作曲家の仕事の年収は印税収入や利用料次第!必要なスキルは好奇心

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>作曲家の仕事の年収は印税収入や利用料次第!必要なスキルは好奇心

作曲家の仕事の年収は印税収入や利用料次第!必要なスキルは好奇心

作曲家 仕事の年収・月収

作曲家には様々な働き方があり、それによって収入額も大きく変動してきます。そのため、月収という考え方はあまりしない場合がほとんどです。
作曲家は、自身が作った曲の印税収入や利用料、もしくは制作会社に曲を売ることによって収入を得ます。前者の場合はヒット作を創りだした際には数千万円の収入に繋がる場合もありますが、その分曲が売れなければ収入はゼロです。
逆に後者の場合は、確実に収入が得られる一方、その曲がどれだけヒットしようとも、それが収入のアップに繋がることはありません。
テレビや映画、近年ではゲームやアニメなどのBGMの制作などで生計を立てる作曲家も珍しくなく、いずれにしても実績と実力がなければ厳しい業界であることに変わりありません。年収は数十万~数千万円とかなり幅広い分布となっています。

スポンサードリンク

作曲家の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在エンターテイメントの世界では、音楽は必需品といえます。曲そのものを楽しむ機会はもちろん、テレビや映画、ゲームやアニメ、舞台等、音楽が使われていないものを探すほうが難しいと言えます。
そのため、その音楽を作り出す作曲家は消えない職業といえます。生活出来るかどうかは別にして、音楽の需要が無くならない限り、作曲家という職業が消える職業となることはないでしょう。

作曲家 仕事の将来性・安定性

ヒット曲を作り出すことが出来れば莫大な収入が得られる可能性があるので、その意味では将来性は高いといえます。ただし、莫大な収入を得られる作曲家はほんの一握り。大半の作曲家は副業として他の仕事を持っている場合が多いことも忘れないで下さい。
安定性でも同じことが言えます。確かに作曲家はヒット曲を生み出したり、有名作品のBGMを手がけることでそれが実績となり、次の仕事と収入に繋がる場合が多いですが、大半の作曲家は作曲の仕事だけでは生活出来ず、副業で生計を立てている場合がほとんどです。非常に不安定な収入の職業ですので、安定性に関しては残念ながら低いと言わざるを得ません。

作曲家 仕事のやりがい・本音

やはり多くの作曲家の方が、自身が手がけた楽曲がテレビなどで流れた時に、強いやりがいや達成感を感じるといいます。音楽を志す人にとっては、自身の作品がたくさんの人の元に届くというのは、何より強いやりがいとなるでしょう。
また、音楽制作には多くの人々が関わるものの、基本的に作曲には著作権というものが認められており、正しく契約を結んでいれば、今後その楽曲が演奏され、使用される度、作曲者に利用料が発生する仕組みとなっています。大ヒットが大きな収入アップに繋がるのはそのためです。それもまたやりがいの一つといえる…と本音を答える方もいらっしゃいます。

作曲家 仕事の良い点

第一に音楽を仕事として生活出来るという点は、音楽好きな人にとっては非常に魅力的な点といえるでしょう。
また、働き方にもよりますが、基本的に作曲家は自由業です。そのため、かなりの部分で時間に融通が効きます。普通の会社員のように、毎日決まった時間に満員電車で出勤…といったことがないのです。それもまた、良い点といえるでしょう。

作曲家 仕事の悪い点

やはり、収入が安定せず、その仕事だけでは生活出来ない場合が多いことを悪い点として挙げる方が多くいます。
また、場合によりクライアントが求める音楽性と、自身が良いと思う音楽性にズレがある場合があり、その時は納得出来ないながらもクライアントの意向に沿う作曲を強いられます。作曲家にとってそれは相当なストレスであるようで、それを理由に作曲家を辞める方もいらっしゃいます。それもまた、悪い点といえるでしょう。

作曲家 仕事の内容

作曲家の仕事の内容は、一つの楽曲を作り上げることです。歌手やアイドルへの楽曲の提供はもちろん、映画やテレビ、ゲームなどのBGMの制作、テレビCMのジングル等、世の中には音楽があふれています。それらを作り上げるのが、作曲家の仕事です。
また、曲の制作だけでなく、演奏者としての側面を持っている場合が非常に多いのが特徴です。映画音楽を中心にあらゆる分野で活躍している作曲家の久石譲さんですが、コンサートの際、自身がピアノを担当する機会も多くあります。また、『クラシックを勉強するために』という理由で自らオーケストラの指揮をするようになりました。

スポンサードリンク

作曲家 仕事に必要な資格

作曲家になるのに必要な資格というのは特にありません。
なり方ですが、音楽大学や専門学校で音楽理論を勉強した後に作曲者となるケースや、バンドなどの音楽活動を通じて作曲家となるケース、レコード会社のオーディションやコンクールで合格した後、作曲家となるケースなど、様々です。
近年増えているのが、インターネット上で自身が作った楽曲を発表し、それが認められて作曲家としてデビューするケースです。livetuneさんなどがその好例といえます。

作曲家 仕事に必要なスキル

多くの作曲家の方が、『好奇心』を挙げます。作曲家が作曲する音楽のジャンルは非常に多岐にわたります。そのため、自身が興味のないジャンルの音楽を作曲しなければならない場合も出てきます。そういったとき、果敢にチャレンジして、そのジャンルの作曲から有益なものを吸収しようとする姿勢やスキルが大切とのことです。
また楽器の演奏が出来ると、作曲のイマジネーションが広がると言われています。そのため、作曲家は最低でもギターやキーボードが弾ける方が良いと言われています。楽器演奏のスキルも必要なスキルといえます。
以外なところですと、人と会う機会が非常に多いので、コミュニケーション能力も必須になってきます。

作曲家の仕事のまとめ

音楽が好きな人にとって、曲を作ることを仕事とすることは、とても魅力的です。音楽好きな人であれば一度は夢見る職業が、作曲家といえます。
生活すら危ぶまれる安定性や、要求されるスキル、作り上げる楽曲のクオリティ等、求められるものは多いですが、その分やりがいも大きく、とても魅力的な職業ではあります。
今後も音楽はエンターテイメントにおいて重要な存在として残り続けるでしょう。そして、それを作り上げる作曲家という職業もまた存在し続けます。たくさんの苦難を乗り越えた先に、人々を感動させるという大きなやりがいが待っているというのが、作曲家という仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

作曲家の仕事の年収は印税収入や利用料次第!必要なスキルは好奇心に関連する記事

人気記事ランキング