電器店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>電器店員の仕事の年収・やりがい・本音

電器店員の仕事の年収・やりがい・本音

電器店員 仕事の年収・月収

電器店員の収入は会社や働き方によって上下します。大手の家電量販店に勤務する電器店員の場合、年収で平均約440万円、月収で約30万円というデータがあります。あくまで大手の量販店の場合の目安です。
以前では年収で約480万円だったのですが、そこから緩やかに下降し、現在では約440万円にまで落ち込んでいます。以前に比べてamazonなどのネット通販にて家電を購入する人が増えたことによる、実店舗の売上の低下が理由と言われています。

スポンサードリンク

電器店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年、電器店はネット通販に押され気味の業界と言われています。消費の回復や企業の統廃合を繰り返したことで一旦回復の兆しは見せていますが、それでも苦しい現状に変わりはありません。
今後もこの状況は続くと予想され、さらに厳しい状況となることでしょう。大手の電器店が家電の販売から路線変更をしつつある状況もあります、
そのため、電器店員という職業が今後なくなっていくことも充分予想できます。所属する電器店が路線変更をそのままし続けた場合は、電器店員は消える職業といえるのかもしれません。

電器店員 仕事の将来性・安定性

電器店員の仕事の将来性、安定性ともに現状では厳しい物があると言わざるを得ません。
まず安定性に関しては、働き方にもよりますが、現在では電器店の実店舗数が縮小傾向にある関係上、その実店舗で働く電器店員の人数も今後削減されていく可能性はあります。また街の電気屋さんで働く電器店員の場合も同様に、今後厳しい状況が続くと予想されています。
将来性に関しても同様に、現在電器店員の仕事の収入が減少傾向にあります。一時期持ち直しましたが、今後も回復するかどうかは分かりません。この状況では、将来性があるとは言えないでしょう。

電器店員 仕事のやりがい・本音

多くの電器店員が、仕事のやりがいとして『色々なお客さんと接し、感謝されること』を挙げます。ネット通販と実店舗で異なる部分は、実際に店員がお客さんに対して商品説明を行い、会話を行いながら商品を販売するところです。そのため、実際にお客さんと会話して、お客さんが求める商品を探す、あるいはさらに素晴らしい商品をお客さんにおすすめするという事は、電器店員だけが持ちえるやりがいといえます。実際に購入したお客さんから『きみから買ってよかった』と言って頂ける機会も多く、その点に仕事のやりがいを感じるという本音を漏らす方も非常に多いです。

電器店員 仕事の良い点

多くの方が、最新の家電製品に触れる機会が多いという点を良い点として挙げています。電器店員になる方は家電製品が好きな方がやはり多く、最新の家電製品に触れる機会が多いというのは、それだけでうれしいようです。
また、お客さんに標品説明をして買っていただくというプロセスがあるため、自然とプレゼン能力が身につくといいます。その点を仕事の良い点として挙げる方が非常に多いのも特徴です。

電器店員 仕事の悪い点

大手の家電量販店の場合、社員たちに販売のノルマが課されている場合が多いようで、そのノルマが達成出来なかった場合は収入や成績に響くケースもあるようです。穏やかな気持で仕事をこなしたい人にとっては、仕事の悪い点といえるでしょう。
また現在では、電器店員の方も長時間の労働を強いられるケースが多いようです。公共の交通機関を使って通勤している方の場合はかなり苦労をしているようで、その点も電器店員の仕事の悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

電器店員 仕事の内容

基本的には、家電量販店で家電製品を発売したり、持ち込まれた故障した家電製品を修理したりするのが、電器店員の主な仕事の内容です。
業界の動向に注目し、テレビやエアコン、冷蔵庫やパソコンなど様々な家電製品を仕入れ、それを来店したお客さんに販売します。時には商品説明を行う必要もあります。
近年ではインターネットの回線や携帯電話の販売なども行っており、家電だけでなくサービスの販売も行っている店舗が増えています。

電器店員 仕事に必要な資格

電器店員になるのに必要な仕事の資格は特にありませんが、電気工事士の資格を持っていると有利と言われています。また、家電製品協会が行っている認定試験『家電アドバイザー』『家電製品エンジニア』を取得しておくと、後々有利なようです。
なり方ですが、求人を打ち出している家電量販店に就職したり、非正規でよければアルバイトや派遣社員として家電量販店に入って……という方法があります。派遣会社を通してであれば常に募集がある状況なので、電器店員になること自体はさほど難しくはないようです。

電器店員 仕事に必要なスキル

まず、家電製品の商品知識が必要に必要なスキルになってきます。常に新製品が出てくる業界ですから、その度に新しい商品知識を身に着けていく必要があります。
加えて、その商品知識をお客さんに分かりやすく的確に伝えるスキルも必要なスキルといえます。近年ではその点を期待してお店に足を運ぶお客さんがほとんどですから、このスキルも今後はさらに重要性が増すといえます。
そこから発展して、お客さんとの値段交渉が非常に多い業界でもありますから、交渉力が必要になる場合もあるでしょう。

電器店員の仕事のまとめ

近年、苦境に立たされている職業も最たる例といえます。ネット通販の隆盛によって割を食った部分が非常に多く、家電業界全体が縮小傾向にあります。
各企業それぞれが生き残りをかけて、路線変更や業界再編を行っており、電器店員は今、岐路に立たされているといえます。
労働環境も中々厳しい部分はありますが、他の小売業とくらべてお客さんとのコミュニケーションの割合が大きく、『ありがとう』と言われる機会が多い点は魅力です。他の小売業でもお客さんからの感謝の言葉がやりがいと答える方が多いことも有り、電器店員はそのやりがいを感じるケースが非常に多いというのも魅力です。
『苦しい立場ながら、やりがいも大きい仕事』というのが、電器店員という仕事のまとめといえるかもしれません。昨今では色々と厳しい業界ではありますが、やりがいを感じる機会が絵多いという点では、とても魅力的な職業といえそうです。

スポンサードリンク

電器店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング