電算写植オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>電算写植オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

電算写植オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

densan

電算写植オペレーター 仕事の年収・月収

現在、電算写植オペレーターは、よく似た職業であるDTPオペレーターとの違いが曖昧になりつつあります。その為、電算写植オペレーターの収入はDTPオペレーターの収入としてデータが残されており、それによると年収では平均660万円、月収では平均43万円となっています。
特に現在ではDTPへの移行が進んでいる会社も多く、電算写植オペレーターからDTPオペレーターへと転身を遂げる人も多い状況です。加えて境界線が曖昧になっており、DTPオペレーターと同一視する動きも有ります。

スポンサードリンク

電算写植オペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、専用のマシンが必要となる電算写植システムよりも、WindowsやMacで動作し、安価に調達出来るDTPへの移行が全体的に進んでいるという状況があります。その意味では、電算写植オペレーターという職業は、今後消える職業ということが出来るかもしれません。
ただし、DTPに比べて極めて融通の効く電算写植システムは、現在も相当のニーズがあるそうです。そのため、電算写植オペレーターという言葉はなくなるかもしれませんが、DTPオペレーターが扱う特別なスキルの一つとして、電算写植システムは残り続けていくといえます。その意味では、職業そのものは消える職業でも、そのスキルは無くならないといえます。

電算写植オペレーター 仕事の将来性・安定性

まず安定性ですが、その働き方によります。正社員として働いていればそれなりに安定した立場と収入を得ることが出来るでしょう。
ただし、電算写植オペレーターをDTPオペレーターと同一と考えると、正社員として働く場合は、どこかでグラフィックデザイナーへの転身を求められるといいます。徹頭徹尾、電算写植オペレーターとして働きたい場合は、どこかで働き方を切り替える必要があるといえます。
将来性に関しても同様で、ある年齢を過ぎたところで、正社員として働いている人の場合は、次のステップとしてグラフィックデザイナーへの転身を意識しなければならないようです。そのまま転身し収入がアップすれば、将来性に関しては悪くないのではないか……といえます。

電算写植オペレーター 仕事のやりがい・本音

電算写植オペレーターが作成するものは、印刷物です。そのため、作成したものが多くの人の目に触れやすく、自身が綺麗に仕上げたものが店頭に並び、街の一角を飾っているのを見た時、とても大きなやりがいを感じるといいます。
また、電算写植オペレーターの持つ電算写植のスキルは、DTPオペレーターのスキルとは異なり、より写植に特化した、DTPよりも融通の効くスキルです。そのため、未だ業界でのニーズが高く、電算写植のスキルを持ったオペレーターは重宝がられる傾向があるようです。このような希少なスキルを持っているという点も、やりがに繋がる……という本音を持っている方もいるようです。

電算写植オペレーター 仕事の良い点

WindowsやMacで動作するDTPソフトに比べ、電算写植システムの方が日本語の写植を行うのに適しており、かなりの融通が効くというメリットがあります。その電算写植システムを扱えるということが、電算写植オペレーターの良い点といえます。電算写植はDTPに比べて使える書体が多く、数式と和文が混在したページを満足に出力出来ない等の制約があり、そういった理由から、DTPが主流となっても、未だ電算写植のニーズが尽きないのです。
加えて、電算写植オペレーターをやっていて身につくスキルは多種多様です。パソコンやコンピューターを扱うスキルはもちろんのこと、文章の構成力や国語力、フォントの知識など、幅広いスキルが身につきます。仕事をしていく上で少しでも色々なものを身に着けたい人にとっては、良い点であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

電算写植オペレーター 仕事の悪い点

DTPオペレーターとの境界が曖昧になりつつある電算写植オペレーターですが、近年では印刷物だけではなく、電子書籍や他のメディアを利用した出版物の作成など、従来の印刷物に囚われない活躍が期待されている職業です。そういう意味では、書籍や印刷物にこだわって仕事をしていきたい人にとっては、その他の部分でも活躍しなければならないというのは、悪い点といえます。
また、DTPオペレーターと同じく、長く続けることの出来ない職業であると言われています。 一つの会社にいつづける場合は、どこかのタイミングでグラフィックデザイナーやディレクターなどへの転身を迫られることでしょう。オペレーターとして働き続ける事もできなくはないですが、その場合はフリーランスで働く以外に続ける方法はないと言われています。これもまた、悪い点といえます。

電算写植オペレーター 仕事の内容

電算写植システムを利用して印刷物の原盤の文字部分を作成していくのが電算写植オペレーターの仕事になります。現在、写植の作業は安価なDTPを利用したものが主流になりつつありますが、電算写植システムはDTPに比べて数々のメリットがあり、その電算写植システムへのニーズは未だ高い状況です。
現在では電算写植システムにもDTPに近い機能が数多く実装されており、電算写植オペレーターとDTPオペレーターの境界線が曖昧になってきています。

電算写植オペレーター 仕事に必要な資格

電算写植オペレーターになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、職業訓練校や専門学校などで写植の知識や電算写植システムのスキルを身につけた後、企業に就職するケースが一般的です。近年ではDTPオペレーターとの境界が曖昧なこともあり、WindowsやMacなどパソコンに関する知識、DTPソフトの操作スキル等も身につけておいたほうが良いでしょう。
また、将来の転身の事を考え、芸術大学などで知識を身につけておくと、電算写植オペレーターとしての経験を積んだ後にデザイナーとして成功しやすいといえます。

電算写植オペレーター 仕事に必要なスキル

まずは、電算写植システムやパソコンの操作スキルが必要なスキルになります。それらのオペレーターとして働くわけですから、操作スキルは必須といえます。
また、日本語の出版物を作成する仕事なため、基本的な文章校正スキルも必要なスキルといえます。その場で素早く、日本語の誤りの訂正や文章構成を行える作文力があれば、そのオペレーターは重宝されることでしょう。
加えて、一度に相当数の印刷物を作成する必要が有るため、誤字脱字や画像のズレといった些細なミスが大損害に繋がるケースがあります。そういった細かなことに気がつく性格もまた、必要な素養といえるでしょう。

電算写植オペレーターの仕事のまとめ

現在ではDTPオペレーターと同一視される傾向があるとはいえ、専門のシステムを使う電算写植オペレーターは、より専門性の高い職業であるといえます。
DTPほど安価でつぶしの効くスキルではありませんが、その分写植に特化し、DTPよりも融通の効く電算写植システムは、業界のニーズも高く、それを扱える電算写植オペレーターのニーズは今も高いと言われています。
現在は出版業界の不況の煽りを受け、出版物だけにとらわれずに活躍することが求められています。特にweb界隈においては、出版物の作成で培われた、見やすい構成を作る、見やすいフォントを選定するといったスキルが大いに役立つことでしょう。
DTPオペレーターと共に、次のステップに進むことが期待されている職業ということも出来ます。今まさに生まれ変わりつつある職業の一つとまとめることが出来るかもしれません。

スポンサードリンク

電算写植オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング