CGデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>CGデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

CGデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

CGデザイナー 仕事の年収・月収

CGデザイナーは現在需要の高い職業ですが、その割にはあまり給与水準は高くないようです。平均的な年収は300~500万円、月収で言うと20~30万円前後となっています。基本給は低く、その分残業代で収入をアップさせているという現実があります。中には残業代もあまり出ない会社もあり、企業間での差が大きく出ています。
また、独立して仕事を請け負うデザイナーも非常に多く、会社で働く状況を『修行期間』と捉えている方もとても多いようです。

スポンサードリンク

CGデザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

今現在、あらゆるメディアでCGが活用されています。ゲームやパチンコなどの娯楽産業はもとより、アニメやテレビ番組等、まさに現在の生活はCGにあふれています。そしてこの状況は今後も続くでしょう。
そのため、CGデザイナーという職業は消えない職業とは言えないようです。今後も高品質なCGを作り上げるCGデザイナーは、消える職業となることはないでしょう。

CGデザイナー 仕事の将来性・安定性

働き方にもよりますが、比較的安定はしている職業といえます。会社勤めの場合は何と行っても正社員ですから、通常の会社勤めの方並の安定性はあります。フリーとなった場合でも、現在はCGデザイナーの需要は高いので、仕事を選びさえしなければ、そう簡単に仕事に困るという事態にはならなさそうです。
将来性に関しては、中々難しい部分がありそうです。大手ゲーム会社の大作ゲームに関わるような腕利きのCGデザイナーの場合は、給与面などでの高待遇が期待出来ますが、そうでなければ中々収入アップが見込めず、腕を磨いた後は独立して収入アップを図る人が多くいらっしゃいます。もちろん、経験と実績があればそれでも充分やっていけますが、将来が約束されているわけではないので、難しいところです。

CGデザイナー 仕事のやりがい・本音

自身が作成したCGが世に出たときに、非常に強いやりがいを感じるといいます。テレビ番組やアニメ作品、ゲームやパチンコなど、昨今ではあらゆる場面でCGが活用されています。自身が作ったものがそれらで利用されているのを見た時にやりがいを感じると応える方が非常に多くいらっしゃいます。
また、CGデザイナーは収入が比較的低いですが、実力主義という側面もあります。そのため、働く環境には関係なく、実力と実績が身につけば収入や待遇面によって融通を効かせやすくなる傾向があります。その点に仕事の魅力を感じるという本音もあるようです。

CGデザイナー 仕事の良い点

たとえ会社勤めの場合でも、勤務時間にある程度の自由が認められている職場が多く、その点は良い点といえます。朝の通勤ラッシュの回避も出来ますし、夜は夜で時間に追われること無く、心ゆくまで作業に没頭できます。自分のペースを守りたい人にとっては良い点といえるでしょう。
また現在、在宅で働く主婦の人が多いという状況があります。家事の合間にCGデザインを手掛けるデザイナーが企業でも重宝されており、主婦の人にとってはこれもまた良い点といえるのかもしれません。

CGデザイナー 仕事の悪い点

CGデザイナーが手掛けるCGは色々有りますが、そのCGが利用されるメディアもまた多種多様です。そのため、業種によってはCGデザイナーとしての需要と単価が低い場合があります。同じCGデザイナーで同じだけのスキルを持っていたとしても、かたやまったく給与があがらず、かたや給与が鰻登り…といった状況も時としてあります。それは悪い点といえるでしょう。
加えて、残業や休日出勤が当たり前に発生する業界であるということも仕事の悪い点といえます。クライアントも残業、休日出勤を前提にしたとしか思えないスケジュールを組む場合が非常に多く、プライベートの時間をしっかりと確保したい人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

CGデザイナー 仕事の内容

パソコンを使ってCGを作成することが、CGデザイナーの仕事の内容となります。『パソコンでCG』というと3Dのものをイメージしてしまいがちですが、実際にはイラストのような2DのものもCGデザイナーの仕事の範疇となります。
似たような職業で『3DCGモデラー』というのがありますが、あちらは3Dモデルを制作するのが主な仕事内容となり、CGデザイナーは3D,2D関係なく制作するという違いがあります。
どちらにせよ、高品質なCGを制作するには、専門知識やスキルが不可欠となっています。

CGデザイナー 仕事に必要な資格

CGデザイナーになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、大学や専門学校で、デザインやコンピューター・グラフィックスの基礎を学んだ後、制作会社に就職するというのが一般的です。
近年では高品質なCG作成ソフトが安価で手に入る用になり、趣味で高品質なCGを作る人も増えてきています。そういう人の作品が目に止まり、仕事を依頼されるケースも増えてきています。

CGデザイナー 仕事に必要なスキル

CGデザイナーの仕事に一番必要なのは対人関係のスキルです。
人とコミュニケーションを取り、自分の意見を持ち発言する事が求められます。
また、専門的な見方も必要となります。
特に普段の様子と違う事を早期に気付く事が出来れば、病気を未然に防ぐ事が出来ます。
更に、自分の体を守る為に、正しい介護技術を身に付ける事も必要です。

CGデザイナーの仕事のまとめ

一口に『CGデザイナー』といっても、活躍する場が多いので、その待遇も様々です。同じCGデザイナーでも、業界が異なれば待遇面や収入面で大きな開きが出る場合も非常に多いのが悲しいところです。
ですがCGデザイナー全体として見た場合、非常に需要が多いのも事実です。自身の待遇面に不満があれば、別の会社に転職したり、場合によっては独立してみるのも手といえます。
昨今では主婦の方々がメインの在宅で働くCGデザイナーの方などの台頭もありますが、未だ需要は衰え知らずです。
技術職でもあるので、一度技術を持ってしまえば、そうそう仕事に困るということはないでしょう。ある意味では、CGデザイナーは『実力主義の職人業界の仕事』とまとめることができるかもしれません

スポンサードリンク

CGデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング