クリーニング師の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>クリーニング師の年収・やりがい・本音

クリーニング師の年収・やりがい・本音

cleanning

クリーニング師 仕事の年収・月収

クリーニング師の仕事の月収はおよそ15万円から18万円、年収はおよそ200万円から250万円ほどとなります。
クリーニング師の年収はあまり高くなく、頑張って年収を増やすということも難しい仕事です。一般的にはクリーニング会社に就職することで仕事を行いますが、独立開業することで年収を増やすことも可能です。

スポンサードリンク

クリーニング師は、消える職業?消えない職業?

クリーニング師は今後も消えない職業です。
家庭で洗濯ができないスーツやシャツ、汚れてしまった洋服などをプロの技で綺麗にクリーニングします。
クリーニング師は専門的な技術を用いて汚れを落とすことができるため、一般家庭では綺麗に落ちない汚れも落とすことができます。日本全国どこにでもある職業で、スーパーの一画やデパートなど、店舗もあらゆる場所にあるため、今後も消えない職業となります。

クリーニング師 仕事の将来性・安定性

クリーニング師の仕事の将来性について、安定性のある収入を得ることはできますが、仕事の内容や量に変化が少ないの仕事です。
クリーニング師は毎日持ち込まれる洋服などをクリーニングし、お客に返却します。こうした一連の作業を日々続けていくことになるため、大きな変化は望めません。
クリーニング技術の発展や、いままでクリーニングできなかったものへの対応など、新しい技術が開発されればクリーニングの幅も広がり便利になるので将来性があります。

クリーニング師 仕事のやりがい・本音

クリーニング師の仕事のやりがいは、持ち主がまた服を着てくれるよう、様々な服の汚れを綺麗に落とせた時にやりがいを感じます。
クリーニングに持ち込まれる服は普通の汚れのものばかりではなく、一般家庭では落とせない頑固な汚れも多いです。それをプロの技で綺麗にするのがクリーニング師の仕事のやりがいに繋がります。
しかし、特殊なクリーニング技術がなければ落とせない汚れもあるのが本音で、
クリーニング技術の習得が必要不可欠となります。

クリーニング師 仕事の良い点

クリーニング師の仕事の良い点は、クリーニング師の国家資格を取得することで長い期間働くことができる点です。また、日本全国場所を選ばず仕事ができるのも良い点です。
仕事を続けていくことで技術が向上していき、様々な汚れに対応できるようになります。どんな汚れでも落とせる技術を学んでいくことで、年齢に関係なく働けることがクリーニング師の仕事の良い点です。

クリーニング師 仕事の悪い点

クリーニング師の仕事の悪い点は、資格を持っていない人はクリーニング師の仕事に就くことができない点です。また、店舗を持つ場合は1台以上の業務用洗濯機および脱水機を設置することと、資格を持ったクリーニング師を1名以上置くことが義務付けられている点です。資格を持っていれば仕事として働くことは可能ですが、様々な研修を受講したり、法律を守る必要があるため技術以外の知識も必要になる点が悪い点です。

スポンサードリンク

クリーニング師 仕事の内容

クリーニング師の仕事の内容は、お客から預かった衣服を綺麗に洗濯して返却することです。公衆衛生の向上と利用者利益の擁護をはかるため、クリーニング業法を遵守して仕事を行います。
店舗に持ち込まれた衣服には様々な生地が使われており、正しい手順と方法で汚れを綺麗に落とし、クリーニングを行うことがクリーニング師の仕事です。

クリーニング師 仕事に必要な資格

クリーニング師の仕事に必要な資格は国家資格のクリーニング師です。全国都道府県知事が毎年1回行っているクリーニング師の資格試験に合格し、クリーニング師原簿に登録されて初めて仕事を行えるようになります。
また、3年に1度、繊維やクリーニング、法令に関する知識を学ぶクリーニング師研修を受講することがクリーニング業法によって義務付けられています。

クリーニング師 仕事に必要なスキル

クリーニング師の仕事に必要なスキルは、どんな汚れにも対応できる確かな技術と経験です。一般の洗濯機では取れない汚れやシミはクリーニング店に持ち込まれることも多いです。クリーニング師はクリーニングのための技術を駆使して汚れを落とします。
スーツやコート、シャツなどあらゆるものをクリーニングするためのスキルはクリーニング師ならではのものです。

クリーニング師 仕事のまとめ

クリーニング師の仕事は、お客から預かった衣服などの衣類を綺麗にクリーニングして返却することです。様々な汚れを綺麗に落とす必要があり、そのためにはクリーニング技術を学び、確かな技術で仕事をしなければなりません。
クリーニング師の資格を取得し、3年ごとの講習を受けて最新のクリーニング技術を習得することも必要になります。

スポンサードリンク

クリーニング師の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング