乳製品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>乳製品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

乳製品製造工の仕事の年収・やりがい・本音

dairy-products-manufacturing-processes

乳製品製造工 仕事の年収・月収

乳製品製造工の収入は全体の平均に比べ、やや低い傾向があります。年収でいうと平均約350万円、月収では約25万円となっています。就業している人の平均年齢が約42歳という点から考えても、そこまで高い収入とはいえません。
また近年では、業界全体がやや縮小傾向にあるため、その影響もあって収入がやや低いようです。
収入が低い場合、残業代で収入アップを図るという手段がありますが、基本的には繁忙期以外はあまり残業は発生しないようです。

スポンサードリンク

乳製品製造工の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、乳製品の原料となる生乳の価格が上昇し、必然的に乳製品全体の価格が値上がりしている傾向があります。それに加え、消費者のニーズの多様化等から、業界全体の経営状態が悪化しており、この傾向は今後も続くと予想されています。
ただし、ただし乳製品そのものは食生活においては不可欠な存在ですので、乳製品製造工のニーズそのものは消えることはないと思われます。そのため消えない職業といえるでしょう。乳製品がこの世からなくならない限り、乳製品製造工が消える職業となることはないと思われます。

乳製品製造工 仕事の将来性・安定性

働き方にもよりますが、安定性はかなり高いといえます。というのも、閑散期というものがあまりなく、常に一定の需要がありつづける製品が乳製品だからです。確かに夏から秋にかけて繁忙期となりますが、それ以外で商品があまり売れない閑散期というものがないため、安定して仕事を行える環境であるといえます。
将来性に関しては中々難しいでしょう。業界全体の経営状態の悪化や、今後安価な輸入品が増えてくるという現状、そして機械導入による人件費の削減など、乳製品製造工の仕事には中々大変な将来が待っているようです。

乳製品製造工 仕事のやりがい・本音

乳製品製造工の仕事は、チームワークが基本です。日々の仕事の中で『こうするともっといいと思うのに……』ということをチームのみんなで話し合い、それが品質や数字となって結果が出た時、やりがいを感じるという人がいらっしゃいます。
また、乳製品製造工が作る製品はアイスクリームやチーズ、バターなど多岐に渡っています。自分が大好きな乳製品を作る事ができることがとてもうれしい……という本音を持っている方も多いようです。

乳製品製造工 仕事の良い点

他の職業に比べると、比較的安定した需要が見込める職業であるという点が良い点といえます。世の中の職業の中には、繁忙期と閑散期の差が激しく収入が安定しない職業も多い中で、ある程度安定した収入が見込めるのは魅力的です。繁忙期以外には残業もあまりないので、その点も良い点といえるでしょう。
また、地味ではありますが作業そのものは淡々としたものが多いようです。そのため、一つの作業を集中して行うのが得意な人にとっては、これは良い点といえそうです。

乳製品製造工 仕事の悪い点

現在の時点で、将来性にあまり明るい材料がないところが悪い点といえます。全体的な経営状態の悪化や安価な輸入品の台頭、併せて近年では製造作業も自動化が進んでおり、乳製品製造工の人数そのものがやや減少傾向にあります。なんとしてもこの仕事で働きたい人にとっては、悪い点といえるでしょう。
また、その収入の低さも悪い点といえます。乳製品に対するニーズも良くも悪くも安定しているため、残業代で収入アップを図る……といったプランが立てづらいのも大変です。これは、しっかりと収入を得たい人にとっては悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

乳製品製造工 仕事の内容

乳製品製造工の仕事内容は、飲用牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリームといったありとあらゆる乳製品を製造することです。
飲用牛乳の場合は、生乳を加熱殺菌した後に紙容器や瓶に包装するという流れになります。その他の乳製品に関しては、生乳に砂糖や香料を追加したり、乳酸菌を加えて発酵させるという手順が加わります。
熟練の手作業が必要になる工程もありますが、近年では生産ラインで自動化されている作業も多くあります。

乳製品製造工 仕事に必要な資格

乳製品製造工になるのに必要な資格は特にありません。職についた後、仕事に必要な知識や技術はある程度研修で身に着けた後に、現場に入るのが一般的なようです。
また、『公害防止管理者』『危険物取扱者』『一般計量士』『衛生管理者』といった資格を取得しておくと、後々有利になると言われています。
なり方ですが、基本的には学校を卒業したのち、工場に就職する、もしくは募集がかけられている工場に応募するといったことが一般的です。

乳製品製造工 仕事に必要なスキル

何と言っても扱うものが食品ですので、衛生観念は重要といえます。必須なスキルともいえるでしょう。他の食品工場で働いていた経験があれば、その時の経験が活かせるといえます。工場によっては『食品衛生管理者』の資格取得を義務化しているところもあるようです。実務経験が必要ですので実際に取得するのは職についてからのケースが多いようです。
また、仕事そのものは大変地味でコツコツとすすめることが重要で、正確性も非常に重要視されるため、集中力と根気が必要と言われることもあります。

乳製品製造工の仕事のまとめ

何と言っても扱うものが食品ですので、衛生観念は重要といえます。必須なスキルともいえるでしょう。他の食品工場で働いていた経験があれば、その時の経験が活かせるといえます。工場によっては『食品衛生管理者』の資格取得を義務化しているところもあるようです。実務経験が必要ですので実際に取得するのは職についてからのケースが多いようです。
また、仕事そのものは大変地味でコツコツとすすめることが重要で、正確性も非常に重要視されるため、集中力と根気が必要と言われることもあります。

スポンサードリンク

乳製品製造工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング