コンサートプロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>コンサートプロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

コンサートプロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

concert_produce

コンサートプロデューサー 仕事の年収・月収

コンサートプロデューサーの年収・月収は、所属している会社の給与によって異なり、独立してフリーになった場合の年収も、コンサートの規模に応じてピンからキリまでなので、一概に平均年収を出すことはできません。実力主義の世界なので、フリーのコンサートプロデューサーとして食べていける人は、ほんのわずかです。

スポンサードリンク

コンサートプロデューサー 消える職業?消えない職業?

ハイテク技術によって音楽の情報が、昔より容易に入手できるようになったため、それまで以上に本物(ライブ)を見たいという欲求が、今後ますます人々のあいだで高まる傾向にあると言えます。したがって、ライブやコンサートを企画するコンサートプロデューサーが、消える職業か消えない職業かを考えた場合、今後も「消えない職業」と言えるでしょう。

コンサートプロデューサー 将来性・安定性

コンサートプロデューサーの将来性・安定性を考えるうえで注目すべきことは、近年、音楽業界の低迷でCDが売れない時代に関わらず、2001年以降、現在にいたるまでコンサートやライブ公演の入場者数が大幅な増加傾向にあるという点です。したがって、コンサートプロデューサーの活躍の場は今後も増えるものと予想されるため、将来性・安定性ともに良いと言えるでしょう。

コンサートプロデューサー 仕事のやりがい・本音

コンサートプロデューサーに仕事のやりがい・本音を聞くと、自分が作り出したコンサートやライブが一度に多くの人の心を動かし、楽しませることのできることに大変やりがいを感じるとの本音が聞けました。またコンサートの開始直前に観客でうめつくされている客席を見るとき、今までの苦労を忘れてしまうくらいの幸福感を味わうことができるそうです。

コンサートプロデューサー 仕事の良い点

コンサートプロデューサーの仕事の良い点とは、なんといっても自分の考えた企画のコンサートで、多くの人に感動をしてもらえることでしょう。また、自らがアーティストと観客を繋ぐ架け橋になり、多くのプロフェッショナルとコンサートを作り上げていくことに達成感を味わえるのも良い点と言えます。

コンサートプロデューサー 仕事の悪い点

コンサートプロデューサーの仕事の悪い点とは、制作しているコンサートやイベントの時間にあわせて働くため、勤務時間が不規則で、残業が深夜にまで及ぶこともあり、体力的にもキツイ点です。また、コンサートは土日・祝日に行われることが多いので、家族と休みが合わないのも悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

コンサートプロデューサー 仕事の内容

コンサートプロデューサーの仕事内容を簡単に言うと、コンサートの企画・制作を指揮することです。具体的な仕事内容は、ツアースケジュールの計画、会場の予約、スポンサー集め、宣伝・広告の企画、チケットの販売手配など、コンサートを行うための一連の作業を指揮します。

コンサートプロデューサー 仕事に必要な資格

コンサートプロデューサーになるには、特別な資格は必要ありませんが、企画するのに音楽に関する専門知識が必要なので、大学や専門学校で学んでおく必要があります。また、業界ではいかに現場なれしているか、即戦力になるかが求められるので、資格よりも、経験が求められる世界であると言えます。

コンサートプロデューサー 仕事に必要なスキル

仕事に一番必要なスキルとは、コミュニケーション能力です。コンサートでは多くの人が関わるので、そのスタッフたちをまとめ上げ、的確な指示を出すリーダーシップが必要だからです。その他にも、いかに観客の心に響くステージを企画できるかという発想力、企画をどう実現したらよいのかなどを考える構想力、クライアントのニーズを正確に読み取るプレゼンスキルも必要です。

コンサートプロデューサー 仕事のまとめ

会社の給与によって年収は異なりますが、フリーになった場合の年収も、コンサートの規模に応じてピンからキリまでなので、一概に平均年収を出すことはできません。
自分が作り出したコンサートやライブが一度に多くの人の心を動かし、楽しませることのできることに大変やりがいを感じるそうです。
コンサートプロデューサーの仕事内容を簡単に言うと、コンサートの企画・制作を指揮することです。
仕事に必要なスキルとは、コミュニケーション能力、発想力、構想力、プレゼンスキルです。

スポンサードリンク

コンサートプロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング