臨床工学技士の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>臨床工学技士の年収・やりがい・本音

臨床工学技士の年収・やりがい・本音

clinical-engineer

臨床工学技士 仕事の年収・月収

臨床工学技士の仕事の月収は、およそ17万円から20万円、年収はおよそ250万円から300万円となります。
臨床工学技士は働く場所によって月収は異なり、病院の初任給はおよそ18万円、診療所の初任給は19万円ほどとなります。さらに夜勤手当や残業手当が支給され、透析クリニック勤務の場合は年収800万円以上を得ることも可能です。

スポンサードリンク

臨床工学技士は、消える職業?消えない職業?

臨床工学技士は今後も消えない職業です。
医療業界ではまだ数が少ない資格として臨床工学技士があり、病院などの現場では機器の操作やメンテナンスを行う仕事が求められています。
臨床工学技士は医療機械と臨床の両方を取り扱う職業で、新しい医療機器にも対応できます。医療機器の修理や使用方法の指導など、専門業者に頼ることなく取り扱うことができるため、今後も消えない職業隣ます。

臨床工学技士 仕事の将来性・安定性

臨床工学技士の仕事の将来性は非常に高く、病院での医療機器を取り扱う専門職としての需要が高まってきています。
臨床工学技士は最新の医療機器を取り扱い、修理や利用方法の指導を行います。これまでは専門業者が行ってきた仕事を病院内で完結できるようになるため、今後は必要不可欠な仕事です。
こうした専門性から収入も多く安定性があり、働く場所に困ることはないでしょう。

臨床工学技士 仕事のやりがい・本音

臨床工学技士の仕事のやりがいは、最先端の医療機器を取り扱うことで多くの患者を助けることができる所にやりがいを感じます。
臨床工学技士は医療機器のスペシャリストとして働きます。機器のメンテナンスも行うため患者の命に関わる重要な仕事です。
しかし、人工心肺など体の内部に埋めこむ機器のチェックも臨床工学技士が行うため、わずかなミスが重大な事故につながるのが本音です。

スポンサードリンク

臨床工学技士 仕事の良い点

臨床工学技士の仕事の良い点は、様々な医療機器を取り扱うことができる点と、今後も活躍の場がなくなることが無い点です。
臨床工学技士が取り扱う医療機器は様々あり、あらゆる機器のメンテナンスやチェックを行います。日々新しい機器が導入される医療業界では必須の仕事のため活躍の場はどんどん増えています。また、臨床と機器の両方を取り扱える唯一の仕事です。

臨床工学技士 仕事の悪い点

臨床工学技士の仕事の悪い点は、資格ができてから歴史が浅く認知度が低い点です。病院によっては初めて採用するケースもあり、先輩技士がおらず自分一人で仕事をしなければならない場合もあります。
臨床工学技士は臨床も行える資格ですが、単なる工学技士として見られることも多く、機器のメンテナンスだけを指示される病院もあります。こうした資格の認知度の低さが悪い点です。

臨床工学技士 仕事の内容

臨床工学技士の仕事の内容は、医師の指示を受けて医療機器を取り扱ったり、メンテナンスを行う仕事です。
臨床工学技士が取り扱う機器は多く、生命維持装置や人工心肺装置など、患者の命に関わる機器も取り扱います。これらの機器をいつでも正確に動作するよう保守することも仕事の一つで、手術中に機器を操作する業務もあります。

臨床工学技士 仕事に必要な資格

臨床工学技士の仕事に必要な資格は、臨床工学技士養成校で厚生労働大臣の指定する科目を履修します。その後国家試験に合格することで資格を取得できます。
臨床工学技士はさらに専門認定制度が設けられており、公益社団法人日本臨床工学技士会会員に与えられる「日臨工認定制度」では4種類、さらに関連学会が認定している「学会認定制度」があります。

臨床工学技士 仕事に必要なスキル

臨床工学技士の仕事に必要なスキルは、コミュニケーションスキルと機器を理解するための知識です。
臨床工学技士は一人で仕事をすることは無くチームで仕事を行います。機器を必要とする患者に対してどのような業務を行ってくか、他職種の職員と情報交換をして仕事をすることが求められます。
また、機器の取り扱いについて学ぶ必要もあるため、機械の取り扱いに関するスキルも必要です。

臨床工学技士 仕事のまとめ

臨床工学技士の仕事は、医師の指示を受けて医療機器の操作をしたり点検したりする仕事です。医療機器は年々新しくなり高度になっていくため、臨床工学技士の資格をもつ人が求められています。
臨床工学技士は国家資格であり、全国の病院やクリニックなどで働くことができます。医療機関ではまだ数が少なく、先輩技士がおらず自分が初めての採用になる場合もあります。
医療機器のスペシャリストとしてこれからの医療現場に欠かせない仕事となります。

スポンサードリンク

臨床工学技士の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング