カイロプラクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>カイロプラクターの仕事の年収・やりがい・本音

カイロプラクターの仕事の年収・やりがい・本音

カイロプラクター 仕事の年収・月収

カイロプラクターの収入は、働き方によるところも大きいようですが、全体の平均に比べてやや低い傾向があるようです。具体的には、年収で平均約350万円、月収で平均約25万円程度というデータがあります。
月収に関しては本人に腕があれば、50万円以上の高額な収入を得ることが出来ますし、開業すればその年収も1000万円程度になるようです。総じて本人の腕と実績に寄るところが大きく、同じ会社員でも20代の場合では月収で15万円程度なのに対し、40代ともなると40万円程度の月収が平均的なようです。

スポンサードリンク

カイロプラクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

元々カイロプラクターは人々の健康に関わる仕事のため、需要そのものは安定していました。
それに加え、現在、日本では生活習慣病、ストレス疾患、高齢化に伴う健康不安から、さらに需要が伸びていくことが予想されています。これは、少子高齢化の並が押し寄せている日本では、当面の間は変わることがないでしょう。
そのため、カイロプラクターが消える職業となることはないと思われます。消えない職業として残り続けていくことでしょう。

カイロプラクター 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、働き方による部分が大きいようです。カイロプラクターが活躍する職場は主に治療院や医療機関への就職ですが、就職した場合は安定した収入を得ることが出来るでしょう。独立する人も多い職業なのですが、その場合は本人に腕がないと安定した収入を得ることは難しいと思われます。
将来性に関しては、高齢化やストレス疾患、生活習慣病に苦しめられる人が増えているという現状があるため、需要が今後も伸びることが予想されています。そのため、カイロプラクターの将来性は高いといえるでしょう。

カイロプラクター 仕事のやりがい・本音

カイロプラクターの仕事は、薬や手術に頼ること無く、人の体を健康にすることです。カイロプラクターの元には毎日、自身の健康に不安を抱える患者が多く訪れます。そういった患者に施術を施し、患者が健康を取り戻していく様を見るのが1番のやりがいである……と答える人は多いようです。
また、近年ではストレス社会と言われる様に、訪れる患者さんの大半が暗い顔をして塞ぎこんでいるといいます。そういった人たちが施術を通して少しずつ明るさと元気を取り戻していく様子もまた、やりがいに繋がるという本音もあるようです。

カイロプラクター 仕事の良い点

現在、日本ではカイロプラクターに関する公的な資格はありません。そのため、短期養成学校や週末に開催されるセミナーなどでカイロプラクターに関する勉強を行えば、誰でもなることが出来る職業です。柔道整復師などの医療資格に比べ、安価で簡単に必要知識を習得することができ、誰でも簡単になることが出来る、比較的ハードルが低い職業といえます。これは良い点といえるでしょう。
また、他の職業に比べて、独立する人が多いというのも、良い点といえるかもしれません。あくまで本人の実力が伴っていればですが、独立して開業すると、収入は自身のがんばりに比例して上がります。その点から考えると、実力のある人が独立しやすい土壌があるというのは、良い点といえます。

カイロプラクター 仕事の悪い点

現在、日本ではカイロプラクターに関する資格がないため、実質的に誰でもカイロプラクターを名乗ることが出来ます。そのため、充分な経験や知識がないままカイロプラクターとなってしまうケースも多く、その場合は、自身の施術によって患者さんの病を悪化させてしまうケースがあります。これは悪い点といえます。
また、日本ではカイロプラクティックは『医業類似行為』となるため、欧米のカイロプラクターには認められているレントゲン写真の撮影等を行うことが出来ません。そのため先進国である欧米の施術方法とことなった施術方法を行わなければならないケースもあります。これもまた、日本国内のカイロプラクターの悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

カイロプラクター 仕事の内容

薬物や外科的治療を行うこと無く、患者の骨格の歪みを手技によって矯正し、症状の緩和と健康を取り戻すことがカイロプラクターの仕事です。
患者に施術を行う際にはまず、患者の病歴を取ります。その後、姿勢の分析をはじめとした各種検査を行って体の歪みを把握した後、背骨の矯正や姿勢体操、場合によっては睡眠や食事の生活指導を行います。
カイロプラクティックはアメリカで生まれた手技で、体全体の歪みを矯正して自然治癒力を高めようとする方法です。特に背骨の異常を矯正することで、神経生理機能を回復させます。

カイロプラクター 仕事に必要な資格

カイロプラクターになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、独学や学校への通学により、カイロプラクティックに関する勉強をした後、治療院や病院に就職するのが一般的です。
公的な資格がなにもないため、どのような勉強方法で知識を身につけても良いのですが、日本カイロプラクターズ協会では、国際基準にしたがって、4年制のカイロプラクティック専門学校に入学することを義務付けています。

カイロプラクター 仕事に必要なスキル

なによりもカイロプラクティックに関する深い知識です。カイロプラクティックの知識がなければ、カイロプラクターになることは出来ても仕事として続けることは出来ません。
特に日本では公的な資格がないため、数週間の講座だけで知識を習得することも可能です。一方欧米では、カイロプラクターの身分が保障されている反面、カイロプラクターに関してかなり厳密な資格があります。本格的に勉強して、腕の立つカイロプラクターになりたい場合は、アメリカやヨーロッパに渡って、そちらで勉強して資格を取得することが大切です。

カイロプラクターの仕事のまとめ

人々の健康を守る仕事がカイロプラクターですが、その一方で資格がないため、医療と認められてないのが日本のカイロプラクティックの特徴です。
そのため、日本ではカイロプラクターが出来ることは限られており、しかも形だけのカイロプラクターも横行しており、なによりもカイロプラクターたちから、法整備が求められているのが現状です。
日本は、カイロプラクティックに関することはまだ発展途上と言わざるを得ません。ですが今後は確実に需要の伸びる業界であると言われています。一日も早い法整備が必要な職業とまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

カイロプラクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング