調理師の年収は年齢の10倍位。独立すればいい目も見れるかも。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>調理師の年収は年齢の10倍位。独立すればいい目も見れるかも。

調理師の年収は年齢の10倍位。独立すればいい目も見れるかも。

調理師の仕事の年収・月収

調理師の仕事の年収は、15万円から20万円、年収は200万円から250万円ほどとなります。また、仕事を始めて見習いの場合には10万円程度となる場合もあります。
調理師は仕事をするお店や会社によっても年収は異なりますが、年齢の10倍程度の収入が一般的です。また、店舗を構えることができれば年収1000万円を目指すことも可能です。

スポンサードリンク

調理師は、消える職業?消えない職業?

調理師は今後も消えない職業です。調理師は食を支える職業として必要とされており、外食産業や学校の給食まであらゆる場面で必要となります。
規模の大きな店舗では複数の調理師を雇い入れるため、働く場所に困ることはないでしょう。
また、自らお店を開くこともできるため調理を行う仕事として重宝されており、今後も消えない職業となります。

調理師の仕事の将来性・安定性

調理師の仕事の将来性は高く、最初は見習いとしてお店に入り、仕事を続けて技術を磨いていきます。経験を積み技術が認められると、料理長や責任者としてその店の調理責任者を目指すことができるため将来性があります。
調理師はお店や企業に勤めることで安定性のある収入を得られますが、自らお店を開業する場合は収入も不安定になることがあります。

調理師の仕事のやりがい・本音

調理師の仕事のやりがいは、自分の作った料理を美味しいと喜んでくれた時にやりがいを感じます。
調理師はホテルやレストランなど、人の集まる場所で料理をします。味以外にも料理の見た目や香りも含めて楽しんでもらえるように工夫することで調理師のやりがいにつながります。
しかし、見習いのうちは任せてもらえる仕事も少ないのが本音で、何年も修行して技術を学ばなければなりません。

調理師の仕事の良い点

調理師の仕事の良い点は、自分の調理の技術を生かせる点で、腕がよければ有名料理店で働くこともできたり、料理長として現場を任せてもらえるようにもなります。仕事を一生懸命していると包丁技術が上がる。業務用の調味料や質の良い食材を知る事が出来、調理の過程からレシピが把握できて自宅でお店の味を再現出来る。味見という名のつまみ食いし放題で、珍しい食材も口に入る。厳しくしごかれるので精神面に耐性が付く。ご飯は店のまかない料理で済ますことが多く食費が安くすむ。

自分の作った料理を食べてもらって、「美味しかったよ」とお客様に言ってもらえると感動する。人の心のあたたかさを感じることが多く、食べることは生きることだと思うとその食べ物を作る意義深い仕事だと思う。遊びで付き合える頭の軽い女性と知り合える機会が多い。
調理師は独立開業をして自分の店を持つこともでき、仕事をする場所や環境が多いことも良い点です。見習いの時期は収入も少なく厳しいこともありますが、修行を積めば理想の店を作れることも良い点です。

調理師の仕事の悪い点

調理師の仕事の悪い点は、見習いとして働く期間は収入も低く与えられる仕事も限られている点です。3年目くらいまでは人として扱われない事が多い。世の中の人が休んでいる時や遊んでいるときに多忙なため、友だちがいなくなる。調理師として働く拘束時間が長く7時から24時ぐらいまでになる時も多い。人員が少ないことが多い病欠できにくい。休みも少なく、休憩時間も短い。基本的に立ち仕事のため体力が重要となることも悪い点です。給料の安さや体罰という限度を超えたシゴキが日常的に有るのは悪い点ですね。カウンターで働かないとお客様の顔が見れない。

慢性的な人不足なため、その対策として寮が完備されているところが多いが、防音や断熱処理がされていないため居住環境は良くない。入寮するならば、事前に洗濯機、冷蔵庫、炊飯器など日常で利用する家電製品が揃っているか確認しておく事が大事。退出する際に退出料金として高額な金銭を要求される事もあるので、この点も事前に確認しておくと良い。包丁など自前で用意しないといけないものが多くあるため、道具の用意だけで結構な金額の出費を迫られる。

店にもよるが労働時間に関しても大抵の場合で二部制をとっており、お昼休憩に二時間〜三時間にも及ぶ中空けが生じるため、一日を通して気が休まる事が少ない。休みも不定期でイベント等があると七連勤は当たり前で自由に休みを取る事も許されない。
また、調理師は衛生管理も徹底しなければならず、店舗の清掃から自身の体調管理まであらゆる面に意識しなければなりません。ディナータイムやランチタイムなど、忙しい時間帯もあるため秒刻みで作業をこなさなければならないことも悪い点です。

働く環境が狭い空間が多いので、一旦、同僚との仲が悪くなると、互いにピリピリし過ぎ、誰かがすぐ辞めていく。そしてもっと忙しくなり、仕事が大変になる。この悪循環が続くことが多い。

スポンサードリンク

調理師の仕事の内容

調理師の仕事の内容は、レストランやホテル、学校や病院の食事を作る仕事です。食材を調理して料理を作りお客に提供します。その日にどれだけ食事が売れるか予想して材料の準備をします。あれをやりながらこれをやってという感じで、他の部下の仕事もチェックしながら的確な指示を出します。調理師は調理のほか、店舗の衛生管理や新メニューの開発、食材の仕入れなども行い、店舗運営にも関わるようになります。調理師の仕事には終わりがないため、ずっと学び続けなければならない仕事です。

調理師の仕事は大きく分けると、食材の加工、調理、盛り付け、片付けになります。初めのうちは先輩から指示されて色々運んだり、片付けといった雑用が主です。雑用も料理長やカウンターの人やら、あらゆる人たちからいきなり命令さるため器用にマルチ処理することが必要です。
料理の素材や調味料なども何処にあるのか全て把握しておかないと直ぐに持って行けないので、倉庫や冷蔵庫、食器の置き場も全て把握が必要です。盛り付けを頼まれる際には全てのメニューを頭に叩き込んでおく必要がある。

具体的な仕事内容としては、フレンチやイタリアンレストランの場合、調理場の準備、料理の仕込み、営業中は仕込んだ物を整え、火を使って調理をする。片付けする。一日の労働時間は短くて14時時間、長くて19時間を超える。休憩は10分から30分と短い。

寿司屋の場合の具体的仕事内容は、魚の仕込、卵焼きを銅板で焼く。大根のつま剥き。葱、生姜などの薬味を作る。宴会があればカニをほぐしたり、賄い作る。カウンター越しの接客 。出前など。寿司屋には有名人や社長、スポーツ選手などが多く来るので人脈ができやすいですね。1年目から魚をさばくこともさせてもらえるので、将来独立したい人には良いでしょう。

調理師の仕事に必要な資格

調理師の仕事に必要な資格は、調理師の資格です。調理師の資格を取得するためには、調理師の養成所や専門学校を1年以上学び卒業することで無受験で調理師免許を取得できます。また、飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格することでも資格を取得できます。
調理師の資格を取得しなくても仕事に就くことはできるため、実務経験を積んでからでも調理師の資格を得られます。

調理師の仕事に必要なスキル

調理師の仕事に必要なスキルは、長時間立ち仕事をするための体力と調理の技術です。特に調理の技術が無ければ安全で美味しい料理を作ることができず、調理師としての活躍の場もありません。
また、給食や病院など、決められた費用の中で調理しなければならない場合もあるため、食材費を抑えつつ満足できる料理を作る創作スキルも必要になります。

調理師の仕事のまとめ

調理師の仕事は、レストランやホテルなどで食材を調理して料理を作ります。見習いの時期には与えられる作業も限られており、経験を積んで技術を習得することで徐々に調理に関する作業も増えていきます。
調理師は調理のほか、店舗の衛生管理から食材の買い付けなどの運営面にも関わるようになり、料理長や責任者としてステップアップしていきます。

スポンサードリンク

調理師の年収は年齢の10倍位。独立すればいい目も見れるかも。に関連する記事

人気記事ランキング