調理師の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>調理師の年収・やりがい・本音

調理師の年収・やりがい・本音

調理師 仕事の年収・月収

調理師の仕事の年収は、15万円から20万円、年収は200万円から250万円ほどとなります。また、仕事を始めて見習いの場合には10万円程度となる場合もあります。
調理師は仕事をするお店や会社によっても年収は異なりますが、年齢の10倍程度の収入が一般的です。また、店舗を構えることができれば年収1000万円を目指すことも可能です。

スポンサードリンク

調理師は、消える職業?消えない職業?

調理師は今後も消えない職業です。調理師は食を支える職業として必要とされており、外食産業や学校の給食まであらゆる場面で必要となります。
規模の大きな店舗では複数の調理師を雇い入れるため、働く場所に困ることはないでしょう。
また、自らお店を開くこともできるため調理を行う仕事として重宝されており、今後も消えない職業となります。

調理師 仕事の将来性・安定性

調理師の仕事の将来性は高く、最初は見習いとしてお店に入り、仕事を続けて技術を磨いていきます。経験を積み技術が認められると、料理長や責任者としてその店の調理責任者を目指すことができるため将来性があります。
調理師はお店や企業に勤めることで安定性のある収入を得られますが、自らお店を開業する場合は収入も不安定になることがあります。

調理師 仕事のやりがい・本音

調理師の仕事のやりがいは、自分の作った料理を美味しいと喜んでくれた時にやりがいを感じます。
調理師はホテルやレストランなど、人の集まる場所で料理をします。味以外にも料理の見た目や香りも含めて楽しんでもらえるように工夫することで調理師のやりがいにつながります。
しかし、見習いのうちは任せてもらえる仕事も少ないのが本音で、何年も修行して技術を学ばなければなりません。

調理師 仕事の良い点

調理師の仕事の良い点は、自分の調理の技術を生かせる点で、腕がよければ有名料理店で働くこともできたり、料理長として現場を任せてもらえるようにもなります。
調理師は独立開業をして自分の店を持つこともでき、仕事をする場所や環境が多いことも良い点です。見習いの時期は収入も少なく厳しいこともありますが、修行を積めば理想の店を作れることも良い点です。

調理師 仕事の悪い点

調理師の仕事の悪い点は、見習いとして働く期間は収入も低く与えられる仕事も限られている点です。調理師として働く時間も長く、基本的に立ち仕事のため体力が重要となることも悪い点です。
また、調理師は衛生管理も徹底しなければならず、店舗の清掃から自身の体調管理まであらゆる面に意識しなければなりません。ディナータイムやランチタイムなど、忙しい時間帯もあるため秒刻みで作業をこなさなければならないことも悪い点です。

スポンサードリンク

調理師 仕事の内容

調理師の仕事の内容は、レストランやホテル、学校や病院の食事を作る仕事です。食材を調理して料理を作りお客に提供します。
調理師は調理のほか、店舗の衛生管理や新メニューの開発、食材の仕入れなども行い、店舗運営にも関わるようになります。
調理師の仕事には終わりがないため、ずっと学び続けなければならない仕事です。

調理師 仕事に必要な資格

調理師の仕事に必要な資格は、調理師の資格です。調理師の資格を取得するためには、調理師の養成所や専門学校を1年以上学び卒業することで無受験で調理師免許を取得できます。また、飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格することでも資格を取得できます。
調理師の資格を取得しなくても仕事に就くことはできるため、実務経験を積んでからでも調理師の資格を得られます。

調理師 仕事に必要なスキル

調理師の仕事に必要なスキルは、長時間立ち仕事をするための体力と調理の技術です。特に調理の技術が無ければ安全で美味しい料理を作ることができず、調理師としての活躍の場もありません。
また、給食や病院など、決められた費用の中で調理しなければならない場合もあるため、食材費を抑えつつ満足できる料理を作る創作スキルも必要になります。

調理師 仕事のまとめ

調理師の仕事は、レストランやホテルなどで食材を調理して料理を作ります。見習いの時期には与えられる作業も限られており、経験を積んで技術を習得することで徐々に調理に関する作業も増えていきます。
調理師は調理のほか、店舗の衛生管理から食材の買い付けなどの運営面にも関わるようになり、料理長や責任者としてステップアップしていきます。

スポンサードリンク

調理師の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事