消費生活アドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>消費生活アドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

消費生活アドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音

消費生活アドバイザー 仕事の年収・月収

現在ニーズの高まっている職業ではありますが、消費生活アドバイザーの収入は決して高くはありません。国民生活センターにつとめる消費生活アドバイザーの場合、そのほとんどが非常勤で、週に数回の勤務の場合が多く、収入も年収で150万円未満がほとんどです。
仕事内容と報酬にギャップがあることが度々問題視されており、やりたくても生活の安定のために断念する……という方も増えています。
一方では、企業も消費生活アドバイザーの重要性を認知しており、窓口に欠かせない存在として消費生活アドバイザーを雇用するケースも増えています。企業に就職できれは会社員並の給与はもらえるので、資格を活かした仕事をするなら、企業への就職を考えたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

消費生活アドバイザーの仕事は、消える職業?消えない職業?

消費生活アドバイザーの仕事は、消費者にとって企業と消費者を結ぶ窓口のような存在です。現在の企業活動において不可欠と言っていいほど重要性が高まってきています。また仕事内容は非常に多岐にわたり、機械やコンピューターでは決して替えの効かない仕事でもあります。
そのため、今後も消費生活アドバイザーが消える職業となることはないでしょう。今後も社会の重要なポジションとして消えること無く残っていく、消えない職業であると思われます。
消費生活アドバイザー 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その人の働き方にもよりますがあまり高くはないようです。行政で働く場合は、それだけでは生活すらままならない非常勤、かつ雇われても3年~4年の期間限定……というケースが多く、あまりオススメできない仕事です。会社勤めの場合は、何と言っても正社員ですから、それなりの安定性はあります。
将来性に関しては、比較的高いようです。というのも、行政での待遇が問題視されているのは大都市圏が多く、地方都市では現在、資格を持つ消費生活アドバイザーの需要が高まっており、供給が追いつかない状況が続いています。そのため行政で働きたい場合は、地方都市で職を探す……というのも一つの手です。

消費生活アドバイザー 仕事のやりがい・本音

非常に多岐にわたる仕事を行う消費生活アドバイザーですが、一貫しているのは『消費者トラブルを解決した時、やりがいを感じる』ということです。場合によっては深刻なトラブルに巻き込まれた人の手助けや、不良品を掴まされた消費者の気持ちを相手企業に伝える必要性が出てくる場合もあります。そういった大きなトラブルを解決し、お客様から感謝の言葉を述べられた時、大きなやりがいを感じるようです。
ただ、企業に勤める消費生活アドバイザーの場合は、『どうせあなたもそっち側でしょ』と、こちらが真摯に対応していることを今一信用してくれないケースもあるようで、そのあたりは歯がゆい気持ちを持つというのが本音なようです。

消費生活アドバイザー 仕事の良い点

現在、各企業では『消費生活アドバイザー』の資格取得者のニーズが高まっています。大企業であればあるほど『お客様相談室』が設けられているケースがほとんどですが、そこには出来るだけ『消費生活アドバイザー』の有資格者を置きたいというのが本音らしく、資格取得者を率先して雇用し、社員たちにも資格取得を奨励するケースがよくあります。そのため、資格を取得していれば、会社内で存在感を発揮出来ます。それは良い点であるといえます。
また、消費生活アドバイザーは基本的に人を助けるのが仕事です。そのため人にかんしゃされる機会が多く、その点を良い点として捉える人が多いようです。

消費生活アドバイザー 仕事の悪い点

行政に勤める消費生活アドバイザーにとっては、、その仕事だけでは生活出来ないという点が悪い点といえるでしょう。どれだけがんばっても非常勤で年収は200万円以下、念願叶って働くことが出来ても、3年~4年で解雇……となると、中々行政で働くことの意味がないというのが本音なようです。多岐にわたる仕事内容と給与の釣り合いも取れておらず、それは悪い点といえそうです。
また、相談に訪れる人が持ち込むケースは多岐にわたっています。時にはヤミ金や借金、契約トラブルなど、深刻なケースもあります。そのため、非常に多岐にわたる知識が必要になり、機転の効いた行動を取らなければならないケースも多々有ります。落ち着いて決まった仕事をこなすことが得意な人にとっては、それは悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

消費生活アドバイザー 仕事の内容

基本的には、消費者やお客様からの苦情や相談を解決するのが消費生活アドバイザーの仕事の内容です。行政の相談窓口で働いている人の場合は、相談に訪れた相談者の話を聞き、的確なアドバイスをして、場合によっては相手企業を呼び出して話し合いをさせる機会を作ります。
企業のお客様相談室に勤めている人の場合は、不良品などによるトラブルを共に解決しなければなりません。お客様の話をキチンときき、それが事実かどうかを検証していきます。場合によってはクレームが解決した後、その結果を自社の開発部門に伝え、さらなる品質向上に役立ててもらうところまでが仕事です。

消費生活アドバイザー 仕事に必要な資格

消費生活アドバイザーになるのに必要な資格は特にありませんが、『消費生活アドバイザー』という資格が現在とても重要視されています。受験資格は特に無く、受験料として12,960円かかります。また難易度も比較的高く、合格率が20%前後という狭き門です。
なり方ですが、基本的には学校を卒業したのち、企業のお客様相談室に就職するか、行政の相談窓口に雇用されるかのどちらかです。いずれにせよ、消費生活アドバイザーの資格を取得しておいたほうが、雇用されやすいといえます。

消費生活アドバイザー 仕事に必要なスキル

消費生活アドバイザーに必要なスキルとして、コミュニケーション能力を挙げる人が多いようです。特に相手の話をよく聞く『聞き上手』の素質が必要なようです。
また、正義感と信念の高さが求められるケースも多々あり、それを持っている人の方が、消費生活アドバイザーとして有利なようです。
加えて、相談内容は多岐にわたります。悪徳商法と一口にいっても、キャッチや訪問販売など、その種類によって解決方法は様々です。どのようなケースにも機転を効かせて対応出来る臨機応変さなども求められます。

消費生活アドバイザーの仕事のまとめ

企業と消費者をつなぐ大切な役割として、現在注目を集めているのが、この消費生活アドバイザーという仕事です。
ですが現在、その地位が高いとはあまり言えない状況です。大変な仕事の割に安定しない生活と、仕事内容と吊り合わない収入額など、行政の方ではそれで生活出来ない状況です。
一方、企業の方ではその重要性が認知されており、率先して資格の取得を社員にすすめています。現在、消費生活アドバイザーの資格が注目を集めているといわれる所以です。
難易度の高い資格ではありますが、取得していれば企業に優遇されます。また、地方都市では消費生活アドバイザーの数が足りないという事実もあります。今後ますます存在感を増していくのが、消費生活アドバイザーという仕事なのです。
『期待の星』という言葉が、消費生活アドバイザーという仕事のまとめといえるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

消費生活アドバイザーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング