消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の年収・やりがい・本音

gilyouseisilyosi

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の年収・月収

行政書士事務所に所属している行政書士の年収は、一般的なサラリーマンと同じくらいで、平均で500万円程度になります。自分で事務所を開いている場合の年収は、顧客の数によって変動してきます。月収10万円程度の事もあれば、逆に50万円を越す事もあります。行政書士の資格だけでは収入が少ないので、司法書士などの資格を取る人もいるようです。

スポンサードリンク

行政書士の仕事は、消える職業?消えない職業?

様々な書類作成の方法や提出の仕方などは、以前に比べるとますます煩雑になってきています。さらには高齢化も進んでいて、なかなか書類作成が難しい年代の方も増加していることから、本人に代わって書類を作成してくれる行政書士の需要は、今後もますます増大していくことになるので、行政書士の仕事は、これからも消える事のない職業と言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の将来性・安定性

近年、行政書士の仕事の内容の拡充が図られた事もあり、行政書士の仕事に対する人気は、増大する傾向にあります。そのため、行政書士の仕事の将来性は、大きなものがあると言えるでしょう。その一方、行政書士事務所が乱立してしまうことで、仕事の取り合いになってしまい、受注が減ってしまう可能性があります。行政書士の仕事の安定性は、難しいものと言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事のやりがい・本音

行政書士の仕事は、「街の法律家」と言われているように、住民の生活に密着した書類の作成が中心となります。そのため行政書士の仕事のやりがいは、その顧客が悩んでいる問題を解決し、きちんと書類を作成し、無事に許認可を得る事が出来たあと、顧客から感謝された時に感じる事が出来るでしょう。ですが、そのためには常に新しい情報を取り入れ続けなければならないので、大変だと言う本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の良い点

行政書士の仕事の良い点は、地元に密着した仕事が出来る、という点でしょう。ひとつ信頼のおける仕事を完遂すると、そこから「あの行政書士の仕事ぶりは、安心できて大丈夫だ」という口コミが広がります。そうすると、次から次へと仕事が舞い込むようになっていきます。地元に密着した活動をする事が、自分の仕事にもつながっていきます。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の悪い点

行政書士の仕事の悪い点は、特に事務所から独立し、自分で開業した時に、顧客獲得に苦労する点でしょう。とにかく顧客が集まらない事には、収入を得る事が出来ませんし、他の商店などと違って、広告を打ったらすぐに顧客が来る訳でもありません。顧客の信頼を得るまでに時間がかかる事も、行政書士の仕事の悪い点としてあげられるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の内容

行政書士の仕事の内容は、一般の個人や企業などの法人から依頼された、さまざまな書類の作成を代行し、それらの顧客に代わって申請をしたりする事です。単純な書類作成から、企業に対する複雑なコンサルタント業務まで、その範囲は多岐に渡ります。特に、企業関係の書類作成では、会社設立の許可や飲食店としての認可などの書類作成に関わります。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事に必要な資格

行政書士の仕事に必要な資格は、国家資格である「行政書士試験」に合格しなければなりません。この試験は、毎年1回実施されています。また、弁護士、弁理士、税理士、公認会計士の資格を持っている場合や、公務員として20年以上行政経験がある場合にも認められます。いずれにしても、行政書士の資格は、簡単には取得できる資格ではありません。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事に必要なスキル

行政書士の仕事に必要なスキルは、顧客の要望を適切に聞き出すコミュニケーション能力でしょう。顧客は、どのような書類が必要か、ほとんど知識が無い訳ですから、どのような書類を作成するか助言をする必要があります。根気強さも必要になるでしょう。また、新しい事をどんどん吸収していく旺盛な好奇心も必要となってくるでしょう。

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事のまとめ

行政書士は、大きな事務所に勤めている場合よりも、独立して自分で事務所を開業している場合の方が、地域に密着した丁寧な仕事が出来ます。新築住宅の申請書類から、株式会社の設立申請書類まで、地元の人と、その地域の役所との橋渡し役を務めていく大きな役割があります。今後は地元にしっかりと根差した行政書士が求められていくでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?行政書士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング