コンシェルジュの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>コンシェルジュの仕事の年収・やりがい・本音

コンシェルジュの仕事の年収・やりがい・本音

コンシェルジュ 仕事の年収・月収

コンシェルジュは現在多種多様な業界に存在しています。最も代表的なホテルのコンシェルジュの場合、所属するホテルの規模にもよりますが、年収は約400~600万円、月収では30~40万円前後が平均と言われています。
高級ホテルにとっては、ホテルの顔ともいえる存在がコンシェルジュです。知識と経験、情報量がものをいう職業と言われ、優秀な人材が昇進して就くホテルマンの花形職業ともいえる存在です。そのため、年収はホテルマンの年収の中でもやや高い傾向があります。

スポンサードリンク

コンシェルジュの仕事は、消える職業?消えない職業?

日本ではまだ馴染みのない比較的最近に登場した職業ですが、海外……特に欧米の一流ホテルでは当たり前に存在しているのがコンシェルジュです。宿泊客からの相談を一手に引き受け、旅の楽しさを何倍にも広げてくれるコンシェルジュという存在は、欧米ではホテルの選択基準の中でも特に重要視される傾向の高い職業です。
また、近年ではあらゆる職種においてコンシェルジュを置くケースが増えています。医療の現場や高級マンションなど、コンシェルジュが活躍するフィールドが増加しています。
そのため、コンシェルジュが消える職業となることはないといえます。少なくとも海外の一流ホテルなどでは需要が存在しつづけますので、消える職業とはいえないでしょう。

コンシェルジュ 仕事の将来性・安定性

まず安定性に関してですが、元々がホテル内でも有能な人が就くポジションです。そのためコンシェルジュの仕事に就いているということは、ホテル側から能力を高く評価されているという証拠です。そのためよほどのことがない限りは職を失うという事態には陥らないはずです。収入も比較的高い水準が維持されているため、安定性は高いといえます。
将来性に関しては中々難しいかもしれません。元々がコンシェルジュという職種がホテルマンの仕事においての一つの花形ですので、そこからさらにステップアップとなると難しいかもしれません。

コンシェルジュ 仕事のやりがい・本音

コンシェルジュの仕事は、宿泊客からのあらゆる要望や問い合わせに応える何でも屋といえます。航空券の手配や観光案内、劇場や映画館の座席予約、ホテル内施設の案内など、宿泊客のありとあらゆる要望に柔軟に対応します。
そのため、人の役に立ち、宿泊客からの感謝をダイレクトに受け取れる職業です。『ありがとう』と言われることはなにより強いやりがいであると言われています。
またコンシェルジュは、昨今では珍しく、非常に人間臭い職業といえます。宿泊客とコミュニケーションを取り、要望をお伺いして、食博客のために全力を尽くすという、ある種アナログ的で人間臭い仕事内容に誇りを感じている……という本音を持っている方もいます。

コンシェルジュ 仕事の良い点

コンシェルジュに求められるのは、マニュアルを超えたサービスです。そのため、コンシェルジュには高いスキルが求められますが、その分お客様からの感謝の言葉をいただきやすく、喜んでいる姿を間近で見られるというメリットがあります。人の役に立ちたいという人にとっては、これは良い点といえます。
また、コンシェルジュの仕事内容は多岐に渡り、その時その時によって求められる対応が変わります。臨機応変さが必要になりますが、その分毎日の仕事が変化に富んでいます。常に新しいことにチャレンジしたい人、臨機応変な対応を行うことに面白みを感じる人にとっては、良い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

コンシェルジュ 仕事の悪い点

いい意味でも悪い意味でも『マニュアルを超えたサービス』が求められます。コンシェルジュが対応するものは多岐にわたっており、マニュアル通りの決まった作業というものがありません。これは、一つの仕事を黙々とこなすのが得意な人にとっては、悪い点といえます。
また、どのような無茶な要望でも決して『No』と言わないのがコンシェルジュです。宿泊客によっては相当な無理難題をふっかけてくるケースもありますが、それでも対応しなければならないのが、悪い点といえるかもしれません。

コンシェルジュ 仕事の内容

宿泊客のあらゆる要望や問い合わせに応えるホテルの「何でも屋」がコンシェルジュです。ホテル内施設の案内はもちろんのこと、航空券の予約、観光案内、劇場や映画館の座席の確保、おみやげの相談などが主な仕事内容になりますが、これだけでは収まりきらないお客様からの要望に応えます。
海外ではホテルの選定基準に『コンシェルジュがいるか』が重要な位置づけとなっており、宿泊客にとっては、それだけ旅行の楽しさを左右する存在といえます。
VIPの宿泊客のお世話を担当する場合もあり、まさにコンシェルジュはそのホテルの顔ともいえる存在です。

コンシェルジュ 仕事に必要な資格

コンシェルジュになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、学校を卒業した後、ホテルや他の業種で地道に経験と実績を積んだ後、コンシェルジュとなるのが一般的でしょう。ホテルマンの中でも特に能力と実績、経験が重視されるポジションですので、中々近道というものがないというのが難しいところです。
コンシェルジュの有名人として阿部佳さんという方がいらっしゃいますが、その方はコンシェルジュになるために他の業種で10年ほど経験を積んだ後、運良く外資系のホテルに空きがあったことで、晴れてコンシェルジュとなることができています。

コンシェルジュ 仕事に必要なスキル

まずなにより必要なのは、臨機応変さです。宿泊客からの要望は多種多様。時に無茶な要望をされる場合もあります。それに決して『No』といわず、全力でそれを実現し、ダメなら代替案を準備します。その都度臨機応変な対応で切り抜ける必要があるため、どんなことにでも柔軟に対応できる臨機応変さは何より必要なスキルといえます。
また、宿泊客からの要望に臨機応変に対応するためには、周辺地域や地元地域に対するコネクションが強みを発揮する場合があります。そのため、周辺地域の人たちと仲良くなれるコミュニケーションスキルも必要といえます。
コンシェルジュは海外の人とやりとりする機会が多いため、語学力も重要視されます。英語はもちろんのこと、中国語や韓国語、フランス語など、複数の言語で会話ができればなお良いといえます。

コンシェルジュの仕事のまとめ

宿泊客のために全力を尽くすという、日本人のおもてなし精神を体現したかのような職業がコンシェルジュです。特に大手のホテルでは必ずコンシェルジュがいるようになり、日本でも重要性が高まっている職業の一つです。
確かに大変な職業です。マニュアル通りに行かない仕事内容や、どんなに無茶な要望でも『No』と言わずに全力を尽くさなければならないことなど、およそ接客業の究極の形の一つといえるかもしれません。
だからこそ、ホテルの顔、花形といわれ、やりがいも強い職業であるといえます。宿泊客のためにがんばり、感謝される毎日は、とても楽しい物になるといえます。
『接客業の究極系の一つ』とまとめることが出来ます。日本人にとっては、最も得意な仕事の一つといえるかもしれません。

スポンサードリンク

コンシェルジュの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング