コピーライターの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>コピーライターの年収・やりがい・本音

コピーライターの年収・やりがい・本音

コピーライター 仕事の年収・月収

コピーライターの仕事の月収は、大学卒の場合およそ20万円から30万円、年収はおよそ300万円から500万円となります。
コピーライターは欧米の影響で年俸制になっていることも多く、12ヶ月に分けて支払う企業も増えてきています。
働く期間が長くなるほど年収も上がる傾向にあり、中小企業でも平均すると年収500万円ほどです。博報堂などの大手企業になると年収1000万円以上を得ることも可能です。

スポンサードリンク

コピーライターは、消える職業?消えない職業?

コピーライターは今後も消えない職業です。コピーライターは雑誌やテレビなど、マスに対してのイメージ戦略から、現在はスマートフォンやコンピューターの普及により、個人に情報を届けるダイレクトなコピーが求められるようになってきました。
リーマンショックの影響で一時期は広告業界も低迷していましたが、2012年頃には回復し始めているため、コピーライターは消えない職業ですが厳しい状況が続いています。

コピーライター 仕事の将来性・安定性

コピーライターの仕事の将来性について、これまでのテレビや雑誌以外にも幅広い知識が必要で、インターネットやその他デジタル系媒体への対応が求められます。
コピーライターはより高度なマーケティングの知識が求められており、そのノウハウを生かすことで活躍することができ、安定性のある収入を得ることも可能です。常に新しいことへ挑戦し続けることで将来性にも期待できます。

コピーライター 仕事のやりがい・本音

コピーライターの仕事のやりがいは、自分の担当した広告が完成して多くの人に影響をあたえられた時にやりがいを感じます。
コピーライターはセンスや知識が求められる仕事でもあるため、デザイナーやプランナーと共に広告を作り上げます。
そうして出来上がった広告によって商品が売れるとスポンサーや広告主からも評価されますが、結果が出なかった場合は評価も下がり、多くの損失が出てしまうのが本音です。

コピーライター 仕事の良い点

コピーライターの仕事の良い点は、自分の作った広告やキャッチコピーが不特定多数の人に見られることで生活に影響を与えられる点です。
コピーライターが作った広告やコピーによって商品が爆発的に売れたり、来場者が増加したり、目に見える変化があるのが良い点となります。
また、結果を残して有名になると多くの収入を得ることも可能で、フリーランスとして活躍できることも良い点です。

スポンサードリンク

コピーライター 仕事の悪い点

コピーライターの仕事の悪い点は、あらゆる知識と経験が重要となり、誰でも手軽にできる仕事ではない点です。自由に広告を作ることはできず、スポンサーや広告主の求める成果物を作らなければなりません。
さらに、それがしっかりとターゲット層に伝わるような広告でなければなりません。一つの仕事が終わるまでは夜遅く働くことも多く、体力も求められるのもコピータイターの悪い点です。

コピーライター 仕事の内容

コピーライターの仕事の内容は、あらゆる広告を作り上げる仕事で、テレビCMやビルの壁面広告、商品のパッケージに至るまで様々なものが仕事の対象となります。
コピーライターは広告代理店に勤めて仕事を行い、広告主やクライアントと相談しながらコンセプトを決めて企画を製作します。そのほか、実際に使うコピーを考えたり、ライティング業務を兼任する場合もあります。

コピーライター 仕事に必要な資格

コピーライターの仕事に必要な資格は特になく、技能試験や認定試験はありません。未経験から始めることができ、実際に仕事をしながら必要な知識を学びます。
コピーライターは資格が必要ない分、企業への就職競争率も高く、大手広告代理店に就職するのは非常にハードルが高くなっています。
また、「コピーライター養成講座」を受講してスキルアップをすることで、転職にも有利になります。

コピーライター 仕事に必要なスキル

コピーライターの仕事に必要なスキルは、クライアントの要望をしっかりと理解するためのコミュニケーションスキルと理解力、そしてコピーを生み出すセンスです。
コピーライターはクライアントが抱える問題を整理し、それを解決するよう企画を立てて広告を作りあげます。そのためには魅力的なコピーが求められるため、人の心に響く文章や言葉をたくさん生み出すスキルが必要となります。

コピーライター 仕事のまとめ

コピーライターの仕事は、クライアントや広告主からの依頼でコピーを作り、広告を作り上げて世に出します。広告にはテレビCMや雑誌、Web媒体から商品パッケージまで様々なものがあり、それを見た人が感動したり印象に残るような物を作る仕事です。
コピーライターになるための資格は無く、広告代理店に就職して経験を積み仕事をしていきます。結果を残し有名になれば多くの年収を得られるようになる仕事です。

スポンサードリンク

コピーライターの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング