電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音

電車運転士の仕事の年収・月収

電車運転士は、JR関係の7社と、その他の私鉄にそれぞれいますが、その年収にはだいぶ幅があります。やはり、その会社が大手か小規模か、あるいは赤字なのか黒字なのかにも依るのでしょう。都市部の大手鉄道会社の30歳の電車運転士の平均年収は600万円前後ですが、地方になると400万円前後となります。山手線の電車運転士の中には、20代で年収700万円貰っている人もいます。

電車運転士は消える職業?消えない職業?

電車運転士の仕事は、これからもますます需要が増える職業でしょう。新幹線の本数もますます増やされ、リニアモーターカーも数年後には開通します。自動運転の車両も開発されていくでしょうが、それでも運転席が無人、と言う訳にはいきませんので、やはり電車運転士資格を持った人が
同乗するはずです。これからも必要とされる職業です。

スポンサードリンク

電車運転士の将来性・安定性

電車運転士の仕事としての将来性や安定性は、全体としては大いにあると言えますが、個々の企業で見てみると、集客率の低い路線を多く抱える鉄道会社などでは、走行本数を減らしたり、ついには廃線になったりする所もあるでしょうから、そのような鉄道会社に所属している電車運転士としては、将来性も安定性も危ういものとなるでしょう。でも、電車運転士の資格を持っていると、大きな鉄道会社への転職にも有利に働くと思われます、

電車運転士の仕事のやりがい・本音

「定時にきちっと電車を、到着・発車させ、多くの人を安全に運ぶ責任を果たしている」という点で、電車運転士の仕事は、とてもやりがいがあるものです。勤務時間が不規則で、とても大変さを感じる、という本音も聞かれますが、無事1日の乗務を終えた時には、充実感や達成感も十分に味わう事が出来ます。線路沿いで子供たちが手を振ってくれるのには、とても元気を貰えます。

電車運転士の仕事の良い点

勤務時間が、一般的な仕事の人たちと違っているので、平日に休みが取れることが多く、そのため、遊びに行っても混雑を避ける事が出来ます。職業としても「電車運転士をしています」と言うと、称賛の声を聞く事が多く、特に子供たちからは、あこがれの目で見られるので、嬉しい気持ちが味わえます。また、公共機関を動かしている、という社会貢献度を感じる事が出来ます。

電車運転士の仕事の悪い点

電車運転士の仕事の悪い点は、ある程度の時間、電車内に束縛されるため、生理現象に悩まされると大変なところです。また、就業時間が不規則なため、体調の管理に気を使います。さらには、最終便で仕事が終わり、翌朝始発の乗務になると、睡眠時間が少なくなり、睡魔との闘いも大変です。時々ある人身事故では、気分が落ち込む事も多々あります。

スポンサードリンク

電車運転士の仕事の内容

電車運転士の仕事の内容は、短くまとめると、正確に、そして快適に電車を運行して、乗客を安全に目的地まで輸送することです。そのためには、日頃から運転技術を磨いていくことも必要ですし、自分の体調管理にも気を配り、電車の発車を遅らせたり、途中、睡魔に襲われて事故を起こしたりしないように努める事も求められています。

電車運転士の仕事に必要な資格

電車運転士の仕事に必要な資格は、筆記試験、身体検査、適性検査を受け、運転の技能試験を受けて合格した際に公布される「動力車操縦者運転免許」と言われる国家資格です。これは、一般の方でも直接受験する事ができますが、電車を運転する技能は、鉄道会社の持つ養成所に行かないと取得できませんので、まずは鉄道会社の社員となる事が必要でしょう。

電車運転士の仕事に必要なスキル

電車運転士の仕事に必要なスキルは、何よりも「落ち着いた判断が出来る事」でしょう。電車の運転自体は、真っすぐに敷かれた線路の上を走るものですから、そう複雑ではないですが、いざという事態に、的確に素早く冷静に判断を下す必要が出てきます。また、長時間、電車の運転をする訳ですから、集中力も必要となってくるでしょう。

電車運転士の仕事のまとめ

何と言っても電車運転士は、子ども達のあこがれの的です。特に新幹線など、注目を浴びる車両の運転士だと、さらに胸を張って歩ける事でしょう。でも、そんな表向きに比べて、始発から終電まで、きちんとダイヤの乱れもなく、もちろん事故もなく、快適な運転で電車を動かすためには、人知れず努力をしている事もたくさんあります。電車運転士の仕事は「人の命を預かる仕事」ですので、その責任感を持って、仕事に向きあいましょう。

スポンサードリンク

電車運転士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング