臨床検査技師の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>臨床検査技師の年収・やりがい・本音

臨床検査技師の年収・やりがい・本音

Clinical laboratory technologist

臨床検査技師 仕事の年収・月収

臨床検査技師の仕事の月収は、新卒の場合でおよそ20万円、年収は300万円ほどとなります。また、勤務年数や企業によっても年収に差があります。
臨床検査技師は経験を積むことで高収入を得ることができ、管理職になると年収は700万円ほどとなります。また、平成26年度賃金構造基本統計調査では38.1歳で平均年収が468万円となります。

スポンサードリンク

臨床検査技師は、消える職業?消えない職業?

臨床検査技師は今後も消えない職業ですが、検査の自動化により人の手で行う作業は少なくなり、臨床検査技師の需要も減少傾向にあります。
臨床検査技師の経験者を非正規雇用するケースも増えてきており、就職に関しては厳しい状態です。動物医療における臨床検査が注目され始めており、新たな需要が生まれてきました。さらに、重要なデータを扱う臨床検査技師は需要があり、専門性の高さが求められるため今後も消えない職業となります。

臨床検査技師 仕事の将来性・安定性

臨床検査技師の仕事の将来性について、検査の自動化や機械化に伴い人手が必要となくなるものも多く就職については厳しい状態となっています。
臨床検査技師は経験を積むことで安定性のある収入にも期待でき、役職がつくことでさらに収入を増やせます。
高度な臨床検査はまだ人の手で行われるため、より専門性の高さが求められ、将来性にも期待できる仕事です。

臨床検査技師 仕事のやりがい・本音

臨床検査技師の仕事のやりがいは、医師や看護師のように表に出るものではありませんが、検査のスペシャリストとして人の命を救うことができた時です。
臨床検査技師は検査に関しては一番詳しく、自分の検査によって病気を見つけることが患者の命を救うことにつながります。
しかし、毎日検査が異なるため、仕事を覚えるまでは作業をこなすだけで精一杯になりやすく、計画的に作業を進めなければならないのが本音です。

スポンサードリンク

臨床検査技師 仕事の良い点

臨床検査技師の仕事の良い点は、毎日異なる検査を行うため多くの経験をつむことができる点です。現場で得られる知識は学校で学ぶ知識以上なので、長く仕事を続けることでわずかな異常にも気がつくようになります。
臨床検査技師は高い収入を得られる仕事でもあり、経験者であれば日本全国どこでも就職ができるのも仕事の良い点です。

臨床検査技師 仕事の悪い点

臨床検査技師の仕事の悪い点は、医療現場で働くため肉体的にも精神的にもハードな仕事になりやすい点です。検査の内容や数によっては、とても忙しく時間が足りないと感じることも多くあります。
さらに臨床検査技師は残業も多く、月に100時間以上となる場合もあり、緊急の患者が搬送された場合にも対応しなければならないのも悪い点です。

臨床検査技師 仕事の内容

臨床検査技師の仕事の内容は、患者の状態を知るため、様々な検査を医師の指示で行います。臨床検査を行うことで目に見えない問題を事前に発見することも可能で、臨床検査技師が行う検査によって病気の早期発見にも繋がるため、医師のサポート役としても重要な仕事です。
現在では高度な医療機器を用いた検査も行われており、検査のスペシャリストとして専門性の高い仕事を行います。

臨床検査技師 仕事に必要な資格

臨床検査技師の仕事に必要な資格は、国家資格でもある「臨床検査技師」です。受験資格を得るための学校を卒業することが求められます。大学は4年制、短期大学は3年制、また専門学校では3年制と4年制の過程があります。
臨床検査技師の試験は年に一度しかなく、正答率60%ほどで合格すると言われており、学校で学ぶカリキュラムをしっかりと身につけていれば合格が可能です。

臨床検査技師 仕事に必要なスキル

臨床検査技師の仕事に必要なスキルは、正確な作業を行うスキルと、手先の器用さも必要となります。
臨床検査技師はピペットを使った細かな作業や血液標本の作成など細かな作業があるため、ある程度の器用さは求められます。
さらにコミュニケーションスキルも必要で、患者やチームメンバーと話しをしてコミュニケーションをとり、情報の共有をしてミスを防ぐことも必要です。

臨床検査技師 仕事のまとめ

臨床検査技師の仕事は、医師の指示の元で様々な検査を行います。検査を行うことで病気の早期発見や問題点の把握を行います。
臨床検査技師は国家資格に合格して資格を取得し、その後病院や医療関係の企業で働くこととなります。現場では様々な検査が行われるため、正確さや効率良く仕事をする器用さも必要です。
日々進化する検査技術や最新の検査機器を扱うスペシャリストとして今後も需要がある仕事でもあります。

スポンサードリンク

臨床検査技師の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング