鋳物工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>鋳物工の仕事の年収・やりがい・本音

鋳物工の仕事の年収・やりがい・本音

casting

鋳物工の仕事の年収・月収

鋳物工の仕事の月収や年収は、働いている会社や、そこに何年勤めているかにもよって違ってきます。鋳物工の仕事の採用された時の一般的な月収は16万円から18万円程度、年収は250万円前後で、40代になると月収は30万円から40万円程度で、年収は500万円程度になります。中途採用者も多いのでその時は40代でも月収20万円程度の場合もあります。

スポンサードリンク

鋳物工の仕事は、消える職業?消えない職業?

鋳物によって作られる製品は、自動車部品など多くの分野で使われていますが、徐々に安価で耐久性の高い製品が出てくることにより、需要は以前に比べて低くなりつつあります。ですが最近では、鋳物製品が家庭用薪ストーブに使われるようになったりと、新しい分野を開拓しつつあるので、鋳物工の仕事は今後も消えない仕事として存在し続けるでしょう。

鋳物工の仕事の将来性・安定性

以前は、溶鉱炉を持つ鋳物工場が多く存在し、戦後に日本経済の発展に大きく寄与した鋳物工の仕事でしたが、現在では使われる鋳物製品の分野が少なくなっていて、自動車部品の製造過程の一部や配管や日用品などで使われています。ですが、どうしても鋳物製品でないと補えない部品もあり、そのような製品を扱う鋳物工であると、その仕事の将来性や安定性は確かなものとなるでしょう。

鋳物工の仕事のやりがい・本音

鋳物工の仕事のやりがいは、顧客の要望通りの製品を自分の技術力できちんと作り出すことができた時に感じることができるでしょう。またその製品により、例えば自動車の動きがスムーズになった、などと言われるとさらにやりがいは増します。ただそのためには、高温になった金属を扱う作業をしなければならないので、それが大変だという本音もあります。

鋳物工の仕事の良い点

鋳物工の仕事の良い点は、溶かした金属を鋳型に流し込み、取り出した後に成型をすることで、自由自在に金属の形を作り出せることにあります。また、自分の技術力が進歩するにつれ、できることが増えていくという点も良い点としてあげられます。さらには、年齢に関係なく、技術力や経験で評価される点も良い点としてあげられます。

鋳物工の仕事の悪い点

鋳物工の仕事の悪い点は、溶かした高温の金属を使う仕事なので、やはり危険性が高いという点です。また、金属が溶けている間にいっきに済ませなければならない作業もあるので、一度作業を始めると途中で止めることができないという点もあげられます。もちろん、夏場になると暑さとの戦いにもなるので、この点も悪い点になるでしょう。

スポンサードリンク

鋳物工の仕事の内容

鋳物工の仕事の内容は、溶かした金属を鋳型に流し込み、冷え固まった後に取り出して、目的に応じた製品に作り上げていくことです。その製品は、電化製品や農機具、発動機や工作機械、そして自動車や航空機、船舶など、さまざまな製品の部品として使われていきます。作り上げる製品によって、鋳物工の仕事内容も変わってきます。

鋳物工の仕事に必要な資格

鋳物工の仕事に必要な公的な資格はありません。就職した後、いろいろな補助作業に従事し、少しずつ仕事を覚えていく必要があります。また、厚生労働省が実施している「鋳造技術士」や「金属溶解技術士」の技術検定試験を受けて、技術力を付けていくことも大切でしょう。各地の鋳物組合でも定期的に勉強会なども開催されていますので、これも利用しましょう。

鋳物工の仕事に必要なスキル

鋳物工の仕事に必要なスキルは、まずは、高温に溶かした金属を扱う危険な仕事ですので、高い集中力が必要とされます。また、金属を鋳型に流し込んで成型していく過程には、さまざまな技法や技術が必要になってくるので、それらを自分自身から興味を持って体得していこうとする熱意や高い向学心も必要になってくるでしょう。

鋳物工の仕事のまとめ

溶鉱炉から流れ出る金属を鋳物に流し入れる場面をテレビで見たことがありましたが、その製品が何に使われているのかを考えたことはありませんでした。意外にも多くの鋳物製品がさまざまな分野で使われており、技術力アップを目指しながら鋳物工として働いている人々が、私たちの生活の一部をを支えていることに感謝しなければならないでしょう。

スポンサードリンク

鋳物工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング