CGクリエイターの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>CGクリエイターの年収・やりがい・本音

CGクリエイターの年収・やりがい・本音

cg

CGクリエイター 年収・月収

CGデザイナーの月収は、会社に勤める場合はおよそ20~30万円、年収は300~500万円が一般的で、デザイナーとして特別に優遇されているわけではありません。また、仕事量や残業が多くなりがちですが、収入についても一般的なサラリーマンと同じ程度となります。
クリエイターとして実力をつけた後は独立して働く人も多く、実力があれば収入も増やせる職業です。

スポンサードリンク

CGクリエイターは消える職業?消えない職業?

ゲームや映像にはCGが欠かせないものとなっており、CGクリエイターの仕事は今後も増えていくので職業が消えることはありません。コンピューターやスマートフォンが進歩すると共に、グラフィックの質も進歩しています。
しかし、CGのクオリティも高くなり、求められるレベルがどんどん上がっています。常に最新のトレンドを追って技術を習得していかなければ受けられる仕事は少なくなっていくでしょう。

CGクリエイターの将来性・安定性

CGクリエイターの需要はコンピューターや映像技術の進歩とともにクリエイターの需要も高まるため、将来性や安定性が高いです。
しっかりとした技術を持っていれば安定した収入得ることもできるでしょう。
CG技術の進歩により活用される範囲が広くなり、ゲームや映像作品から3Dプリンタに至るまで様々な場所で活躍できます。
個人として働く場合も、CGクリエイターとしてのスキルがあれば会社員以上に仕事を請け負うことができ、より多くの収入を得ることも可能です。

CGクリエイターの仕事のやりがい・本音

CGクリエイターの仕事のやりがいは、自分の作った制作物が映像やデータとして残る事で実績を積み重ねることができるところです。
また、効果音や演出が加わると視聴者を感動させることができるので、自分の仕事に対する自信にも繋がります。
その分作業時間が長くなることもあり、大規模プロジェクトにもなると作業量も増えてしまいます。
やりがいがある反面、体力と集中力が必要な仕事でもあります。

CGクリエイター家の仕事の良い点

CGクリエイターの仕事の良い点は、今後ますます需要の高まる仕事である点にあります。
特に映像関連は必ずと言って良いほどCGを使うので仕事が無くなることはないでしょう。また、専門的な技術も必要とするため人材が不足していることもあげられます。
技術さえ持っていれば独立することも可能で、他の職種と違い仕事がない状況が少なく、独立するリスクが小さいことも良い点です。

CGクリエイター家の仕事の悪い点

CGクリエイターの悪い点は技術の差が大きくなるほど収入にも影響することです。
ツールを使いこなす技術はもちろんのこと、デザイナーであるため芸術のセンスも問われます。この両方を兼ね備えた人ほど仕事の依頼がどんどん来るため、収入にも大きく差が開きます。
さらに製作内容によっては作業時間も長くなることがあるため、作業量に対する対価が低くなりやすいことも挙げられます。

スポンサードリンク

CGクリエイターの仕事の内容

CGクリエイターの仕事は主に専用のソフトを使ってアニメーションやグラフィックを制作することです。
2D、3Dのグラフィック制作をはじめ、映画のアニメーションやテレビ番組の映像を制作します。
映像関連以外では、建築や自動車、機械設計などでも需要があり活躍の場が多くなってきています。
現在は人材不足になっており、様々な業種がCGクリエイターを求めています。

CGクリエイターの仕事に必要な資格

CGクリエイターが持っているべき資格は「CG検定」です。必ず持っている必要はありませんが、作業の基本を学ぶためにも受けておくとよいでしょう。
この他には色彩検定や、フォトショップなどのツールに関する認定試験もあります。いずれも仕事を役立つ勉強が出来るので役に立つ資格です。
グラフィックデザイナーとして、またコンピューターを扱う技術者としての両面を学んでいく必要があります。

CGクリエイターの仕事に必要なスキル

CGクリエイターの仕事に必要なスキルはデザイン能力とコンピューターを扱う能力です。
高いデザイン能力があれば、それだけクオリティの高い作品を生み出すことができます。ただ作るだけだはなく、作品としても評価されるものを作り出せる人材が求められています。
また、どんどん新しくなるコンピューターやCGソフトにも対応できるスキルが必要で、新しいことに挑戦する気概も必要です。

CGクリエイターの仕事まとめ

CGクリエイターはデザイナーとしての能力とコンピューターを扱うスキルによって成り立ちます。さらに立体的なクリエイティブの場合は空間をイメージする能力も必要となり、平面的なイラスト以上にデザインセンスが問われる仕事です。しかし、技術を習得すれば長く続けられる仕事であり、求人も多いので収入の面に関しては有利です。
今後もCGクリエイターは活躍の場を広げて様々な業種で求められる職業です。

スポンサードリンク

CGクリエイターの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング