消える職業なくなる仕事?コメディアンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業なくなる仕事?コメディアンの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業なくなる仕事?コメディアンの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事の年収・月収

コメディアンとは、喜劇俳優のことです。お笑い芸人との違いは、コメディアンはスタンダップコメディーと呼ばれる種類の芸を磨いている点でしょう。日本人コメディアンとして海外で有名な例としては、がーまるちょば、小池良介さんなどがいます。年収や月収について詳細不明ですが、売れっ子コメディアンとなれば、芸能人として年収アップも狙えます。一流になるまでは浮き沈みが激しい世界ですので、平均的に年収が高いかどうか、というのはあくまで目安と考える方がよいでしょう。

スポンサードリンク

コメディアン 消える職業?消えない職業?

コメディアンはテレビや舞台のお仕事です。エンターテイメントを求める人々が存在する限り欠かせないので今後も消えないでしょう。しかしながら、昨今ではテレビや舞台以外に、ウェブやスマートフォン動画など新しいメディアが台頭してきており、テレビの影響力は今までほど絶大ではなくなりつつあります。テレビや舞台で培ったスキルや専門性は他のメディアでの動画等にももちろん有効であることから、職業として将来的に消えるということは考えにくいでしょう。

消える職業なくなる仕事?コメディアン 将来性・安定性

コメディアンの仕事は浮き沈みが激しいでしょう。将来性はあるとしても、安定性は難しいかもしれません。たとえコメディアンとしての仕事に限界を感じたとしても、難関をくぐって職にありついた、コメディアンとして仕事をしていたという実績があればテレビや舞台以外の新しいメディア、イベントへの出演など他の就職先を見つけることは難しくないでしょう。人気稼業ですから、収入の安定性を求めるなら、腕を磨くしかありません。

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事のやりがい・本音

コメディアンの仕事を選ぶ人は、給与よりも仕事のやりがいを重要視している人が多くいます。本音としてはまず、華やかなテレビや舞台の世界で仕事ができるだけでありがたいことです。やりがいはあるものの、コメディアンとして安定して成果を出すのは容易ではありません。売れっ子として安定的な地位を確立できたならば高収入を約束され、テレビや舞台で活躍する醍醐味を感じて仕事ができ、それはコメディアンならではのやりがいとなっています。

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事の良い点

テレビや舞台の仕事は基本的にオーディションなど熾烈な競争を乗り越え、制作側の信頼を得る必要があります。常に期待を裏切らないパフォーマンスを示すことが求められます。仕事の良い点としては、身につけたスキルを活用し、日々それに磨きをかけられることがテレビ業界で働く醍醐味と言えるでしょう。また、自らの地位が上がるにつれ有名人との接触や海外でのロケも多く、仕事を通じて一般企業では触れられないような業界情報を得て、自らメッセージを発信することができるのもコメディアンとして働く上でのやりがいと言えそうです。

コメディアン 仕事の悪い点

コメディアンを志望し、難関を突破する人の多くはテレビや舞台での華やかな仕事に大きな夢を抱いています。仕事の悪い点としては、常に新しいアイデアを求められ、プレッシャーや競争が激しいことは覚悟しなくてはいけません。実際に志望していた仕事にありつけない場合にもモチベーションを保つことができるかなど、コメディアンとして仕事ができるまでに試練は多々あるでしょう。自分のやりたいことなのかどうか、心身ともにタフできつい現場に耐えられるかなど、情熱を持って取り組めるか考える必要があるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事の内容

仕事の内容は、多彩でありテレビや舞台作品ができるまでたくさんの人が関わります。表舞台だけでなくスタッフやプロデューサーとの人間関係を築くこともコメディアンの仕事として大変重要です。自分が企画する舞台では、聴衆を魅了し笑わせることができるか、いかに予想を越えるパフォーマンスを出せるかが鍵となります。全体のストーリーを組み立て、どんな小道具を使うか、オチはどうするか、こういった考えをまとめて具現化していくという流れになります。

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事に必要な資格

コメディアンとして仕事に必要な資格はありません。何らかのファーストステップを獲得しオーディションに合格するなど、採用されなくてはなりません。採用された上で、常に仕事がもらえるかはわかりませんが、まずは誰かにあなたの才能を認めてもらう必要があります。コメディアンになるために特に資格は必要ありませんが、クリエイティブの仕事なので、アピールできる実績が何かあればよいでしょう。専門学校に関連学科がありますが、卒業したから必ずしもコメディアンとして活躍できるようになるわけではありません。

消える職業なくなる仕事?コメディアン 仕事に必要なスキル

コメディアンの仕事に必要なスキルは才能と対人関係のスキルです。才能があるだけでなく、チームワークも大変大切となりますので、人とコミュニケーションを取り、まわりとうまく仕事をしていく事が求められます。また、コメディアンとして働きつづけるには常に新しいアイデアが必要とされるため、情報収集の能力、ネットワーキングなども役に立つかもしれません。

消える職業なくなる仕事?コメディアンの仕事のまとめ

コメディアンとして働くには、まずは誰かに認められる必要があります。今の時代、発信メディアはたくさんあるので、YouTubeなどからでも誰でもはじめることができます。コメディアンの仕事に興味のある人は、大学や専門学校でスキルを学びながら、何らかの実績につながる勉強やプロジェクトなどで前向きに行動を続け、難関であることを理解しながら地道に準備することが大切です。スキルをつけると同時に、人間関係の構築にも力を入れましょう。狭き門ですが、コメディアンの仕事によって世界が大きく広がるに違いありません。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?コメディアンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング