キャラクターデザイナーの収入・平均年収は300万円から600万円。アニメ業界やゲーム業界でキャラクターデザインを担当

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>キャラクターデザイナーの収入・平均年収は300万円から600万円。アニメ業界やゲーム業界でキャラクターデザインを担当

キャラクターデザイナーの収入・平均年収は300万円から600万円。アニメ業界やゲーム業界でキャラクターデザインを担当

アニメやゲームの分野では世界観も重視されますが、何と言ってもキャラクターの魅力が人気を大きく左右するものです。

そのキャラクターをデザインする職業について、収入やキャリアアップの方法などを紹介します。

スポンサードリンク

1.アニメ業界やゲーム業界でキャラクターデザインを担当

日本でテレビアニメがスタートした1960年代頃には、キャラクターデザイナーという職業もまだ確立されていなかったものです。

コンピュータゲームが爆発的に普及し始めたのは1980年代ですが、この頃になるとアニメ業界でもすでにキャラクターデザイナーが制作スタッフの1人としてクレジットされるようになっていました。

キャラクターデザイナーはまずアニメの世界から登場し、ゲーム業界にも広がっていった経緯があります。

現在はどちらの業界でもキャラクター設定が重要視されるため、作画を担当するアニメーターやゲームソフトを制作するゲームクリエイターとは別の専門職として、キャラクターデザイナーが必要になってくるのです。

キャラクターデザイナーはアニメやゲームに登場する人物・動物・空想生物等の姿や衣装・表情を考案し、さまざまな角度から見たキャラクター画を制作します。

完成したデザイン画を見ながら、アニメーターやグラフィックデザイナーがアニメやゲームを作り上げていくのです。

2.平均年収は300万円から600万円

キャラクターデザイナーの勤務先はアニメ制作会社やゲーム会社が多く、収入もそれらの就職先や雇用形態によって変わってきます。

駆け出しの頃はどうしても給料水準が低く、年収300万円に達しない人も少なくありません。

キャラクターデザイナー全体の平均年収にも300万円から600万円までと幅が見られますが、アニメ制作現場の中ではキャラクターデザイナーはアニメーターなどと比べて一般に高収入だと言われています。

ゲーム業界ではキャラクターデザイナーがさらに給与面で優遇されており、経験を積めば年収1000万円も夢ではありません。

特に最近ではソーシャルゲーム業界に勢いがあり、キャラクターデザイナーの報酬も高めに設定されているものです。

アニメ制作会社やゲームメーカー以外では玩具メーカーや文具メーカーにもキャラクターデザイナーが在籍している例が多く、特撮映画・特撮ヒーロー番組を制作する会社にもキャラクターデザイン担当者が存在します。

3.デザイン案の修正を求められる苦労

一口にキャラクターデザイナーと言っても働き方はさまざまで、デザインの対象もアニメキャラクターやゲームキャラクターだけでなく多種多様な商品に使うキャラクターにまで及びます。

世の中にはそれだけ多くのキャラクターが氾濫している証拠ですが、そうした状況の中でもキャラクターデザイナーは次々と新しいキャラクターを生み出さなければなりません。

それらのキャラクターは商業利用されることを前提に考案され、著作権を保護するため商標登録されています。

既存のものと異なるキャラクターを考え出すのは、単に絵を描くのが得意だというだけでは務まらない仕事です。

ゼロからキャラクターを考える場合もありますが、企業広告やグッズ関連のキャラクターをデザインする仕事ではクライアントの要望にも合わせなければなりません。

アニメやゲームのキャラクターも含め、苦労して考えたキャラクターを没にされたり修正依頼されたりするたびにキャラクターデザイナーの生産性は低下してしまいます。

スポンサードリンク

4.自分の考えたキャラクターが多くの人に愛される点が魅力

ユニークで豊かな発想力が求められるのは当然ですが、その一方でキャラクターデザイナーには修正要求に何度も応えられるだけの忍耐力も欠かせません。

そういった点ではファッションデザイナーや工業デザイナー・建築デザイナーなど、デザインする分野が異なる他のデザイナーとも共通しています。

その中でもキャラクターデザイナーはアニメ業界やゲーム業界・玩具業界などが主な活躍の場となるため、多くの人々に親しまれ愛されるようなデザインを考える点が他のデザイナーと異なる点です。

世の中に大ブームを起こすほどの人気キャラクターを生み出せるようなデザイナーは一握りですが、この業界で仕事をしている人なら誰にでもそのチャンスは与えられています。

自分の考えたキャラクターが大人気となり、アニメやゲームが大ヒットすれば関連グッズなども街で多く売られるようになります。

キャラクターデザイナーを目指す人は誰もがみな、そうした夢を抱きながら勉強しています。

5.近縁業種からの転身の可能性

キャラクターデザインを手がける人の中には、グラフィックデザイナーやイラストレーターと兼業している人も少なくありません。

そうした職種とキャラクターデザイナーの仕事には共通する部分も多く、キャラクターデザインを手がけたことが本業での飛躍のきっかけとなった人もいます。

自治体などが募集してしてさまざまなイベントに使われるご当地キャラクターなども、デザインした人の中にはそうした近縁業種を本職にしている人が多いものです。

アニメ制作会社やゲーム会社にキャラクターデザイナーとして就職しようとしても、人気が高まっている職業のため競争率は決して低くありません。

広告代理店に勤務するグラフィックデザイナーやデザイン事務所で働くイラストレーターにも、配属される部署によってはキャラクターデザインを手がけるチャンスが出てきます。

まずは美術系の大学やアニメ・ゲーム関係の専門学校でキャラクターデザインについて学ぶことが、夢を実現させる第一歩となります。

実力次第でどんどん年収を伸ばせるキャラクターデザイナー

魅力的なキャラクターを生み出す能力には才能による部分もありますが、数多くのデザイン案を考え出しながら経験を積んでいけばデザインのスキルは向上していきます。

人気キャラクターを生み出したデザイナーの中にはフリーランスとして独立し、何千万円という高年収を実現させた人もいるほど大きな可能性を秘めた職業です。

スポンサードリンク

キャラクターデザイナーの収入・平均年収は300万円から600万円。アニメ業界やゲーム業界でキャラクターデザインを担当に関連する記事

人気記事ランキング