消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の年収・やりがい・本音

colorist

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の年収・月収

カラーリストの仕事の年収や月収は、その人物が事務所に所属しているか、独立しているかによっても大きく違っています。事務所に所属している場合の年収は、平均で500万円前後になりますが、独立してフリーで仕事をしている場合は、月収が十数万円ということもあります。ただし、売れ出してきて顧客に恵まれると、月収が50万円程度、年収も700万円程度になる人もいます。

スポンサードリンク

カラーリストの仕事は、消える職業?消えない職業?

カラーリストの仕事は、ファッション分野や美容分野、そしてインテリア分野とあらゆる分野で必要とされていますので、今後も活躍し続ける仕事です。さらには時代の流れとして、みんなと同じものでは無く、自分だけのファッションやメイク、インテリアなどを求める風潮が広がってきていますので、カラーリストの仕事はこれからも消えない職業として存在し続けるでしょう。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の将来性・安定性

カラーリストの仕事の将来性は高いでしょう。さまざまな分野でカラーリストが必要とされている現状から、将来性についてはあまり心配いらなそうです。事務所に所属しているカラーリストでも、独立して起業しているカラーリストでも、センスの良さが評判になれば、顧客から引く手あまたの状態になることもあります。そうなるとカラーリストの仕事の安定性も確固たるものとなることでしょう。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事のやりがい・本音

カラーリストの仕事のやりがいは、自分でコーディネイトしたカラーリングが、顧客から称賛を受けた時に感じる事ができるでしょう。さらには、各種のコンテストやコンペティションなどで、大きな評価を受けた時にも、感じられるやりがいは大きいものになるはずです。ただ、顧客あってこそなので、カラーセンスがうまく折り合わず、妥協点を見い出す作業が大変だと言う本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の良い点

カラーリストの仕事の良い点は、自分の選んだカラーリングが、多くの人を喜ばせたり、感動させたりすることができるという点です。その時には、自分の目の確かさを確信することができ、次の仕事に対する意欲もわいてきます。さらには、学歴などに左右されず、自分のセンスだけで仕事ができるという点も、カラーリストの仕事の良い点にあげられます。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の悪い点

カラーリストの仕事の悪い点は、カラーリストの仕事だけではなかなか生活していくのが難しいという点です。他に「インテリアコーディネーター」の資格や「カラーセラピスト」の資格などを持っていないと、あらゆる仕事に対処できないこともあります。もちろん、カラーリストだけでもやっていけることもありますが、そのためには相当の営業力が必要となる点も悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の内容

カラーリストの仕事の内容は、基本的には、顧客にあう色合いを見つけ出しコーディネイトすることですが、その分野は、ファッション業界、ヘアサロン業界、ブライダル業界、メイク・ネイル業界、ジュエリー・アクセサリー業界、インテリア業界などと、多岐に渡ります。色彩の持つ雰囲気で、顧客自身やその建物などのかもし出すイメージが随分と違ってくるので、大変重要な仕事と言えます。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事に必要な資格

カラーリストの仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、日本カラリスト協会が主催している「パーソナルカラリスト検定」を受検し合格しておくと、就職に有利になる場合があります。この検定は、美容業界やファッション業界に勤めている人や一般の人に対して、基本的な色彩知識や配色調和のための知識を身につけるために実施されているものです。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事に必要なスキル

カラーリストの仕事に必要なスキルは、何をおいても、まず色遣いに対するセンススキルです。これは、自分だけに通用するものでは無く、多くの人が好むようなコーディネイトができるセンススキルでなくてはなりません。また、顧客の好みを聞き取りながら仕事をしなければなりませんので、聞き上手であること、コミュニケーションに長けていることも、カラーリストに不可欠なスキルとなるでしょう。

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事のまとめ

部屋や建物の印象を始め、洋服や小物使いなど、人や物は、ちょっとした色遣いの違いで全く印象が変わってきます。そのため、カラーリストのわずかなカラーコーディネイトの差で、大きな成功を得たり、逆に失敗に終わったりと、色を巡るエピソードは、たくさん見ることができます。それだけ色、カラーの影響力が大きいということ。ましてや、ビジュアルが重要視される昨今の風潮を考えれば、色を見極め、操る、カラーリストの仕事は、これからも非常に重要な位置を占めていくことでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?カラーリストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング