シェフの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>シェフの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

シェフの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

シェフ 仕事の年収・月収

シェフの仕事の年収は300万円〜1000万円程で、
人によって年収に大きな幅があります。

ちなみに、見習いを含めた調理師の年収は平均で330万円、
月収は25万円、ボーナスは35万円になります。

見習いの間は月収が14万円〜19万円程で、激務の割に低収入ですが、
そこから有名料亭や一流のレストランのシェフになることで収入を大幅に引き上げる事が可能です。

そして、シェフには独立の道もあります。

テレビでも人気の川越シェフのお店、「TATSUYA KAWAGOE」の年商は9000万円らしく、
彼は家賃65万円のマンションに住んでいるそうです。

このように、シェフとして成功すれば
かなりの収入を得る事が可能な世界です。

スポンサードリンク

シェフ 消える職業?消えない職業?

シェフは消える職業?消えない職業?と言うと、
人の生活に欠かせない衣食住に関わるシェフの職業が無くなる事はありません。

外食は人々の生活に定着しており、今後も需要は高まる傾向にあります。
その為、シェフの仕事が消える職業?消えない職業?と言いますと今後も必要とされる職業です。

シェフ 将来性・安定性

シェフの将来性は、自分次第でいくらでも明るい未来を切り開く事が出来ます。

料理人の厳しい下積みを乗り越え、
有名店で働く事が出来れば高収入が期待できます。

そうなれば安定性も十分にあります。
もし、企業に雇われて働くとしても
技術を持ち合わせていれば職に困る事はありません。

その為、シェフの将来性や安定性は有望と言えます。

シェフ 仕事のやりがい・本音

シェフの仕事のやりがいは、
自ら厨房を仕切り、オリジナルメニューを生み出せる事です。

そのメニューをお客様が美味しいと言ってくれる事ほど嬉しい事はありません。
ただ、その分お店の利益を考えてメニューを作るのが大変なこともシェフの本音です。

お店を仕切り新しい料理を作り出す事は大きなやりがいですが、
その分お店で起こる全ての問題や課題を背負い、大きなプレッシャーを抱えていることもシェフの本音になります。

シェフ 仕事の良い点

シェフの仕事の良い点は、お客様の喜ぶ顔が見られる事や、
ご飯代が安く済むことです。

料理が好きな人にとっては、
好きなことに毎日没頭出来るシェフは天職と言えます。

その他にも独立して全てがオリジナルの店を持てる事が、
シェフの仕事の良い点として挙げられます。

スポンサードリンク

シェフ 仕事の悪い点

シェフの仕事の悪い点は、過酷な労働条件です。

時間外の勤務が当たり前なのと、土日祝日は滅多に休めません。

他にも立ち仕事の為体力勝負な事や、
頻繁に味見をするため太りやすい事が仕事の悪い点で挙げられます。

シェフ 仕事の内容

シェフの仕事の内容は、お店に出す料理を作ることが主になります。

他にも食材を仕入れたり、新しいメニューを考え作り出すことも大切な役割です。

オーナーシェフの場合はお店全体を背負って立つので
売上管理や衛生管理など、お店の全体を把握しておく必要があります。

そして、料理人達を鍛えて一人前に育てあげる事も
シェフの仕事の内容に含まれます。

シェフ 仕事に必要な資格

シェフの仕事に必要な資格は、国家資格の調理師免許になります。

食品衛生の基本的な知識を持つ事の証明になる調理師免許は、
厚生労働大臣が認めた調理師学校を卒業すると試験を受けずに取得する事が出来ます。

学校に行かなくても、二年間実務経験を積めば都道府県の行う試験に挑戦することが出来ます。
試験に合格すれば、シェフの仕事に必要な資格である調理師免許の取得が可能です。

シェフ 仕事に必要なスキル

シェフは仕事に必要なスキルは、料理の腕前や盛り付けのセンス、
他にもその場を適切な判断で仕切る能力が重要です。

そして、食を扱うため衛生面での知識も欠かせません。
お客様に喜んで貰えるサービスを新たに考える発想力も、
シェフに必要なスキルと言えます。

スポンサードリンク

シェフの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング