消える職業?消えない職業?修復家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?修復家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?修復家の仕事の年収・やりがい・本音

conservator

消える職業?消えない職業?修復家 仕事の年収・月収

修復家(ここでは、絵画の修復家について説明する)の仕事は古くなったり痛んだ絵画の修復をする仕事です。あまり就職先がなく、就職できたとしても年収はおよそ200万円と言われています。月収は所属する組織の規模に左右されますし、実力のある職人さんであれば高収入もありえるかもしれません。しかし、他業種と比べてそれほど高給取りの職種とは言えないようです。職人としての実力に応じた収入であるため、年齢があがれば経験・実力につながり年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

修復家の仕事は、消える職業?消えない職業?

修復家とひとことで言っても、その範囲は幅広く、絵画の修復の他に、彫刻など広く美術品を修復する仕事はたくさんあります。修復家は美術品を扱う仕事ですので、消える職業ではないですが、安定して仕事をするには下積みが必要です。グローバル化が進んでいるので、英語で仕事ができれば日本国内だけでなく海外へも活躍の場が広がるでしょう。職人として実力さえあれば世界中で活躍することが可能です。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立して仕事をするかは本人次第ですが、修復家として培ったスキルは国内外で役に立つでしょう。修復家としての実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでに10年程度の下積み期間が必要と言われています。常に自分の実力を磨き、他の会社でも通用するようなスキルを身につけることができれば、ステップアップすることができます。短期間のキャリアよりは、10年程度の長期に渡って腕を磨いた経験があればアピールでき、転職などでも有利に働くでしょう。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事のやりがい・本音

修復家の仕事のやりがい・本音は、美術品の本来の姿を蘇らせることによって美術の世界に貢献できるところにあります。美的センスが高く、根気強く芸術家の意図を再現することに情熱を傾けられる人に向いていると言えます。例えば自分が修復した作品が、有名な絵画の場合などその後何十年に渡り展示され、歴史を刻むということは修復家の最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。それぞれの作品の個性を生かす修復は容易ではありませんが、ひとつしかない芸術作品の保全に貢献できることは修復家のやりがいといえるでしょう。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事の良い点

修復家の仕事の良い点としては、実力さえあれば有名絵画の修復に携わることができます。痛んだ絵画を修復することでその作品の寿命を伸ばし多くの人々の目に触れる、芸術の一端を担う大切な仕事です。じかに貴重な芸術作品に触れ、その価値を高めることができるのは修復家の仕事の良い点と言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事の悪い点

修復家の仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前になるまではどうしても低収入であるという点です。高価かつ貴重な芸術作品を扱うにもかかわらず低収入なのは辛いことですし、耐えられずに転職する人は多いです。また、労働時間が長く、失敗は許されませんのでプレッシャーもあります。もしやりたい仕事があっても、なかなかそれができないこともあるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?修復家 仕事の内容

修復家の仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えば修復家の仕事にも、絵画の種類に応じて油絵や日本画など細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。ひとつの品物を最初から最後まで作るのは珍しいほどですから、どの役割においても、与えられた仕事を十分にこなすスキルが必要です。責任感がしっかりある人物かどうか、根気があるかどうかは修復家の仕事をするにあたって重要です。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事に必要な資格

修復家の仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くの修復家は美大・大学院の専門課程で学び、工房や海外留学を通して修行をします。専門に勉強してきたことをアピールすれば、修復家の工房に弟子入りできる可能性は高まるかもしれません。修復家として仕事を得るには修行が必須ですので、有名な工房で収入が低くてもがんばって勉強させてもらうのが一人前になる近道と言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事に必要なスキル

修復家の仕事に必要なスキルは、技術力と探求心です。作品ごとに修復方法も異なりますし、ひとつしかない作品に細心の注意を払って修復しなくてはなりません。時間のかかる作業ですので、根気があることは必須でしょう。いずれにせよ、クライアントの求める締切りに合わせ、作品を本来の姿に蘇らせるためには常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことは修復家の仕事に必要なスキルです。

消える職業?消えない職業?修復家 仕事のまとめ

修復家の仕事は、美術品を本来の姿に戻す仕事です。組織に属する、独立する、形はさまざまながらも修復家という職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。やりたい仕事をするためにはまず長い下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、信頼を得て修復家として多くの人から認められることが重要です。長い道のりですが、志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?修復家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング