消える職業?消えない職業?指揮者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?指揮者の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?指揮者の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?指揮者 仕事の年収・月収

指揮者の仕事の収入はその実力の認知度によって大きく左右されます。多くの指揮者はオーケストラに所属して給料という形で収入を得ています。ただしその場合でも月収という収入は存在せず、コンサートを行った際の指揮報酬としてお金が支払われます。
同時に、指揮者には出演料も決められており、若手でコンクール入賞実績がある場合では1回20~30万円、知名度が高い指揮者で50万円程度とのことです。これは、自身が所属しているオーケストラとは別のオーケストラで客演という形で指揮を行った際に発生するお金です。
年収でいえば平均は400~900万円ほどで、著名な指揮者の場合は1000万を超えることもあります。逆に、ネームバリューもなく、実績もない指揮者の場合ですと、年収200万という場合もザラです。

スポンサードリンク

指揮者の仕事は、消える職業?消えない職業?

指揮者が活躍するクラシックという音楽ジャンルは、現在こそその人気に陰りが見えてきてはいますが、歴史上、長い間人類に愛され続けてきた音楽ジャンルで、現在も世界的に一定の人気があるジャンルです。
そのため、クラシックという音楽ジャンルが無くなるということは考えにくく、必然的に指揮者が活躍する場がなくなることはないといえます。
そのため、指揮者の仕事は消えない職業といえるでしょう。活躍する場が少なくなってくることも考えられますが、消える職業となることはない仕事といえます。

消える職業?消えない職業? 指揮者 仕事の将来性・安定性

確かな実力と実績を身に付ければ、莫大な収入のアップが見込めるため、指揮者の仕事の将来性に関しては明るいといえます。テレビに出演するような著名な指揮者になれば、年収1000万超えも夢ではありません。
指揮者の仕事の安定性は、本人の実力次第といったところです。有名なオーケストラの指揮者となれば福利厚生も充実し、収入に直結する公演回数も安定しているため安定した収入が期待できますが、そういったオーケストラに所属出来るのは、実績のある限られた指揮者だけです。大抵の指揮者は、指揮者としての収入だけでは生活出来ず、教室を開いて講師としての収入を得たり、複数のアマチュア楽団を掛け持ちすることで生計をたてています。
その為、確かな実力をつけない限りは、指揮者の仕事の仕事の安定性は低いと言わざるを得ません。

消える職業?消えない職業? 指揮者 仕事のやりがい・本音

指揮者はただ公演でオーケストラや合唱団などの指揮を取ることだけが仕事ではなく、事前に曲の時代背景や作曲者が表現したかったことなどを調べあげで勉強し、それをどのように表現するかということを決定して、演奏家たちに伝えるのも仕事の一つです。
そのため、実際の演奏においてうまく自分が目指した音に辿りつけた時、そしてそれを仲間たちが実現してくれた時に、大きな仕事のやりがいを感じるといいます。
また指揮者にとって、演奏家たちは大切な仕事仲間であると同時に、指揮者自身を厳しい目で選定してくる関係でもあります。指揮者の実力不足から、指揮者と演奏家たちの関係が不安定になる場合も多々有ります。
だからこそ、演奏家たちと打ち解けて仲良くなり、『また指揮をして下さい』と言われることに大きなやりがいを感じるという、仕事の本音を答える人もいらっしゃいます。
現在、若手の日本人指揮者として国内外で注目を集める山田和樹さんは、仕事のやりがいとして『練習を重ねていく課程で、オーケストラとの距離が日に日に近づいていくこと』と答えています。

消える職業?消えない職業? 指揮者 仕事の良い点

やはり、実力と実績次第では世界を股にかける活躍が出来るという点は、指揮者の仕事の良い点でしょう。1回の公演で高額の出演料をもらうことが出来、世界中で音楽を演奏する機会に恵まれる職業は、ちょっと他では考えられません。
指揮者の世界は実力主義の厳しい世界ですが、逆に言えば力が認められた人には好待遇が約束された世界でもあるのです。

消える職業?消えない職業? 指揮者 仕事の悪い点

オーケストラのバンドは、『社会の縮図』と言われるほどにたくさんの人たちによって構成されています。指揮者はそのたくさんの人間を相手に、たった一人で指揮を行い、自分が思い描く音楽のイメージを伝えていかなければなりません。これは非常に大変なことです。人とのコミュニケーションが苦手な人にとっては、この点は指揮者という仕事の悪い点といえるかもしれません。
また伝統的に、女性が指揮者の仕事に就くのは難しいと言われています。意外と体力を必要とし、たくさんの演奏家と対等に渡り合い、陣頭指揮を取っていく指揮者という仕事は、女性にはかなりキツい職業で、必然的に男女比率がかなり男性に偏っています。女性にとっては、それも仕事の悪い点といえそうです。ただし、絶対に女性は指揮者にはなれないというわけではなく、日本人指揮者の西本智実さんのように、現在も大活躍する女性指揮者の方もたくさんいらっしゃいます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?指揮者 仕事の内容

指揮者の仕事の内容は、主に『コンサートの指揮』と『曲のイメージを掴み、伝える作業』の2つになります。まず、コンサートで演奏する曲の楽譜を読み、歴史的背景や作曲者への深い理解を経た上で、その楽曲を自身がどのように表現したいかを掴み取ります。掴んだら、それを練習で演奏家たちに伝え、メンバー全員の意志やイメージを統一していきます。
本番では、それまでの練習で培って楽曲のイメージを演奏で表現します。指揮者は楽器を演奏しないため、よく『指揮者っている必要あるの?』と言われることがありますが、指揮者はテンポ、音を出すタイミング、音の大きさ等をコントロールしており、同じ楽曲でも指揮者が違えば全く異なる曲に聞こえるほど、重要なポジションです。

消える職業?消えない職業?指揮者 仕事に必要な資格

指揮者の仕事をするのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、音楽大学の指揮科で必要な勉強を行った後、ベテラン指揮者に弟子入りして経験を積み、その後、指揮する楽団を自分で探したり、逆に『ぜひ来てくれ』と楽団からオファーをもらったりすることで、指揮者としてデビューするケースが多いとのことです。
ベテランの日本人指揮者は国内外問わずいるため、弟子入りの際に海外に渡航するケースもとても多いとのことです。小澤征爾さんは現在も存命中の著名な指揮者ですが、彼は有名になる前にヨーロッパに渡り、同じく有名な指揮者アルベルト・フォン・カラヤンに師事しています。

消える職業?消えない職業?指揮者 仕事に必要なスキル

まず何より指揮者の仕事に必要になってくるのはリーダーシップです。指揮者は、人数も多く色々なタイプの人がひしめき合うオーケストラや合唱団を統率し、彼らに自身が目指す音楽を伝えて演奏させなければなりません。大人数とコミュニケーションを取り、統率していくためには、リーダーシップが必要不可欠です。
そして、研究熱心さも必要と言われます。指揮者の大切な仕事の一つに『曲のイメージを掴む』というものがありますが、そのためには、使用される楽器の構成や楽譜の読み込みはもちろん、作曲者の意図や曲が作られた時代の歴史的背景等も調べあげる必要があります。そのため、ある意味では地味ともいえるそのような作業を苦もなく行える研究熱心さも必要と言われています。
最後に、指揮の技術ももちろん必要です。そして、研究熱心さと指揮のスキルがない指揮者はオーケストラのメンバーから軽く見られる傾向があるようで、そういう意味でも、研究熱心さと指揮の技術は仕事に必要なスキルと言えます。

消える職業?消えない職業?指揮者の仕事のまとめ

現在、音楽ジャンルとしてのクラシックは少しずつ人気が衰えてきており、特に日本では若者を中心としてその傾向が強いと言われています。
そのような中で、他のジャンルの音楽と積極的にコラボレーションをすることでクラシックの垣根を広げる努力が行われています。これを機に、指揮者が活躍する場も増えるかもしれません。
業界としては苦境にあるかもしれませんが、指揮者は実力があればその分見返りも大きい職業です。たくさんの勉強やオーケストラの統率等、大変なことは多いですが、そこを乗り越えた先には観客の感動と賞賛、そして高額な収入が待っています。
大変だけど、見返りも大きい仕事というのが、指揮者という仕事のまとめといえるのかもしれません。音楽が好きな人にしてみれば、一度は憧れる生き方なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?指揮者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング