歯科衛生士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>歯科衛生士の仕事の年収・やりがい・本音

歯科衛生士の仕事の年収・やりがい・本音

歯科衛生士 仕事の年収・月収

歯科衛生士の収入は、働く職場によって違いがあるようです。世の中には大小様々な歯科医院が存在していますが、収入の水準は歯科医院の規模等によって大きく変わる傾向があります。
具体的なデータで見ると、平均年収では335万円、月収では25万円というデータ
があります。全国平均とくらべて、やや低い水準といえます。
歯科衛生士の収入はキャリアと能力によってアップしますが、ある程度のところで頭打ちになるケースも多々有ります。正社員であれば毎月安定した収入が期待できます。逆に、上記のような事情からフリーランスで複数の歯科医院ての勤務を掛け持ちする人も多いようです。

スポンサードリンク

歯科衛生士の仕事は、消える職業?消えない職業?

歯科衛生士の今後を考える上でさけて通れないのが高齢化社会です。高齢者の方が増加している昨今において、入れ歯を必要とする人や在宅診療を希望する人が増加していくことが予想されています。それは歯科医院のニーズが増加することを意味し、同時に歯科衛生士のニーズも高まることを意味します。
また、インプラント等の高度な歯科治療が注目を集めています。特にインプラントに関しては日々のメンテナンスがとても重要な施術になるため、歯科衛生士が果たす役割は大きいといえます。
以上のことから考えると、歯科衛生士は消えない職業ということが出来ます。今後はさらにニーズが高まる可能性が高いため、消える職業となることはないでしょう。

歯科衛生士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよりますが、歯科衛生士は他の職業に比べ、求人数が多く、再就職しやすい職業と言われています。そのため、仮に職を失うような事態になっても、再就職しやすいという点を考えると、安定性は高いといえます。
将来性に関しても、今後のニーズの高まりを考えると、決して低いとはいえません。ただし、現状ではある程度収入額の上限が決っている部分がありますから、それ以上の収入アップを望む場合は、フリーランスになる等の工夫が必要になります。そういう意味では、将来性に関しては一長一短というところでしょうか。

歯科衛生士 仕事のやりがい・本音

患者さんからの感謝の言葉を聞くことがやりがいと答える人が多いようです。歯科衛生士は患者さんと直接コミュニケーションをとる機会が多く、その患者さんから『ありがとう』と言われる機会も多いため、この部分にやりがいを感じる人は多いようです。
また、不安な顔をして訪れた患者さんが、治療を終えて笑顔で帰る様子を見た時も、やりがいを感じるといいます。患者さんの感謝の言葉と、治療が終わったあとの笑顔は、なによりも強いやりがいと答える歯科衛生士の人は多いです。
本音の部分では、女性がとても多い職場ということもあり、人間関係に苦労している人も多いようです。それを理由に職を離れる人も決して少なくありません。

歯科衛生士 仕事の良い点

歯科衛生士は国家資格で一生ものの資格です。加えて現在、歯科衛生士の求人数はとても高いので、一度離職した後、再び働きたいと思ったときに、すぐに働き口が見つかるという点を良い点として挙げる人は多いようです。
また、歯科衛生士としての経験や知識を他の職業に応用し、ステップアップをしていく人もいます。大学病院や保健所、福祉施設といった具合に近年では活躍の場も広がっており、そういった新たなフィールドで歯科衛生士としてのスキルを活かして働くことができるようになったことを、良い点として挙げる人もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

歯科衛生士 仕事の悪い点

歯科衛生士の職場は、他の企業に比べて人間関係で苦労する部分が大きいようです。
職場環境は他の企業に比べて小さいということもあり、少人数のスタッフで運営しているところがほとんどです。その場合、人間関係がうまくいかないと、退職してしまいたくなるほどに辛い毎日が待っています。実際に人間関係がうまくいかずに退職を選択する歯科衛生士の人も多くおり、その点を悪い点として挙げる方は多い傾向があります。
特に、歯科衛生士の職場は女性中心な場合が多いようで、人間関係に苦労する場面が多いようです。

歯科衛生士 仕事の内容

基本的には、歯科医師とともに患者さんの口の健康をサポートするのが歯科衛生士の仕事内容になります。大きく『歯科予防措置』『歯科診療補助』『歯科保健指導』の3つに分かれています。
歯科予防措置は、歯周病の予防のための措置を行うことです。歯垢と歯石の除去と、フッ素の塗布などがこれに該当します。
歯科診療補助は歯科医師の医療サポートを行うことで、診療器具の滅菌やレントゲン撮影などが該当します。担当する範囲は歯科医院の規模によって変わってきます。
歯科保健指導は、歯周病にならない歯磨きの仕方や生活習慣の指導などを患者さんに行うことです。こちらは歯科医院だけでなく、小学校の歯科検診、介護施設などで行う場合もあります。

歯科衛生士 仕事に必要な資格

歯科衛生士になるには、国家資格である歯科衛生士の資格を取得する必要があります。取得するには、歯科衛生士の勉強が出来る専門学校や大学、短期大学に通い、3年間勉強する必要があります。
勉強する期間は以前は2年となっていましたが、今では講義と実習の質の向上のため、3年に延長されています。講義中心の1年め、基礎実習の2年め、応用的な実習の3年めという様に、学ぶ内容が徐々にステップアップしていきます。
合格率に関しては例年95%と高いですが、実際には合格をしてからが本当のスタートラインと言われています。

歯科衛生士 仕事に必要なスキル

必要なスキルに関しては専門学校や大学で学ぶものなので、特に必要なスキルがあるというわけではありません。まじめに勉強していれば身につくものといえます。
必要な素養としては、手先の器用さが挙げられます。歯科衛生士の仕事は歯石や歯垢の除去といった様に、細かい仕事がたくさんあります。そのため、手先が器用で細かい作業が苦にならないことが必要な素養といえます。
また、患者さんは子どもから高齢者まで、幅広い年代の方がいます。そして、患者さんがリラックスして治療を受けられるよう、コミュニケーションを取る必要があり、そこで必要になってくるのがコミュニケーションスキルであり、人と接することが好きな素養です。これも必要な素養といえるでしょう。

歯科衛生士の仕事のまとめ

近年では歯科医院の数が増加しています。また歯科衛生士が活躍するフィールドも広がっており、そのため歯科衛生士の求人数は増加傾向にあります。
現在進行形で訪れている高齢化社会ということもあり、今後益々歯科衛生士への期待は高まってくる事が予想されており、歯科衛生士の将来は明るいといえます。
もちろん、人間関係に苦労しやすい、収入額が頭打ちになりやすいといった難点もありますが、国家資格であり再就職しやすいといったメリットも数多く持ち合わせている魅力的な職業です。一度資格を取得してしまえば、仕事に困ることはないでしょう。

トータルとしては、中々に魅力的な仕事とまとめることが出来るといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

歯科衛生士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング