕事ですので、日本という国がなくならない限り、消えない職業ということが出来ます。
とりわけ国会議員政策担当秘書となりますと、政策や法案に直接関わる仕事ですから、その存在感は他の公設秘書とくらべても高く、絶対に消えない職業ということも出来るでしょう。
以上のことから、日本という国がなくならない限り、消えない職業ということが出来ます。消える職業となることはないといえるでしょう。

スポンサードリンク

国会議員政策担当秘書 仕事の将来性・安定性

一般の公務員と比べて、安定性に乏しいのが公設秘書です。働き先である国会議員が選挙で落選した時などは、自動的に職場を失うことになるためです。そのため、国会議員政策担当秘書の安定性は公務員なのに低いということになります。
将来性に関しては比較的高く、国会議員政策担当秘書として経験を積んだ後、政治家や国会議員として活躍する人もいます。実際に国会議員政策担当秘書として経験と実績、人脈を構築した後に国会議員として活躍する人も多く、将来性は高いといえます。

国会議員政策担当秘書 仕事のやりがい・本音

公設秘書の中でも、政策や法案に直接関わる仕事を行っているのが国会議員政策担当秘書です。そのためやりがいを感じている人が多く、『自身が関わった政策で国が変わる手伝いが出来た』『自分の地元に恩返しができた』というやりがいを感じる人が多くいます。
また、公設秘書は多忙な国会議員に代わり、地元企業や業種団体、地域の人々のサークルなどを回って人脈作りをしています。そのおかげで国会議員が当選した時などは、自身のがんばりが評価されたように感じ、自分のことのようにうれしいといいます。それと同時に、地域の人々からの期待に応えなければならないといった責任をずっしりと感じる……という本音は、国会議員政策担当秘書だけでなく、公設秘書の人なら誰しも持つようです。

国会議員政策担当秘書 仕事の良い点

やはりなによりもまず、その高額な収入を良い点として挙げる人は多いようです。いかに安定していない立場とはいえ、年収で1000万円を超える職業はそうはありません。その点を魅力に感じる人も多く、これは良い点といえます。
また、国会議員政策担当秘書としての実績を積み人脈を構築していくことで、やがて国会議員として活躍することの出来る将来性も、良い点といえます。実際に将来に政治家になるために、国会議員政策担当秘書の道を選ぶ人も少なく無いといいます。

国会議員政策担当秘書 仕事の悪い点

公務員でありながら安定していないというのが、悪い点といえるでしょう。高収入ではありますが、その分、サポートする国会議員が落選してしまえば、自身も職を失うことになります。また国会議員政策担当秘書の仕事は転職も難しく、党の垣根を超えて就職することも困難です。こういった点は悪い点であるといえます。
また、国会議員政策担当秘書として働くには国家試験である国会議員政策担当秘書試験に合格する必要がありますが、たとえその試験に合格したとしてもすぐに国会議員政策担当秘書として活躍することは出来ません。それもまた、悪い点といえます。

国会議員政策担当秘書 仕事の内容

公設秘書は議員の代理としての来客対応や議員のスケジュール調整、支援者のフォロー、選挙の応援活動の取りまとめなどを行いますが、国会議員政策担当秘書はそれにプラスして、法律の範囲内での改善案を作る為、資料や情報を集めるといったことを行います。
実際の政策研究や法案の準備などのスペシャリストが国会議員政策担当秘書となるのですが、実際には秘書としての仕事も多く、中々手が回らないのが実情のようです。専門的な仕事の他に様々な仕事をこなさなければならず、国会議員政策担当秘書が多忙になる要因の一つといえそうです。

スポンサードリンク

国会議員政策担当秘書 仕事に必要な資格

公設秘書の中では唯一、国家試験である『国会議員政策担当秘書試験』の試験に合格する必要があります。
国会議員政策担当秘書国家試験は受験の条件は大卒、もしくは大学卒業見込みであれば誰でも受験することの出来る試験ですが、非常に難易度の高い試験です。毎年多くの人が挑戦していますが、合格率は5%程度と言われています。
試験に合格すると、登記簿に名前が記載され、その登記簿の中から議員に選択されることで、国会議員政策担当秘書として働くことが出来るようになります。

国会議員政策担当秘書 仕事に必要なスキル

まず国会議員政策担当秘書試験に合格するためとして、社会科学や人文科学といった一般教養に関する深い知識、そして文章理解力や企画力、分析力といった幅広いスキルが必要になります。
そして実際に国会議員政策担当秘書として働く際に必要になるのが、奉仕の精神とコミュニケーション能力と言われます。特に政治の世界は人脈が大変な意味を持ちます。そういった中で、自身が働く議員が活躍していくため、そしていずれ自身が国会議員として活躍するためにも、幅広い人脈を作ることの出来るコミュニケーションスキルは必要なスキルといえるでしょう。

国会議員政策担当秘書の仕事のまとめ

公務員でありながら安定性に欠ける職業という不思議な職業です。国の政治に関われるというやりがいの大きい仕事ですが、その分国会議員が失職すれば自身も同じく失職し、再就職も難しい。公務員などで雇用保険はない……というリスキーな側面も持ち合わせている職業です。
ですがその将来性は高く、ゆくゆくは国会議員として活躍することも夢ではありません。そういった意味では、リスキーな側面を含めても、魅力的な仕事ということが出来ます。
特に近年では、有能な秘書が安定した雇用を確保出来るようにしようという動きもあります。そういった中で国会議員政策担当秘書の存在感は、今後益々光り輝くことでしょう。
簡単にまとめると『未来の国会議員』ということも出来ます。将来は国会議員になりたい方は、まずはこの国会議員政策担当秘書から目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

国会議員政策担当秘書の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング