バッグデザイナーの収入・平均年収は約650万円。バッグやカバン類のデザインを担当

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>バッグデザイナーの収入・平均年収は約650万円。バッグやカバン類のデザインを担当

バッグデザイナーの収入・平均年収は約650万円。バッグやカバン類のデザインを担当

憧れの職業として挙げられることの多いファッションデザイナーは、服や靴・バッグなどをデザインする仕事です。

その中でも特にバッグをデザインする仕事にスポットを当て、収入面や将来性について紹介していきます。

スポンサードリンク

1.バッグやカバン類のデザインを担当

人々が身にまとう衣服や服飾品にもいろいろな種類があって、それぞれに専門のデザイナーが存在します。

一般にファッションデザイナーと呼ばれる人には、アパレル業界で衣服のデザインを担当する人の他にも靴のデザインやバッグ・財布・帽子などのデザインを担当する人たちがいるものです。

ジュエリーデザイナーや眼鏡デザイナーなども含め、服飾品や装身具のデザインを行う人はブランドや製品メーカー・デザイン事務所などを主な勤務先としています。

バッグデザイナーもハンドバッグやセカンドバッグ・カバン類などを製造しているブランドやメーカーに所属している例が多く、有名ブランドは有能なデザイナーを何人も抱えているものです。

バッグのデザインは衣服や靴と同様に装身具としてのファッション性が重視される一方で、プロダクトデザインに近い機能性も求められます。

収納性や使いやすさまで考慮に入れたバッグの設計とファッション性を両立させることが、デザイナーの果たすべき役割です。

2.ファッションデザイナー全体の平均年収は約650万円

一口にバッグデザイナーと言ってもカバン製造会社の一社員という人もいれば、独立して自分のブランドを立ち上げた有名デザイナーもいます。

そうしたデザイナーの間では収入にも大きな格差が見られるため、バッグデザイナーの平均年収を示すような信頼すべきデータはなかなか見つかりません。

ひとつの目安になる数字として、約650万円というファッションデザイナー全体の平均年収が挙げられます。

ファッションデザイナーでもアパレルメーカーなどに採用されて間もない駆け出しのうちは、年収300万円前後という低めの給与水準で働いているものです。

プロダクトデザイナーやグラフィックデザイナーなども含めたデザイナー職全体の平均年収は約400万円と言われていますので、その中ではファッションデザイナーも高収入の部類です。

企業に所属するデザイナーの収入は勤務先の規模にも左右され、どうしても大企業ほど給与水準が高くなります。

3.流行や景気に大きく左右される仕事

以上はファッションデザイナー全体の話ですが、バッグデザイナーの多くがバッグやカバンを製造しているメーカーに勤務している点を考えると、収入事情は共通しているものと見られます。

デザイナーも含めた社員全体の平均年収で比較した場合、アパレルメーカーは400万円を上回るのに対して、ブランドメーカーは400万円を若干下回っているものです。

バッグやカバンを製造している国内のブランドやメーカーには小規模経営のところも多く、そうした会社ほどデザイナーの給与水準も決して高くないと推定されます。

アパレルなども含めてファッション業界全体に当てはまるマイナス要素は、どうしても流行や景気に影響されやすい業種だという点です。

バッグやカバン製造メーカーも所属デザイナーのセンス次第で業績が大きく左右されるため、流行を敏感に察知してデザインに反映させるだけの能力が求められるバッグデザイナーはそれだけ責任重大な役目です。

スポンサードリンク

4.独立してブランドを立ち上げ成功すれば高収入も可

特に高級ブランドを展開するバッグのメーカーに勤務するデザイナーの場合は、どれだけ優れたデザインの仕事をしても景気が悪くなれば商品が売れなくなるリスクを抱えています。

一方ではそうした景気変動や流行の影響をそれほど受けず、堅実な売上を維持しているバッグやカバンのメーカーも少なくありません。

そのようなメーカーやブランドのバッグはデザインの完成度が高く、機能性や収納性にも優れていることから顧客の高い評価を得ているものです。

景気が上向いて消費者の購買行動が活発になると、流行をいち早く取り入れたデザインのバッグも次々に登場して市場がさらに活性化されます。

バッグ製造メーカーやブランドの社員として勤務するデザイナーの中にはそうした機運にうまく乗って独立し、新たなブランドを立ち上げた人の例も少なからず見られます。

バッグデザイナーの平均年収を大きく押し上げているのは、そうした独立に成功して1000万円以上の高年収を稼いでいる人たちです。

5.服飾系の専門学校・大学・短大で学ぶのが一般的

バッグデザイナーへの道を選んだからと言って、誰もが自分のブランドを立ち上げられるわけではありません。

バッグをデザインするにはファッションセンスだけでなく、革や布・金具といった材料に関する知識も必要です。

ポリ塩化ビニールやウレタンゴムなどの合成皮革を材料に使用する例も増えており、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維も含めた多様な素材についての勉強も欠かせません。

バッグデザイナーは道具としての機能性と収納性も考慮しなければならない上に、どれだけオシャレなデザインでも製造が困難なバッグでは製品化できないものです。

バッグデザイナーになるには特別な資格なども必要ありませんが、実務をこなしていく上ではデザイン面も含めてさまざまな専門知識が問われてきます。

バッグデザイナーを目指すにはアパレル業界に就職する場合と同様に、服飾関係の専門学校や大学・短大で専門知識を学ぶのが一般的なコースとなってくるのです。

会社員よりも高水準な年収が得られるバッグデザイナー

エルメスやルイヴィトンなど海外の高級ブランドバッグは根強い人気がありますが、国内にも手の届きやすい価格帯のバッグを展開しているブランドは多くあります。

自分のブランドを立ち上げて高収入を実現した有名なバッグデザイナーも、最初はバッグメーカーやブランドでデザインの仕事をしながら腕とセンスを磨いてきたのです。

スポンサードリンク

バッグデザイナーの収入・平均年収は約650万円。バッグやカバン類のデザインを担当に関連する記事

人気記事ランキング