歯科医師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>歯科医師の仕事の年収・やりがい・本音

歯科医師の仕事の年収・やりがい・本音

dentist

歯科医師 仕事の年収・月収

歯科医師の収入は、働く地域や働き方、持っているスキルによって大きく変動する傾向があります。歯科医師全体で見た場合、月収が平均約60万円、年収は平均で約730万円と言われています。
勤務医の歯科医師の場合、月収が30~50万円程度が平均と言われていますが、近年ではワーキングプアも増加傾向にあるというデータがあります。逆に開業医の場合は、個人の力量にもよりますが年収1000万円を超える人は珍しくありません。
他にも、歯列矯正やインプラントといった特殊な専門技術を持って多くの顧客を抱えるようになれば、勤務医や開業医に関わらず、年収はアップします。

スポンサードリンク

歯科医師の仕事は、消える職業?消えない職業?

歯の健康というのは、人の健康的な生活と切っても切れない関係性にあります。歯科医師はその歯の健康を司る職業であり、おそらく今後も消える職業となることはないと思われます。
現在、日本では人口が自然に減少している状況なので、歯科医師は自然と供給過多の状況になると予想出来ます。そうなってくると、職業としての将来性に関してやや不安は残りますが、それでも歯科医師という職業そのものは、消えない職業ということが出来るでしょう。

歯科医師 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよります。公立病院で働けば今後の心配をすることはないでしょうし、開業医として働いているのであれば、収入は多くても不安定な立場といえます。
将来性に関しては難しいところがあります。というのも、現在日本では人口が自然に減少している状況が続いており、それに併せて歯科医師の人数が多すぎるという現実があります。
そのため、現在の歯科医師は生き残るための特色を全面に押し出していかなければ生き残ることが出来ず、丁寧な仕事を心がけ、顧客を少しでも獲得していく努力を続けないかぎり、今後歯科医師として生き残っていくのは大変です。将来性は低いのかもしれません。

歯科医師 仕事のやりがい・本音

歯科医師が治療を行う歯というものは、一度損傷してしまうと自然に再生することはありません。また歯の異常は、それがどんなに小さいものであっても不都合や違和感を感じることが多く、深刻な悩みに発展する傾向があります。
そのため、その歯の治療を行う歯科医師は患者さんからの感謝の言葉をもらいやすい職業といえます。治療に最善を尽くし、歯の異常が収まった患者さんからありがとうと言われることは、歯科医師にとってはこの上ないやりがいといえます。
ただ、歯科医師はよく医師と比較されがちで、医師よりもやや低く見られる傾向があるそうです。本音では、そのことを不満に感じている歯科医師の人も少なくないようです。

歯科医師 仕事の良い点

働く時間が決っているのが良い点といえます。同じくの人の健康を守る職業に医師がありますが、医師の仕事は残業や休日出勤は当たり前です。それに比べ、歯科医師は勤務時間が一定で、安定して休みを取ることが可能です。プライベートの時間をしっかりと確保したい人にとっては良い点といえます。
また、歯科医師の仕事は専門性の高い職業で、資格を有する人でなければ、なることは出来ません。専門家として強いやりがいと誇りを持って、人の役に立つ仕事が出来るというのも、良い点であるといえます。

歯科医師 仕事の悪い点

近年では、歯科医師の収入が低いことが問題視されています。平均では決して低い年収ではないのですが、歯科医師になるには莫大なお金が必要な割に、稼げるお金が少ないと言われるようになっています。近年では歯科医師のワーキングプアも深刻になっており、これは歯科医師の悪い点と言わざるを得ません。
また、歯科医師は常に勉強が必要と言われています。特に最近では、最新の治療技術だけでなく、患者さんの目を惹く保険外診療の治療方法を取り入れることが重要と言われています。近年では美容の観点から歯列矯正、ホワイトニング処理といった技術も注目を浴びており、実際にそれらを導入してうりにする歯科医院も多いようです。こういった、勉強を行う努力を怠ることが出来ないというのは、悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

歯科医師 仕事の内容

口の中に異常や病気を抱えた患者さんの口腔内の健康を整えることが、歯科医師の基本的な仕事内容です。
具体的な例を挙げますと、虫歯や歯周病、その他歯や歯茎に関わる病気の治療、親知らずの抜歯、歯石の除去、入れ歯や義歯の作成がこれにあたります。
また近年では、治療や予防だけではなく、美容目的の歯列矯正やホワイトニングといった『審美歯科』と呼ばれる分野を専門にしている歯科医師もいます。
また、それ以外の仕事としては、大学や研究所内での研究、総合病院での病理医、厚生労働省の医系技官、化粧品会社や製薬会社での勤務などもあります。

歯科医師 仕事に必要な資格

歯科医師になるには、歯科大学や大学の歯学部で6年間学んだ後、歯科医師国家試験に合格して、1年以上の研修を受けることが必要です。歯科医師国家試験の難易度は年々上昇しており、近年では合格率が低下傾向にあります。
また、歯科大学や大学の歯学部は学費が高く、さらに公立と私立では8倍近くの学費の差があるといいます。そのため公立の方は人気が高く倍率が高い傾向があり、逆に私立の大学は比較的難易度が低い傾向があります。
国家資格を取得して1年間の研修が済んだ後、晴れて歯科医師となることが出来ます。歯科医師の8割は開業医と言われており、その分大手の病院での勤務医の数はそう多くはありません。

歯科医師 仕事に必要なスキル

口の中で様々な道具を利用して治療を行う必要があるため、手先の器用さが必要なスキルといえます。
また必要な素養として、親しみやすさがよく挙げられます。近年では歯科医師の数が非情に増えており、そのような状況で歯科医師として生き残っていくためには、治療のスキルだけではなく、歯科医院の雰囲気や、歯科医師の人柄が重要になります。患者さんへの対応だけではなく、仕事仲間の歯科衛生士や歯科助手との連携をスムーズに行うためにも、親しみやすさとコミュニケーションスキルは必要といえます。

歯科医師の仕事のまとめ

近年、歯科医師の数は飽和状態になっていると言われています。その中で、いかに特色を出して顧客を獲得していくかが、現在の歯科医師に求められています。
美容に重きをおいた『審美歯科』や、新しい治療法であるインプラントが注目されているのはそのためで、これらは保険適応外の治療方法になります。そういった新しい治療方法を取り入れ、顧客を惹きつけ、信頼を勝ち取っていくことが、現在の歯科医師には求められています。
『今が正念場』とまとめることが出来る職業なのかもしれません。苦しい状況が予想される歯科医師という仕事ですが、世の中に必要不可欠な職業であることは事実です。

スポンサードリンク

歯科医師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング