大工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>大工の仕事の年収・やりがい・本音

大工の仕事の年収・やりがい・本音

daiku

大工の年収・月収

大工の年収・月収は、成功報酬となっており固定給ではありません。
大工は、個人事業主となっている場合や、自分自身で工務店を経営しているケースがほとんどです。

このため、ひとつの一戸建て住宅の建築案件ごとに大工は請負契約を結んで、報酬を決めることになります。
ですから、1年間をとおして一戸建て住宅の建築について、請負契約件数が多ければ大工の年収や月収は増えていきますし、
請負件数が少なければ年収や月収も少なくなります。

もちろん親方や工務店に雇われて修業中の大工は、サラリーマンです。
その場合は、統計によると、大工の平均年収は350万円前後。平均月収は25万円から30万円くらいです。

スポンサードリンク

大工は消える職業?消えない職業?

大工が消える職業か消えない職業かという点については、消えない職業と言えます。
現代の一戸建て住宅は、建築プロセスにおいてかなり自動化や効率化が進んでいますが、その半面住んでみて不具合を感じることも少なくありません。

一方、大工が建築現場で手作業で作り上げる一戸建ての注文住宅の場合は、大工が1本ごとの木材の特質を見抜いて、かんなのかけ方など繊細な配慮をしながら作業を進めます。
繊細な作業プロセスを経ると、断熱材が壁にぎっしりと詰まった状態となりますし、床もきしみがない完成度の高い一戸建て住宅が完成するのです。
ですから、大工という職業が、消える職業なのか消えない職業なのかといえば、消えない職業なのです。

大工の将来性・安定性

大工の将来性・安定性という点では、まさに一人ひとりの技術力次第と言えます。
技術力が高ければ、多くの施主から声がかかりますから将来性は高いです。

そして、技術力が低い大工に、自宅の建築を依頼する施主は少ないですから、技術力の低い大工の将来性は、低くなります。

なお、一戸建て住宅の建築数というのは景気に比例します。
景気が良ければ住宅建築数が増えて、大工の受注数も増えますし、
景気が悪ければ住宅建築数は減少して、大工の受注数は減少しますから、大工の仕事は、景気に連動しますので安定性は低いと言えます。

大工の仕事のやりがい・本音

大工の仕事のやりがいは、一戸建て住宅が完成したときに、注文主から喜ばれて感謝されるときに感じます。それが本音です。
一戸建て住宅の建築工事については、現代では大工の関わり方はさまざまなわけですが、やはり建築士と一緒になって設計段階から関わって、
木材の選定や、壁紙の選定など、建築プロセス全てに関わったうえで無事に完成させて、施主から感謝されたときの喜びはなんとも言えません。
この瞬間に、大工という仕事のやりがいを感じるのが本音なのです。

大工の仕事の良い点

大工の仕事の良い点は、サラリーマンという立場ではなく、独立した個人事業主であったり、工務店の経営者という独立した立場で仕事ができる点にあります。
自己責任の立場で仕事をするので、仕事を受注できるか否かは自分の技術力次第ですが、その半面、仕事の受注状況や自分に対する評価について、自分自身でも納得できます。
腕次第で、収入は高額となります。また、注文主と直接対話をしながら仕事を進めることができる点も、大工という仕事の良い点です。

スポンサードリンク

大工の仕事の悪い点

大工の仕事の悪い点は、大工の立場が個人事業主であったり、零細工務店の経営者という弱い立場であることです。
このため、どうしても仕事の受注量は、基本的には景気の影響を受けます。

例えば、2013年の前半は、消費増税前の駆け込み需要がすさまじく、一戸建て住宅の建築ラッシュの状況で、
大工は仕事を抱え込み、まったく休みを取れない状況でした。

ところが、2014年4月に消費税が増税されると、一戸建て住宅の建築需要は落ち着いて、大工の受注状況は悪化してしまったのです。
これが、この仕事の悪い点です。

大工の仕事の内容

大工の仕事の内容は、主に住宅建築です。棟梁のもとで修業して、木造建築に関する知識と経験を身につけて木造住宅建築に取り組みます。
単に設計をして建築作業をするのではなく、水や空気・電気の性質と各種設備の性質をアタマに入れて設計作業や建築を進めます。

さらに、大工の棟梁であれば、チームマネジメントも行います。
それに、建築関係の法令の知識も身につけて、建築基準法などの法令に違反していないかもチェックしながら作業を進めるのが、大工の仕事の内容です。

大工の仕事に必要な資格

大工の仕事に必要な資格は、とくにありません。
就労にあたって法的に義務付けられている資格はありません。

また、大工としての技能を示す資格として「大工技能士」という資格が1級から3級まであります。
ただし、どの職業もそうでしょうが、大工という仕事に求められるのは技術力です。

技術力を身につけるためには、親方(棟梁)のもとで修業を積むことが必要です。
能力を認められれば3年程度で建築現場を任せてもらえますので、そうなると一人前の大工という位置づけとなります。

大工の仕事に必要なスキル

大工の仕事に必要なスキルは、建築物の構造を組み立てる技術力です。
そして、設計段階で緻密に計算されて、木材が工場で加工されても、現場で組み立て作業に入るときは、木材を組み立てる技能や知識がなければ、作業がうまくいきません。

具体的な組み立て作業においては、かんなやノミを使いますので大工には手先の器用さも求められます。
また、材木を運んだり、組み立てますから、体力は必要ですし、棟梁の立場としては、他の大工をまとめるスキルも必要です。
これらが、大工の仕事に必要なスキルなのです。

大工の仕事 まとめ

大工の仕事は、仕事の結果次第で、注文主の生活環境が満足のいくものとなりますし、逆に満足のいかない住宅ともなりえます。
あの大工は腕が悪いなどという評価を得てしまえば、もう仕事はまわってきません。

そうならないためにも、現場を任される棟梁格の一人前の大工となっても、日々の自己研鑽が必要な仕事です。
また、住宅建築という仕事は、とてもクリエイティブな仕事でもあります。そういった創造的な精神の強い人にとっては、向いている職業です。

スポンサードリンク

大工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング